おばあちゃんのひとりごと

Entries

許しによってこそ悪人を立ち直らす。

 子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、
 それをあなたがたは知っているだろうか。それは
 いつでもなんでも手に入れられるようにしてやる
 ことだ。
                  ルソー


 たしかにね。なんでも不足の中からいろいろなる考えが生まれるので
すものね。でも不足のない生活の今の世は、幸せですよね。それを思う
といいですよね。
  先日の東京旅行での面白いエピソード。
 ふふふ。ひとりひとコマ。自分ながら、笑え思い出しひとり笑いして
るんです。
 あの東京の早朝のこと。眠れぬままに(姉は熟睡してたので)午前6
時からお風呂があったので、たぶん、こんな早いから誰もいないでしょ
うよ。とひとり出かけたら……違った。
 露天風呂は一人だったので、ゆっくり入っていたら、姉妹らしい方が
入ってこられ、私のことです。いっぱい話し楽しく笑わせ、明るいひと
ときでした。「いい湯だな……」いいお風呂でした。
 そのあと、ホテルの玄関で、偶然、そのお二人に、お会いしたのです。
 「まあ、もう出発ですか。お早いですね。」
 「さっきは、(うっふふふ)裸のお付き合いしましたね。……」
 「またお会いしたいわ……」
 「ありがとう。きっと、お会いできますよ。またね……いい旅をね」
 と大笑いしました。姉が私の一言にびっくりしてた。笑えますでしょ。
そのお二人も楽しそうでね。笑っておられました。中年の方で、その時、
「東京っていいですね。住みたいわぁ……お金があれば……」って、言
っておられました。そりゃぁいいですよね。東京は!・・・・・・・。

      その
      ときの
      出逢い
      が
        相田みつを


  ☆☆出逢い☆☆

    どこかで
    出逢い

    どこかで
    すれ違っているんでしょう

    いろんなひととね
    そうなんだと思うなぁ

    でもわたし 出逢っても
    みんな忘れちゃうから

    いっぱいのひととの
    出逢いっていいな

---------------------------------------------------------------
 まんだら人生論
            ひろさちや 著

 許しによってこそ悪人を立ち直らす
 
 近世日蓮宗教学の大成者に、日蓮上人がいる。幕末のころに
活躍した人で、宗門の教育者としても知られている。
 上人が郷里の金沢にあって、宗学の教授を行っていたときで
ある。学寮において、たび重なる盗難事件があった。やがて犯
人がつかまる。学寮の代表たちは、犯人を連行して、上人に処
罰をお願いした。
 「承知した」と、師は答えた。
 ところうが、いっこうに犯人の処罰がない。代表たちはたま
りかねて、再び日蓮上人のところに行って談判し、こう言った。
 「われわれはあの男とは、ともに修行ができません。もし上
人のほうであの男を罰せられないようでしたら、わたしたちが
ここを去ります」
 「そうか、やむを得ない」と、師は言われた。「では、おま
えたちにいとまをとらせる」
 「なぜ、あの男は、そのままで、われわれにおいとまなので
すか?」
 彼らはびっくりして尋ねる。それに対して、師はこのように
理由を説明された。
 「あの男は、どこに行っても勤まるまい。だから、わしはあ
の男をここに置いてやえいたい。おまえたちであれば、どこへ
行ってもやれるじゃろ。気をつけて行くがよい」
 師のこころを知って、弟子たちは詫びた。そして、師のこと
ばを聞いた犯人の男も、涙を流してみなに詫びたという。
 いい話である。しかし、こういう話を書くと、よく誤解され
る。おまえは泥棒を是認するのか!?と、抗議の文句がくる。
だが、わたしが言いたいのは、社会の秩序を保つことと、真に
個人の救済のこと、社会の秩序を保つことのほうには、わたし
はあまり関心がない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 短歌

  コーヒーを飲むひとときが一日の幸せ感じありがたきかな


  俳句

  秋寂し青春の日を思い出し

 川柳

  馬よりも老体だとて肥ゆる秋

  

 

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽