おばあちゃんのひとりごと

Entries

「難しすぎるとあきらめるし、簡単すぎると飽きる。その間にあるちょっと背伸びをすれば届く領域」

 金が一番いやらしいのは、それが持ち主に才能まで与え
 るからだ。
               ドストエフスキー


 この道より、我を生かす道なし、この道を歩く。
               武者小路実篤


 たしかにね。お金ね。あってもなくても、どう、お金を大切に考え
てそうして生きておかねもあるいてほしいですね。
 そして、道ね。その道が見つかるといいのですが。迷い道を歩いて
いろようです。幾つになっても情けないようなことです。

 昨日は、千葉県の友人が手紙をくれまして、いつも巻き紙で下さいま
してね。私も時々、手紙を出すのですが、多くの友人に出しますのでね。
誰に何を書いたかを忘れてしまうのです。みんな忘れてしまうんです。
 カットを描いたり、詩やら、短歌、その時の自分のこころのままです。
だから、この友人に何を書いたかしらん?覚えてないんですもの。ふふ。
 今回、いただいた手紙の一部分を………~~~ここに。

 書・画・詩・と、才媛のフェアリーさまはさすがですね。
 そして 笑いの玉手箱、も。
 
 わたし 絵本の読み聞かせ ボランティアをしておりました時
   本の主人公になりきり
  コロコロと気持ち良く笑えるようになった時の気持の良さを
  想いだしていました。

  フェアリーさまのお母様は、お優しい方だったのでしょうね。

 ………~~~~
 ”才媛”なんて一度も言われたことないのですもの。私が?まさかね。
単なる変わりものなんです。まったく幼稚で、賢くないのですもの。

 この友人は、いまもいろいろとボランティアをなさっておられます。
 私などは、もうなんにもできません。ボンヤリの日々。そしてね。こう
して、才媛などではないのですので、お恥ずかしい限り。亡き母のことも
どこで、何を感じて下さったのかは分かりませんが、嬉しくなりました。
きっと、亡母も、今頃、宇宙からみてくれてて、喜んでいることでしょう。
 私が、亡母をほめてくだすって、嬉しいからね~。


      *
          相田みつを

   人のしあわせを
   本心からよろこべる人は
   ほとけさまだなあ
   人のしあわせ を 本心では
   よろこべないときが
   わたしにはあるから
    

      *

   ☆☆ 出逢い ☆☆

    いつも思う
    人との出逢いは
    いいなぁ

    そして思うのは
    いい人との出会いが
    いいなぁ

    だからいい出会いと
    そう思われる人で
    ありたいな

    そういう出逢いがいい
    穏やかにいきたいし 穏やかでありたい

------------------------------------------------------------------------------
 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに
 3人の息子を京都大学に放り込んだ話
                       宝槻泰伸 著

 <芽が出始めたら、徹底的に創意工夫>

 次に大切なのは創意工夫です。
 対象が定まり、じっくりと学びを深めていくプロセスが始まります。その
時、近くにいる大人がするべき役割は、課題の橋渡し(大人の側の創意工夫)
です。 
 心理学者のレフ・ヴィゴッキーは「まったく解決不可能な領域と、独力で
解決可能な領域の間に、他からの援助があれば、解決できる領域が必ずある」
と言っています。僕なりに表現すればすれば「難しすぎるとあきらめるし、
簡単すぎると飽きる。その間にあるちょっと背伸びをすれば届く領域」という
のが、子どもにとって最適な領域です。
 成長を続ける子どもをよく観察し、常にこの領域を見極めながら、最適な
課題や教材を選んであげる。これが素敵な指導者が実践している創意工夫の
正体だと思います。
 父はこのあたりの観察力と判断力が優れていたと思います。僕たち兄弟が
割り箸鉄砲にハマり始めた頃に、ライフル級の鉄砲を作ってみせて次のステ
ップを示したり。ミニ四駆やロボット工作に飽きている頃に、ロボコンを見
せて触発したり。探究心の種をまくだけでなく、その芽が育っていくように
水遣(や)りをしてくれました。

 ――-省略―――

  <偉人の物語を与えよう>

 そしてもう一つ、種まきとして忘れてならないのは「人生」です。
 特に歴史上の人物の物語に、映画や小説を通して出会わせてあげましょう。
これまでにどのような人生が積み重なって、現代社会が作られてきたのか、
それを学ぶことで、自分の生き方も見えてくるものです。
 また偉人伝からは、この世界に存在する人間の課題についても学ぶことが
できます。偉人たちはみな、その時代に横たわる大きな社会問題に向き合い、
人間を前進させてきました。吉田松陰にせよ、ガンジーにせよ、ジョン・F・
ケネディにせよ、降り返って彼らがいたからこそ、今の私たちがあるという
業績を残しています。そうしたものを学ぶ中で、子どもは問題意識を養い、
自らの志を磨くのだと思います。
 もちろん、すべての子どもが彼らのような人生を歩むわけではありません。
多くの人に影響を与えるよりも、一隅を照らすような人生で生涯の幕を閉じ
る方が多いでしょう。
 ただそうだとしても、信念に生きることの尊さや、逆境を超えてあきらめ
ずにやり通す事の大切さを学び、自分の人生に活かしていくことができます。
 そして、自分の成功を求めるだけでなく、使命感を持って社会課題に立ち
向かうための勇気を受け取ることができます。偉人伝は偉人になるための教
科書ではなく、自分の使命を見出すための参考書だと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ケネディ大統領に、日本人記者が、「日本の政治家で尊敬する人は……?」
だったかしら? 質問をされた時に、ケネディ大統領は、「上杉鷹山……」
と、言われたという有名なエピソードがあり……そのとき、そこにおられた
記者らは誰もが、「上杉鷹山って?誰だ?……」だったとか?
(このケネディ大統領の話は前にも書きましたが……)
 しかし、ケネディ大統領は、いいです。

短歌

 居酒屋の前を素通り魅かれます亡夫と入ったな想いだすもの

俳句

 春一番吹いてもまだまだ春遠し

川柳

 なんでもをいいふうにとり老いの日よ


スポンサーサイト

Comment

こんにちは~~~♪

今日はコメント欄がオープンになっていて、安心いたしました。
どこはお体でも調子が悪いのかと思っておりましたが、ブログ記事を読む限りは、お元気そうでしたけど。

このところの、春の陽気に誘われて、昨日は少し遠出いたしました。
3時間ほどかけて、一人ドライブを愉しみ、春に目覚めつつある山々を堪能してまいりました。

今日はブログ記事に関係のないコメントでごめんなさい!<(_ _)>

素敵な週末をお過ごしくださいね。

  • posted by 窓
  • URL
  • 2017.02/18 12:05分
  • [Edit]

あらら。知らなかったわ。

窓さま。
 ありがとうございます。ドジよね。
 私は、もう、何にも考えてないので、気がつかなかったんです。
 そうでしたか。コメント欄。馬鹿よね。
 笑ってくださいね。そしてありがとうございます。

 ドライブいいですね。春が感じられますね。
 遠くの山が、きっと、もやいでいるでしょうね。
 ”もうすぐだよ。はるだよ。”

 いいなぁ。楽しんでね。
 有難うございました。


  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/18 12:11分
  • [Edit]

嬉しい出来事ですね。

フェアリーさま、

こんにちは。
メールでは無く、自分の手で書いたお手紙でお友達が喜んでくださるのは嬉しいですよね。
私も手紙を書くのが大好きです。
そしてお母様のことを良く言ってくださったのも嬉しいですね。
自分のことを誉められるとそれは素直に受け取れないのですが、家族のこと、母のことを誉められるととっても嬉しく受け止めます。
今日の言葉の数々もとても頷きました。
出会い、、、良い出会いだと思ってもらえるような自分になりたいです。
でも、そんな風に思えるようにはきっとなかなかならないのでしょうね。
  • posted by ハルママ
  • URL
  • 2017.02/18 19:46分
  • [Edit]

こんばんは。ありがとうございます。

 ハルママ さま。
 ありがとうございます。

 あなたも手紙がお好きなんですね。

 私も好きで、今は暇がありすぎですので、せっせっと書くのです。

 ボンヤリしている時間も多いのですが、どちらかというと、面白い私でね。
 なにかを、やっているほうが、好きでね。心がせわしいのかなぁ?
 リュックには必ず、書きもの一式入れているんです。
 そして、暇さえあれば、なにかかかをやっているんです。

 ハルママさま。良い出会いと、きっと、周りの方は思っておられますよ。
 そう思うだけで、ちゃんと、なっているものですものね。

 そういいつつ、ふふふ。わたしは、とても、我が儘な性格なんです。だから、

 ・・・あれれ なんだか嫌われてるかも? と思うことがあり、なぜ?かな。
と思うときがあるけれども。
 そういう時って、なんていうか、やはり……思うのです。

 自分勝手に、自分の心を楽にするために、こう思う事にしているのです。
 すべての人に好かれるわけないじゃん。
 あたりまえだぁ……仕方ないやぁ……なんとかなる………って……思うことにしているんです。

 アッハ。自分ながら笑えるのですが、そうした方が気楽ですものね。
 老いを重ねるごとに、”お見事”と、いえるほど、わがままになっています。

 コメント。訪問下されまして、ありがとうございます。感謝です。また~ね。

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/18 23:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽