おばあちゃんのひとりごと

Entries

やわらかにここちよくかんしゃ

遥かなる君を想いて 

  君という人を知った喜び
  瞳は夢に向かっている
  その輝きが見える
  温い心が伝わりて
  なぜかほのぼのしてくる

  君に会いたくてただ
  逢いたくて見つめている
  カフェでカップ持ち
  考えている君
  悩みがあるのかい

  君を遠くからでいい
  逢えたことだけで幸せなのさ
  太陽が地球を照らすように
  遠くにいる君を見つめていた
  それが恋なのだ


寒き冬が来る
  木枯らしが吹き
  樹木がざわめく
  枯れ葉は逃げる
  何処にいくのだろうと
  ざわめいて啼いている
  落ち葉はいずこへか去らん

  木枯らしの寒さよ
  寒き冬が来る
  人は足早に行く
  子供らの姿は公園から消えた
  老人はショボショボ歩く
  冬が来る前から春を待つ

  冬の寒さが辛いのも
  春を温さ知っているから
  夏の焼け焦げるような暑さを知っているから
  秋の爽やかさを喜ぶのだ
  だからすべてに喜んで四季を愉しもう
  だからすべてに感謝しよう


 おかげさま
   なんというか
   こうしてみんなによくしてもらい
   いきてしあわせをかんじて
   いきてたのしんですごせ
   なんにかんしゃしたらいいのかな
   どんなことがあったってのりこえられ
   おかげさまでいきていられる
   なにがあってもしあわせとおもい
   いままでであえたすべてのひとに
   ありがとうとつたえたいな
   どんなことがあっても
   なにをいわれても
   なにをされてもみんなみんな
   わたしのためとおもえるのがしあわせ
   そういうこころのわたしがすきなのだ
   そんなじぶんがいるのがうれしい
   こういうわたしになれたのも
   いまはなきちちははのおかげであり
   ごせんぞさまがまもってくださっていてなのだ
   もうすこし このよを たのしんでいきて
   あかるくたのしくいくまでのひをがんばろう
   
    
  
  
  
      
      
      
      

  
  
  
   

  
  
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽