おばあちゃんのひとりごと

Entries

ノーベル賞受賞者に三人に一人がユダヤ人だというのは有名な話である。

 文章は下手な方がいい、粋ごのみがわざと着物をくずし
 て着るように。
            レイモン・ラディゲ

 なんだかわかるような気がしますね。なんとなくね。下手でいいかぁ。
 気持が伝わればいいね。

 緊急速報でビックリしておきましたが……。
 福島県で大きな地震があったようで、地震速報がでて、津波警報がで
ていてどうぞ、お気をつけて下さいね。逃げてね。とても心配です。
 その地方の皆さん、どうぞ、お気をつけて下さいね。

 昨日のこと、近所の人とモーニングコーヒーで会い、二時間も居座っ
ていました。奥に入ってしまったら通れないのですもの。その方が帰る
と言うまでね。その人と世間話をしていまして何でもよく知っておられ、
けっこう、聞いているとためになります。
 でも……
 余りにも長い時間なので、気を使っていつもの若い男性店員がお水を
3杯も、私を見てて、少ししては笑顔で下さいました。
 聞いていれば、私は知らないことばかり、なんだかね。

「何で知っているの?」って聞いたら、「新聞に載ってたよ」って。
 アッハ アッハ お恥ずかしい。なんにも知らない私。物知りだわぁ。

 国民健康保険のことやら、ニュースもよく知っておられ、聞いてると
健康保険の負担がなんだかふえるとのことで、いろんな検査をいっぱい
やらなくちゃぁと、胃とか大腸とかつぎつぎとやっておられ、教えて下
さいます。が……。

 その大腸検査は2~3日前からの食べ物やら下剤の話まで……そして
胃カメラのこと。こわいなぁ。私は、いやだなぁ……したくない。
 今日はインフルエンザの予防接種にいくと言っておられましたが……。
でもいろいろと聞いてるだけで、細かく教えてくださり検査をした気分
になっています。

 リアルなんですもの。うっふふ。私も検査したのかなぁってね。
 思えちゃうほど……わたし、したくないわ。

        *

    君にはこんな経験はないか。
    つまり、自分のしなくては
    ならないことが
    何かあるのがわかっていて
    しかしそれが何なのかは
    はっきりつかめない
    そんな経験ははないかい
    おれにわかるのは
    何かをしなくてはならない
    のだということで
    それが何なのかよくわからない
    時がくればわかるだろうが
    おれは本物をつかむまでやるんだ
    わかるかい
       ジェームス・ディーン

         *


  ☆☆ わからないなぁ ☆☆

    じぶんが生きてきたことで
    なにか出来てたらいいなぁ
    あるのだろうか?ないなぁ
    なにができるのだろうか

    そうおもうのだが
    なにかをさがしたいな
    ゆっくりさがそう……
        なにかがわからないから

    老いたけれどもわかないことばかりだわ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 喜び上手
         松平實胤 著

 ユダヤ人は優秀か
 ノーベル賞受賞者三人に一人がユダヤ人だというのは有名な話である。
ユダヤ人が世界の総人口に占める割合はわずか0・2%ということを考えれ
ば、きわめて高率であることがわかる。
 彼らの難民としての歴史は古い。祖国を追われて二千年余。1948年に約
束の地にカナンにイスラエルを建国するまで、祖国を持たず、差別され、
虐げられ、そんななかで生きていくのは並大抵のことではなかったはずで
ある。
 難民としてなんとかその国で生きていける道があるとしたら、まず人か
ら一目置かれる存在になることであろう。たとえば、とても優秀だとか、
商才があって金持ちであるとか、体が大きくて腕力が強いとか………。
 なるほどユダヤ人は世界各国で、また各分野で著名人が多い。たとえ
ば、絵画ならシャガール、モジリアーに、音楽ならマーラー、メンデルス
ゾーン、文学なら詩人のハイネ、ユダヤ教を捨てた社会主義者カール・マ
ルクス、精神分析のフロイト、相対性理論のアインシュタイン………。 
現在活躍中の著名人としては、映画監督のスティーブン・スティブンバー
グ、、俳優のダスティン・ホフマン、歌手のバーバラ・ストラサンド、政
治家のキッシンジャー………とにかく数え上げたら切りがない(以上の方
々はユダヤ系ではあるが、必ずしもユダヤ教徒ではない。)。

 そこで、ユダヤ人A氏に彼らが優秀な理由を尋ねてみた。ユダヤ教の宗
教的な理想としては三歳でヘブライ語が読めること、五歳でヘブライ語が
書けること、そしてユダヤ教の聖典を学びはじめるというのだ。まぁ、そ
れは理想であるから、すべての子供に当てはまるわけではないだろうが、
十三歳で男子は成人式を迎え、このとき「タルムード」と呼ばれるヘブラ
イ語の律法書がそらんじられなければならないという。とにかく子供のこ
ろから難しいヘブライ語の聖典に親しんでおれば、論理的な思考力がはぐ
くまれるであろうことは想像に難くない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 三歳で?ヘブライ語が読める。すごい。五歳でヘブライ語が書ける。
 うわぁ……なんていうか、びっくりしますね。


 短歌

  今日が過ぎあっという間に晩秋だ賀状書かねば心はあわて

 俳句

  「点いたわよイルミネーション」友は言う

 川柳

  忙しげ街も人らも暮れる日や



 
スポンサーサイト

Comment

こんにちは~~~♪

福島沖の地震は、あの3.11を思い出してしまうほど、怖かったです。地震大国のお国でいるのに、津波はやはり怖いです。

今のところ、甚大な被害がでていなことが、せめてもです。

今日は、私も大嫌いな癌検診に行ってきまして、今さっき帰宅しました。

乳がんをして、次は肺癌をするようにオーダーしました。
精神衛生上、検診って、かえってストレスで健康を害しそうです。

確か、佐藤愛子さんや、田辺聖子さんは、そのような検診は受けられていないと、聞きますね。(;^_^
それでも、お二方とも、健勝でいらっしゃいますから。(^^♪

グランマさんも、あまりお気遣いされませんように~~^^ヾ

  • posted by 窓
  • URL
  • 2016.11/22 13:58分
  • [Edit]

Re: こんにちは~~~♪

こんばんは、有りグとうございます。

 朝からヒヤりとしました。ちょうど前の日に、緊急速報がならないからと
なるようにしてもらえるようにしてもらったら、突然今朝になるのですもの
……不思議な気持がしてしまいます。

 ああ、なぜかねぇ。感じるのです。うっふふ。こんなことでも守られてい
るなんて、思う単純なおばあちゃんなんです。面白いでしょう。

 

 そうですよね。お若いうちは、いろいろと検診なさるがいい。
 よかったね。頑張ってね。やるべきです。
 だって、私も子ら夫婦には、ちゃんと検診してほしいんですもの。

 受けてくれると安心できるものです。


 私は、痛いことが嫌いでね。まず、注射が嫌いなんですもの、
 そういうと、「好きな人はおらん」と、友人は言いますが……。

 情けないでしょ。笑えるおばあちゃんでしょう。アッハ アツハ。

 
 ありがとうね。大丈夫よ。感謝。

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2016.11/22 20:51分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽