おばあちゃんのひとりごと

Entries

自然の中に身をおいて学ぶことに努めたいものです。

 すべての人間は、他人の中に鏡を持っている。
          ショウペンハウエル


 確実に幸福になるただ一つの道は人を愛することだ。
          トルストイ


 幸福になる方法はきっといろいろあるのでしょう。
 ただただ、自分が自分で幸せなる方法を見つけることなんでしょうね。
私はなんにもないけれど、いっぱいの幸福をいつも感じて……いつも倖。

 今日は病院です。昨夜は風邪がずいぶん楽になっていて、ありがたい。
 咳がすこししかでなかったので、今朝は少しいいのでありがたい。

 さあて、今朝は昔のことを想いだしたのですが……誰と行ったかも覚えて
ないのですが……ずいぶん前、20~30年前のことだったと思う……。
 冬の日本海。渚を走れるという旅行でした。もう波打ち際をバスで走る
のです(砂浜)とても心地よいものでした。そのとき、大変な光景が!

 冬のことだった。寒い日、トラックが2台でした。若者が二人だったと思うの
ですが勇気を見せようとしたのかな?ちょっとの気持ちで海へ入ったのかな?
瞬く間に1台が波に持っていかれそうになり、1台は慌ててて出せたのですが、
もう1台が、波にのまれそうで、波が来るたびに、また波がまた波が。また波。
二人の若者が懸命に走りまわっていました。
 日本海はすぐ水深が急に深くなるように見えましたがわかりません。
 ……その若者らは、濡れ走り回りどうしようか………
 大自然の荒波の中で人間なんてちっちゃいもんです。
 
 何台も通りゆく観光バスは横目で見ながらゆく。私が乗ってた観光バスの運
転手さんは、停まり助けてあげたいと思ったらしく……ガイドさんと相談して
乗っていた私らに了解を求めて、そして行動…忘れましたが……トラックを出
せたのです。
 そのとき、ツアー客はみんなで拍手しましたが……驚いた出来事。
 老いてほとんど忘れてしまったんですが、寒い中を ”トラック野郎” 
威勢いのいいハズの若者がずぶぬれになり、真っ青になり頑張っていた光景。
 その若者が感謝する姿。それを手伝ってあげた運転手さんの姿。日本海の荒
波の迫力。遠い日の思い出。

「あのトラックは今ごろ韓国に流れ着いてたな……」と言っている人があり…
もう暗くなりそうな日本海を見ながら、その時は、本当だろうなあと思えた。
 そして、ふと思うのです。
 きっと、もう、そのときの運転手さんもガイドさんも退職なされたでしょうし
その若者たちはいいお父さんになっていることでしょうね。ずいぶんむかし。
 ちょっと想いだした旅の思い出。

 

 
     じぶん
    背のびするじぶん
     卑下するじぶん
     どっちも
     やだけど
    どっちも
      じぶん
         相田みつを


   
☆☆ ああこの美しき自然 ☆☆

  ああこの麗しき自然
  朝焼けよ 太陽がのぼり
  あらゆるすべてを ぬくく照らし
  空をあかねいろ染めて沈みゆく太陽

  ああこの空の美しさよ 
  はてしない宇宙 青 青 青
  雲の不思議よ流れゆく
  そよ風こがらしいろいろなる風たち

  ああ小鳥は心地よく囀り
  木々は新芽を出し、葉っぱを散らせ語る
  虫どもがささやき飛び交い
  野の花はいろんな色をさまざまに咲かせる

  ああ自然よ 美しきかな
  海よ空よその青さよ
  波も風も音楽を奏でるように 聴かせてくれる
  見事なる自然のたのもしさ 美しさ

  ああ おおいなり自然にただありがたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 話す心・話のたね
          沼田 泉 著

 自然は音と色の原点

 ある音楽大学の創立者の言葉です。
 美しい音楽を聞いて、心が洗われるような気持ちになるのは、自然の
中で風の音を聞き、小鳥のさえずりを聞いていたときの心を呼び起こし
てくれるからです。音の原点は、このように自然の音から人間が学びと
ったものです。騒然たした都会の生活から離れて、自然の中の音を聞く
ことは、音楽を学ぶためには大切なことなのです。
 音だけではなく色についても同じことが言えます。すべて色は自然か
ら生まれたものです。野原に咲いてる一本の草花の色から作りだされる
ているのです。原点を忘れてはならないと思います。 本物の色や音を
求めるならば、自然の中に身をおいて学ぶことに努めたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短歌

 冬の夜はなんだか亡親を想いだし心が温く老いて現在(いま)なを

俳句

 咳の出てひとりゆえうつすひともなし

川柳

 残酷なニュースに泣けるこの世かな


スポンサーサイト

Comment

こんにちは~~~♪

グランマさん、今日は病院ですね。
風邪が幾分はましになられていて良かったですね!
一言のコメントボードではご不自由をおかけして、ごめんなさい!<(_ _)>
今日からは通常のコメントボードを開けています。
が、両方のご都合の良い方をお使いくださると有難いです。

それにしても、冬の日本海に、トラックで入っていたったのでうsか!
なんとまぁ、無防備な、無鉄砲で無秩序なのかと、驚きました。

私も、冬の日本海には、一年に二度、決まった時期に行くのですが、海は恐ろしいくらい荒れますから。

地球の脅威を感じるときです。

  • posted by 窓
  • URL
  • 2016.12/21 11:25分
  • [Edit]

Re: こんばんは。

 ありがとうございます。
 
 病院での診察ね。うっふふふ。私のこと自分ながらいつものことで、笑えるの。
 優しい女性の先生で、予約時間を大幅に遅れるんです。今日はまたまた遅れててね。
 そういう時は、そそくさと、私は診察が早く済むように質問もせず終わるの。
 数値も前と同じようだしいいかぁ。先生も何も、おっしゃらないからいいかな?
 風邪をひいたことだけ、ちょこっといい、ハッハ ハッハ。心の中では、
 {まだしあわせだなって!私は、心配な状態じゃァないし……}

 待っている患者さん。私より、大変かも?早くしないと?と。
 また2カ月後を予約。おわり。ああひと仕事終了。
 わたしは、ホント、ピントがずれてるんです(苦笑)。まぁいいか。


 日本海の冬って、なんか、魅力ありますよね。あの波の凄さ。空の暗さ。
 いいですね。2度も日本海ね。いいわね。もういける可能性もないなぁ私。



 ありがとう。了解しました。わたしは、コメントが下手だから失敗が多くてね。
 
 思っていることを伝える能力が欠けてるみたいですが、めげずに努力します。
 だから、どうぞ、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
 
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2016.12/21 17:43分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽