おばあちゃんのひとりごと

Entries

たった一度の人生かあ

いい友も悪い友もいて日は暮れる吾は悪友そうかもと知る

善も悪もありてこの世なり心底に誰もあるだろうそう思うのだ

眼鏡拭くに亡母を思えり実家にゆけばいつも眼鏡を拭いてあげてた

空耳か傍らに亡夫いる心地して人ごみの中つい見まわしぬ

他愛無き友との電話楽しくて心にあかりつきたる如し



今日もひとひ過ぎゆきます。今夜はまたほかの友達が、食事に誘ってくれました。ありがたい
ことで楽しみです。その人も御主人を亡くされ、わたしと殆ど同じころだとおもったけれど?
ときは過ぎゆきます。こうしてお互いに励まし合い生きて楽しく過ごせ有り難いことです。
 誰も生きて生きてがんばっていくのです。生きるなかで、やはり 楽しく明るくね。
 星野様の言葉は心の奥にグゥーときて引き締められます。こんな年になっても甘いなあー
と痛感します。ときどきは読み心したいものです。
「たった一度の~~」で、胸がいたくなる思いがつたわります。有難う ありがとうです。


        たった一度しかない自分の人生だから、社会がどうあろうと、  
        人が何を言おうと、そんなことにひるむことなく、
        大切な自分の人生を、志を持って進んでいけたらいい。 
                      星野富弘


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽