おばあちゃんのひとりごと

Entries

「たしなむ程度です」と謙遜する。――日本人の美意識――

 上機嫌は、社会において着ることのできる、最上の衣装の
 一つである。
                    サッカレー

 そうですよね。自分で着ればいいのですものね。品よく着るかな。

 今朝の街かど情報室。”ぐっすり眠ろう” でしたが……。

①おもしろい枕。あたまがすっぽりはいる枕、隣で寝ているご主人ののいび
きの音も小さくなり、暗くなりいいみたいです。

②ねむるときに枕の上にふわふわのタオルを重ねる。沢山重ねておられた。

③ライト。ライトをさわるとオレンジやらブルーになる。触ると色が変わる。
センサーがついていて、触ると色が変わる。どんな色にもなる見たい。
 その部屋によって反応し、色が変わるなんてね不思議。

 ねむれない。ねむれない。私だけれども、これは無理だな。昨日おくすりを
いただいたからお薬がいちばん。薬局のお兄さんに聞いてみた。
 「睡眠薬、毎晩飲んでるけれど、ボケになるかしら……?」
 「きちんと、定量守っていればいいですよ」
 ちゃんと守っているからいいかな?安心する。
 
 昨日は予約受診でしたが暮れになり患者さんが多いせいか、遅れていつも
より1時間ほど多くかかり長い時間病院にいました。
 暇な私は、膝を机にし待ち時間は手紙を書いたりボンヤリするのが好きで
すので。
 大きな声が聞こえ、病院事務のかたに怒鳴っておられ、ビックリしたり、
ご主人がとても優しく、奥さまを助けておられる姿、仲がよく素敵だな…。
いいご夫婦です。さまざまな光景をみたり4時間ほどのなかではじめに検査
しあとは、待っているだけ。 
 ひとりでこうしてこれることがありがたい。操作もなんとかできますし、
受付機で、帰りの会計も自動機で操作するのです。
 とっても楽しい光景にあっちやいました。機械の処ではかならず、女性の
係り員の方がおられます。
 分らない人に指導するためです。会計をし帰る時に、一人の男性が、怒っ
ておられ、その係りの方が困ったように説明をしておられたら、そこへ、
奥さまらしき方が見え、パッパツといわれ、タジタジのご主人さま。
 状況が一変。おとなしくなられたんです。ふふ。びっくりしちゃいました。
「なにやっとんの。いつまでかかっとるの」
「自分でやれんで教えてもらっとるだが……」
「あんた、この前やったでしょ。さっさとやりなさい……」
「やったことないが……」ボソボソ……。
「やったがね。もういい、こうやってやるだがね……」
 ああ、夫婦って楽しい。いいもんです。あの係りの人はどう思われたかな。
ご主人さまはすっかり、おとなしくなっておられたようです。
 私は、会計済んだので帰りましたが、あのご夫婦。なんだか微笑ましくなる。
 数値もまあまあでね。2カ月後を予約。
 バスがちょどいたので、慌てて乗ったんです。いつも、前からなので、乗り。
混んでて次の駅で停まり、びっくり出口から乗っていた。
 運転手さんに「すみません。間違えたんですね」ホントどじなんです。


      そのうち
      そのうち
    べんかいしながら
      日がくれる
        相田みつを



  ☆☆ なんでもにちょっとね ☆☆

   なんでもちょっとね
   見ていいことだけを思う
   そこに心をもっていくといい

     だってなんだって
     じぶんがおもうことなんですもの
     そうするだけでなにかがちがう

   いやだと思うより
   よろこんじゃうのです
   できないとおもわないで

     なんだってそうしたらいい
     きっと よかったと思うよ
     やってみるといいもんなんです

   なんでもちょっとね
    そうやってみて
     いいよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 神様にほめられる生き方
              春日大社権宮司
                  岡本彰夫 著

 能ある鷹は爪隠す

 日本人は独特の美意識を持っています。
 趣味を尋ねられたとき、「書をたしなんでいます」などと答えることが
ありますが、この「たしなむ」という言葉を英訳できない、日本独特の表
現です。たとえ十年二十年と書道を習って極意を極めていようと、「たし
なむ程度です」と謙遜をします。
 日本人の美意識からすると、自分の才能をひけらかすことは恥ずかしい
こととされます。外国の人々にはその感覚がうまく伝わらないようです。
 加えて、喜怒哀楽をはっきりと表すことも、日本人の美意識ではありま
せん。すぐに怒ったり、泣いたりするような人は心の浅い人だと言われた
ものです。
 私も小さい頃、よく祖母から「浅い川に石を投げたらチャポンというや
ろ。せやけど深い淵に石を投げたらドブンもチャポンもいわん。そんな深
い心の人間にならなアカン」と諭されました。少々のことでは動じない、
深い心で毎日を過ごすように教えられたのです。
 もっとも、喜怒哀楽を秘める日本人の感性は、外国の人から「日本人は
とかく表現に乏しい。何を考えているのかわからない」と評されます。
 日本の大臣や高官は国際的な会議に出席しても、ほかの人を押しのけ、
前面に出るようなことはめったにありません。これは日本人が培ってきた
美徳ですが、そのような態度は消極的でよくないと外国では批判の的にな
ります。
 でもこの美徳を失いたくないものです。このままでは、日本の文化、美
意識がドンドン廃れてしまうのではないかと心配でなりません。
 今、我々日本人に必要なのは、日本特有の美徳を外国人に理解してもら
う努力をすることではないでしょうか。そのためにも、自国の文化を日本
人自身が理解する。食べ物や音楽、文学や武道など、日本文化の入り口は
たくさんあります。
 まずは、自分が興味のあるところから入り、自分の美意識や感性を磨い
てください。それがやがて、世界の人に日本のよさを知ってもらうきっか
けとなり、国益とつながる。現在国が外国人観光客を誘致しようとされて
ますが、観光にしても外国の方々に、日本人の世界に誇る、美しい心と伝
統を理解していただいてこそ、将来の国益につながる観光になるのだと思
います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短歌

 冬の日や「風邪ひかないよう」声かかり「もうひいてます」笑顔で言えり

俳句

 落ち葉掃く掃いても掃いても散る散るぞ

川柳

 ドジをして笑顔でその場すぎていく


スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

亭主関白・かかあ天下といろんな夫婦がありますが、やはりかかあ天下が多いようですね。
我が家は?・・・・。
「たしなむ程度」謙遜した言い方に聞こえますが、注意しなくてはならないのは、「酒はたしなむ程度です」と言う人は大抵が大酒飲みです。(笑)
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2016.12/22 21:02分
  • [Edit]

Re: こんばんは。

 ふふふ。楽しいですね。 

 かかあ天下が、この世の中いいですよね。
 亭主関白ならば、きっと、”さだまさしさんのフアン”かもよ?
 


 実を言いますと私も「酒はたしなむ程度です」ふふふ。

  一盃は、人、酒をのみ、
  ニ盃は、酒、酒をのみ
  三盃は、酒、人をのむ
 
 
 大抵が大酒飲みね。(笑)ふふふふ。

 三盃にならないようにしないと……ね。

 「酒はたしなむ程度でございます」

 さあわたしは・・・・・。
 
 ひとり、またも、笑えてね。ありがたいわ。
 楽しいコメントをありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2016.12/22 21:40分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽