おばあちゃんのひとりごと

Entries

幸福も不幸も、すべて心の持ち方から生まれてくる。

 幸福になりたいのなら、まず、人を喜ばせることからはじめ
 たまえ。
                 ブリオール

 自分が幸福だと思う人が、幸福な人なのだ。
                 ブリュウス・サイラス


 なんでもが自分の考え方です。自分なんです……ものね。

 わたしも、よく”この方はなんて幸せな人かしら……”と、思える人に
お会いしても、そのご本人はそう思ってはおられない。とても不幸なよ
うなことをいっておられる。それではね決して幸せではないなぁ……?
 幸せなのになぁ……。でも、自分が気ずかないとね。
 もったいないなぁ…そう思うのです。

 幸せとは、自分が見つけることだと思うのです。毎日のなかに、ある、
ある倖をみつけられるか。自分が幸せであることを気ずけるか。そこな
んであり、気ずける人でありたいと思うのです。

 昨日は、親友とランチをしまして、お買い物をするのを、ついて廻り
楽しいひとときが過ごせ、いろんな話も、気楽にできていいものです。
「眼科診察どうだった?調子はよかったの……」
「半年に一度の定期の診察なのよ。うん、よかったよ。また半年後だわ」
「じゃぁよかったね……忙しいそうだね」
「初釜で忙しかったわ。………朝4時に起きてやってたよ……」
「さすが、あなたは偉いもんだわ……。頑張りやさんで立派ね……」
「ねえ、あの○○ちゃんがね、また泊りにいきたいって言ってたよ」
「いつでも来てね。待っているからね。」
「面倒臭いでしょ。大変でしょ。」
「全然だよ。暇なんだから……いつでも来て!どうってことないから」
「うん、また言っておく……寒いからね、まだまだみんなあるね……」
 みんな年をとったんだなぁ……前は、すぐに話がまとまったもの。
 さぁっとは決まらなくなってきたのを感じ、みんな微妙に老いてきた
んだなぁって思う。
 知らぬ間に、それぞれがいろんな事情ができてきたり……ね。ひとり
が、そういえば圧迫骨折になったと言っていたな?その人から、この間、
電話が入ったけれど、圧迫骨折のことかもね?遠いから、お見舞いに行
けないから、今日手紙書こうかな。あの痛さは忘れられないからね。

       *
 
  見えないからと言って
                  坂村真民

   日の昇らない時が
   あっただろうか
   月の出ない時が
   あっただろうか
   見えないからと言って
   なかったとは言えない
   それと同じく

   見えないからと言って
   神さまや
   仏さまが
   いないと誰が言えよう
   それは見る目を
   持たないからだ
   大宇宙には
   あくさんの神や仏さまが居て
   この世を幸せにしようと
   日夜努力していられるのだ
 
   一輪の花の美しさを見たら
   一羽の鳥の美しさを見たら
   それがわかるだろう
   見えない世界の神秘を知ろう

      *


   ☆☆ 心の目 ☆☆

   なんでもを心の目で見たい
   心の目はね
   見えないものが見える
   
   じぶんの心も見えてくる
   心の目は不思議なんですもの

--------------------------------------------------------------------------

 「新釈 菜根譚」
               守屋 洋

 幸福も不幸も、すべて心の持ち方から生まれてくる。
 釈迦も語っている。

「欲望が燃えさかれば、この世は焦熱地獄。貪欲におちこめば、人生
は苦しみの海。心さえ清らかになれば、燃えさかる炎も涼しげな池と
なり、迷いからさめさえすれば、解脱の境地に達する」

 心の持ち方を少し変えただけで、この世のなかはがらりと姿を変え
る。くれぐれも慎重に対処したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短歌

 赤ちゃんを抱いてるパパの優しさが見ているだけでつたわりいいな

俳句

 親友と語れば冬も春のよう

川柳

 水仙の咲く日本海懐かしむ





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽