おばあちゃんのひとりごと

Entries

「よく、わかりました」と言ったら……

  私は、少なくとも自らしらぬことを知っているとは
 思っていないかぎりにおいて、あの男よりも智慧の
 上で少しばかり優っているらしく思われる。
              プラトン

 そうですよね。
 さあ、昨日はどこへも出かけないで、ゴロリゴロリしていたら、
午後に少しの間、知らぬ間に、2時間ほど眠れました。不思議。
 ちゃんと、体が必要とすればなるものです。ありがたい。
  そして、夜もお薬を飲んだのでよく眠れました。ありがたい。
 
 あのね、最近の事件のニュースは命を考えさせられます。

 誰もが尊い命を持ち生かされ、生かさせていただいています。
この世に生まれた者には、それぞれの役目があると思います。

 なぜならば、自分が生きていることで、それだけで周囲の人らに
安心を与え、そしてそれだけで喜んでもらえることも……。
 そういうことだけでも、いいもんです。それも役目ですよね。

 役目と言うと難しいかもですが、毎日を自分で考えて、自分のた
め、また、周囲の人のためにもしっかりと生きていく………。
 大事なことですよね。
 それを、考えて、自分の命も、だれのの命も尊いことを知って、
一日を大切に生きたいものですよね。それがとても大事なことだと
思うのですが……。


    そのうち
   そのうち
 べんかいしながら
   日がくれる
       相田みつを


       ☆☆いのち☆☆

      死んでしまったら
      いのちはおわり
      いのちはとても
      たいせつです
  
      それをちゃんと知る 
      知っているようで
      知っているのかなぁ
      ときどき思うのです

      いただいたいのち
      生かされ 生かさせて
      いただけるいのち
      いのちを大事にし

      すべてにあるいのちを大事にしたい

--------------------------------------------------------------
  十八史略の人物学 
            伊藤肇 著

 ホンモノとニセモノ
 JCの元会頭で口八丁手八丁のウシオ電機会長の牛尾治朗が、こんな
述懐をしたことがある。
 
「むかし、安岡正篤先生からお話をうかがい、『よく、わかりました』
と言ったら、『そんな簡単にわかる事柄ではないし、また、そんなに簡
単にわかってもらっては困る』とお叱りを受けたことがある。そのとき、
僕は、先生に叱られながらも内心では本当に理解したつもりでいたが、
今にして思うと、何ひとつわかっていなかったということです」

 そして、そのとき教えられたのは、次の一言だった。

 習字は、まず、「不言」を習うべし。
 始めは』勉強力制して、数日、一語を発せず。ようやくにして数ヵ月、
一語も発せざるに至る。極は三年、軽々しく一語」を発せざるに至る。
かくの如くなれば、則ち、畜うる所のもの厚く、養うところのもの深し。
而(しこ)うして、言わずんば則(すなわ)ち已(や)む。言えば則ち
経を成さん。(本当はカタカナで書かれています)
                   李 二曲(り じきょく)

 老子も「どうもお前にあっていると驕気<自惚れ>と多欲<なんでも
かんでもやってやろう>と態色<スタンドプレー>と淫志<野心が強す
ぎる>とが鼻について仕様がない。それをとってしまわぬと大成はむつ
かしいぞ」と忠告している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わたしも、よく つい 「よくわかりました」といって、これを見て
はっとしたものです。


 短歌

  秋夜長ニュースを見ては驚いて泣きたくなるよこわすぎるから

 俳句

  秋夜長食べたくなるがじっと我慢

 川柳

  一キロを減らすに難儀太るはラク





スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽