おばあちゃんのひとりごと

Entries

昔は「男心と秋の空」だったとか「女心と秋の空」真実はどちらでしょう

 話をすることは、舌ではなく頭脳の運動でなければ
 ならない。 
            アヴェブリ―

 私たちがみなで、小さい礼儀作法に気をつけたなら、
 この人生はもっと暮らしやすくなる。
            チャップリン


 小さい礼儀作法ねぇ、とても大事ですね。そう思います。
 簡単なようで、簡単じゃアないな……と思うこのごろ。
 昨日は晴れました。空がきれいで美しく楽しい散歩が出来まし
 た、モーニングコーヒーはご近所のおじさんと二人でしたが、隣
の席となり久しぶりに政治やいろいろな話題、また、新聞をゆっく
りとお互いが読めていい時間でした。その方は、いつも、新聞を切
り抜いたり、読んでおられ、おひとりが好きな人なんです。

 いつも、おたがいに、1~2時間もゆっくりしているんですもの。
 勿論他の方もそうなさる方もありますが……空いているときですが。
 
 その方と、話してると、冗談で、ときどき。
 「はい、教祖様……」
 って、私に言うのですもの「プッ」とひとり、笑えます。
 私の話し方が、面白いのでしょうね 威張っているのかも?
 
   ☆親友が信友であり心友でそういう友があるのが嬉しい☆
 
 

   かんのんさまは

    どうして
    こんなにしずかなの
    かなしみに
    たえた人だから
    どうしてこんなに
    やさしいの
      人の世の
      くるしみに
      一番泣いた方
      だから
           相田みつを


  ☆☆美しくなりたくそうろう☆☆

    じぶんの顔は
    じぶんでつくる
    じぶんのこころが
    顔を彫っていく

    辛い 苦しい 悩み
    悲しみ よろこび いろいろ
    懸命に生きる それが それで
    こころが顔を彫られる

    じぶんの顔が彫れてないな
    わがままで 自分勝手
    いいこころにならねば
    自分の顔を彫らねば

    うつくしくなるため
    いつも笑顔でありたし
    悪い心は消しゴムで消し
    美しくなりたきそうろう
   

                ホィットマン(アメリカ詩人)
                    女あり
                    二人ゆく
                    若きは うるわし
                    老いたるは
                    なほ うるわし
          

--------------------------------------------------------------------
 暦を楽しむ 
  美人のことば        山下景子 著

 寒露 二十四節気
     ~どちらが気まぐれ?

 晩夏から初秋にかけて、野草に宿る冷たい露のことを「寒露」と
いいます。 
 「白露」「寒露」、そして「霜降」へと、露から霜に移り変わっ
ていく時節です。
 農家にとって霜は大敵。大変注意をはらっていたあらわれですね。
ところうで2000年までは、十月十日が「体育の日」でした。東京
オリンピックの開会式を記念して制定された祝日です。十月というの
は、夏季オリンピックの開会式としてかなり遅め。これは「秋霜」、
つまり秋の長雨が明けるのを、ぎりぎり早めに見込んで、晴れる確率
も高く気候もよいこの日を選んだということです。体育の日は今では
十月の第二月曜日になっていますが、まさに運動会シーズンですね。
 秋祭りも昔からたくさん開催される時季でもあります。
 「秋晴れ」というように、晴れれば抜けるような雲ひとつない青空
気持よく、さわやかな日になります。
 食欲の秋、読書の秋、芸術の秋……。いろいろなことをするのにい
い季節となりました。
 でもお天気が変わりやすいのも、この時期の特徴です。
 これは、低気圧と高気圧が日本の上空を通過するからだとか。
 このことを心にたとえて、よく「女心と秋の空」といいますね。と
ころうが、昔は「男心と秋の空」だったそうです。いつのまに入れ替
わてしまったのかわかりませんが、真実はどちらなのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 老いるとは、毎日が日曜日。笑えるのです。
 祝日がさっぱりわからなくなっています。

 短歌

 知らぬ間に神は導くものらしいどんなことにもなにかを感じる

 俳句

 この道にさびしいけれど秋がきた
            
 川柳

 プレゼント笑顔は誰でも贈れます
             


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽