おばあちゃんのひとりごと

Entries

いちばんすばらしい先祖供養は何か……それは子孫が毎日を幸福に暮らすことである。

 人間が互いに愛情を示し合うところ、神は近くにある。
              ペスタロッチ

 精神のいちばん美しい特権の一つは、老いて尊敬され
 ることである。
              スタンダール


 ですよね。尊敬される人になれたらいいな。

 さあ、いくら寒い日でも北風が吹かず、太陽が出てたらなぁ。なんか、
暖かく感じますものね。太陽ってホントありがたいもんです。

 太陽のような笑顔あふれる人でありたいもんです。だってきっと笑顔に
会うだけで、温くなると思うから。笑顔は太陽ですもの。
 昨日は、金曜日、ボーとしながら、することもないので手紙を書きまし
てね……。私は、いつもよく手紙を書くのです。
 なぜって、もらったとき、ちょっとほっこりすると思うからです。
 いつも、よく出しますので、よく返事もいらないですよ……といって、
ありますし、そういうお友達が多くあるからあちらこちらに出すのです。
 わたしにとって、それは、私の喜びであり、ボケにならないためのなん
です。そうして、字を忘れないように、相手が手紙がきて、嬉しいな……
ってもらえたらいいからです。だから、毎日、2~3通は書くのです。
 ふふふ。自分のためね。


              金子みすゞ

    人はお墓へ
    はいります。
    暗いさみしい
    あの墓へ。

    そしていい子は
    羽が生え、
    天使になって
    飛べるのよ。


 ☆☆ あたたかい こころ ☆☆

     毎日を
     笑顔でいたい
     そうすれば

     なんでもかんでも
     誰もかれも
     笑顔が伝わってく

     笑顔が
     あふれる
     この世に

     それがなによりしあわせ
     
-------------------------------------------------------------------------
 まんだら人生論
           ひろさちや 著

 子孫が幸福に暮らす これこそが先祖供養

 イスラム教徒は火葬を嫌う。火葬にされた死者は地獄に堕ちる。と信じ
られているからである。キリスト教も、最近はだいぶ火葬アレルギーがな
くなったが、かつては火葬を嫌った。火葬にされると、やはり地獄に堕ち
ると信じられていたからである。
 火葬を好むのは、インドのヒンドゥー教徒である。彼らは、死体を火葬
にしてもらわないと、天界に往けないと信じている。そして、ヒンドゥー
教徒は死体を荼毘(だび)に付したあと、遺骨も灰もすべてガンジス河に
流す。ガンジス河から離れた土地の人々は、近くの河をガンジス河と見て
そこにすべてを流してしまう。したがって、墓はつくらない。墓をつくっ
たり、遺骨を残せば死者にこの世に対する執着が生じるので、天界に往け
ぬと考えている。
 古代ギリシャの歴史家のヘロドトスは、インドのカラティア族の習俗で
は、子が親の死体を食うことになっていると報告している。カラティア族
にすれば、愛情があるから親の死体を食うのであって、食うことによって
一心同体になれると考えている。そのほかに、遺体を鳥に食わせる鳥葬と
いった葬法もある。 
 このように、死者に対する遺族達の愛情表現はさまざまである。日本人
は、形式にとらわれた先祖供養を考えるが、わたしたちは形式にとらわれ
ないほうがいいとよいと思う。墓参りをするのも先祖供養であれば、墓を
つくらなくても先祖供養はできるのだ。

 いやいちばんすばらしい先祖供養は何か………といえば、それは子孫が
毎日を幸福に暮らすことである。ご先祖さまは、きっとそれを喜んでくだ
さる。わたしはそう信じている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 私もそう思うのです。
 子孫が仲良く毎日を暮らしてくれたらなんにも思うことはない。
 墓まいりなどしなくても、お墓などなくても仲良く喜んで幸せにすごし
てくれてたらいうことないんです。それが、いちばんの先祖供養になると
思うわ。わたしもね。どこにいても手を合わせて祈ることがいいな。

短歌

 せいっぱい生きて老いてた我なれどみなの幸せただ願う現在(いま)

俳句

 木枯らしが吹いて寒さは身にしみる

川柳

 大寒や暦どうりの寒さかな


スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2017.01/21 17:58分
  • [Edit]

Re: こんばんは。

 雫 さま。
 こんばんは。
 いつも、ありがとうございます。

 金子みすゞさま。私も大好きな詩人です。
 まぎらわしくて、もうしわけありませんでした。

 訪問をさせていただきまして、コメントをさせていただきました。
 心より ありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.01/21 19:23分
  • [Edit]

Re: こんばんは。

 nohohon さま
.
 こんばんは。寒い毎日ですね。
 いつも、ありがとうございます。
 
 そうですね。私も、老いるごとに、そう思うのです。
 のこされた子孫が、仲良く幸せに暮らしてくれることが、いちばんとね。

 そうなれば、きっと、それぞれの心の中に、そして、自分に心の中に、大切なご先祖様さま、仏さま、神さま。
 すべてに、感謝の心が生まれて、宇宙でも、空でもね。自然に手を会わせることでしょうね。
 そういう毎日が、ありがたい。なぁって、思うのです。

 ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.01/21 19:35分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽