おばあちゃんのひとりごと

Entries

「吝(ものおしみ)」に、思うのです。

 お金を軽視する者は、いつかどこかでシッペ返しを受ける。
                     森 信三 


 金が一番いやらしいのは、それが持ち主に才能まで与える
 からだ。
                     ドストエフスキー

 大変な寒波が来るとのこと。今朝も冷えているようです。
 なんだか、どうしてか、寒さもあまり感じないのかな?そう思うのです。
 まだ裸足で平気です。冷たくないんです。ふふふ。
 昨日は、整形外科に、薬が無くなったのでね。まずは電気治療をし、
ベッドに横になるので、靴を脱ぐと裸足の私。看護師さんがビックリされる。
「私ね、靴下が嫌いなのでね。はかないんです」
「冷たくないの?」
「うん。裸足が好きなの……お寺詣りのときだけ、はくけれど……」と私。
 次は、先生の診察……先生が、私を見て、
「太ったね。そうでしょう。」
「はい、でも先生も太られましたね……」
 つい言っていた。先生が笑って言われる。
「私は、若いからね……」
「あっ、そうでした……先生は若いから……ふふふ」
「まあ正月だでしようがないね……いいよ。」と、先生。
 あとで、その会話がどう考えても、可笑しくて、一人笑えるのです。
 そのあと、院外薬局で薬を待つ間いつもの若い女性と話していて、ね。
「ああ、無駄話してて、ごめんね。忙しいでしょ。」
「いいえ、いまはいいのよ。フェアリーさんいつも明るいから大好きなんです」
 アッハ アッハ 可愛いらしい女性です。喜ばせて下さる。
 薬剤師の男性とも話して薬をいただき「バイバイ」手を振って帰った。


   たいせつなことは
   つねに みずから
   かんがえることである
       相田みつを


  ☆☆ いろんなことはあるけれども ☆☆

   だれでもみんなあるんだということを
   だれも苦しみもつらいことも
   なんでもかんでも あるんだ
    
   だれにもあるということを
   くらべたらいろいろだけれどもね
   くらべることもないからね

   みんなみんなあるんだってことを
   ついついじぶんだけなんてね
   おもっちゃうけれどもちがうんだ
   
   だから わらっていきたい
   じぶんだけじゃあない
   みんながんばっているんだ

   みんなみんながんばっている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 十八史略の人物学
               伊藤肇 著

 酔眼朦朧の坐禅
 足利尊氏の器量
 
 戦前の教科書では、「足利尊氏は逆賊」と教え込まれたが、どうして
どうして、尊氏また一個の英雄であり、武将としても政治家としても傑
出していた。
 尊氏の師は夢想礎石だったが、この名僧が「我、尊氏にかなわざるも
の三つあり」と兜を脱ぐほどの器量をもっていた。 
 かなわざるものの第一は「戦場にのぞみて恐怖の色なし」。
 どんなに大胆不敵な男でも、初めて戦場に出たときには、やはり恐ろ
しいものだ。とくに敵が突撃してくるときの兜の八幡座を直視すること
は不可能に近い。恐怖で眼がくらんでしまうからだ。
 ところうが尊氏は率然として、それをやってのけた。武将としては並
々ならぬ素質である。 なぜならば、たとえば、舷々相摩す海戦で敵の
砲弾がどこかへ命中し、炸裂すると、水兵たちは一斉に艦長の顔色を見
る。そのとき、艦長が微動だにせず、神色自若として敵艦をにらんでお
れば、水兵たちは再び勇を鼓して戦うが、もし、ここで艦長があわてふ
ためいたら、艦内は混乱に陥り当然、勝てるはずの戦が負けいくさにな
ってしまうからだ。
 かなわざるものの第二は「吝(ものおしみ)することなし」。
 ―――省略―――
「倫理御進講草案」を遺した教育者、杉浦重剛が、「吝とはどういうこ
とか」を明確に規定している。

    己二倹二シテ人二倹ナラズ。是ヲ愛トイウ。
    己二倹二シテ人二倹ナる。是ヲ倹トイウ。
    己二倹ナラズ人二倹ナル。是ヲ吝トイウ。

<自分自身は質素倹約を旨として、つつましやかな生活を送っているが、
人にはそれを強制しない。これを愛という。
 
 そして、自分もつつましい生活をしているが、人にもそれをやらせる。
これを「倹」という。

 最も程度の悪いのは、自分は贅沢三昧をしているくせに人には倹約を
強いる。これを「吝」という>

 この「吝」ということが、いかにも人間をダメにし、仕事をダメにす
るか、ということを孔子も指摘している。
 ――-省略―――

 かなわざるもの第三は、「依怙の心なし」。
 自分の感情を完全に意志の統制下に置くことは非常にむつかしい。
古来、「一視同仁<誰彼の差別なくの差別なく同じように愛すること>
は王者の態度」と言われる所以である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「吝」この言葉、愛情がいかに大事であるかがわかるのです。
 大好きな言葉で、夫婦、親子、嫁しゅうとめ、あらゆることに、これは
通じるものです。愛情を凄く感じるから、昔、日常にあてはめたものです。

短歌

 きびしいなこの寒さのなか豪雪の地域思いつ夜は更けゆく

俳句

 お正月過ぎて初めて会う友や

川柳

 木枯らしが吹いていやだな家を出ず
 

スポンサーサイト

Comment

Re: おはようございます。ありがとうね。

コメント有り難うございます。
今朝は、”雪が積もっているかなあ?”眼が覚めて、すぐ、外を見たけれども、積もっていなかった。
でも今日は、降る見たい。

わあ上海。凄い。いいね。日本の漢字でね。へえ―わかるんですね。

ありがとうね。「シェイシェイ二」ね。ときどき、聞く言葉だわ。ドラマの中でね。
中国の漢字って、難しいのよね。好きなスターもね。読めないからね。笑えるでしょう。漢字の形で覚えてね。
でも、全然、私、もう学んでも頭に入らないからね。ダメだわ。覚えられない。わ。中国語ね。

ストーリーを想像してみてるんです。こんな変な人はいないですね。
でも、ボケにはならないかも。”想像する”っていいみたいです。ふふふ。ひとりそう思っているわたし。


いつも、ありがとうございます。感謝。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.01/14 06:26分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽