おばあちゃんのひとりごと

Entries

三島が幼い頃から東洋の学問を学んでいたら、あんな不幸な……

 うそでもいいから明るい言葉を使え。
               中村天風

 あらゆる事に対して、感謝の気持ちを抱けば、宇宙
 から最高の恩恵を受けることができる。
               中村天風

 年寄りになったから賢くなったんじゃありませんよ。用心
 深くなっただけです。
               ヘミングウェイ

 そうですよね。ふふふ。
 今日はまた冬型とか、暴風やら吹き荒れそうです。
 昨日は、散歩がてらに歩いていたら、偶然にお隣の奥様に
大きな交差点の横断歩道でばったりお会いした。この偶然に
は驚きました。こんな不思議なことがあるんです。
「どこかへ行くの?」
「バスが、まだ10分ほどあるから~どうしようかと~」
「そうなの。私は歩いて帰るよ」
「じゃぁ一緒に行くわ~」
 と言われるので、二人で話しながら歩いて帰ったらね。
 ちょうど、ご近所さんにお会いした。
「主人、退院したのよ~~」
「今、食料品を買いだしに行って来たの……」
「まぁそれはよかったね。嬉しいことね。」
 喜んでおられる笑顔に、ほっとし、お隣の奥様に入院してお
られてご主人さま退院されたのね。と、知らなかったとのこと。
 いろんな道を歩きながら、楽しい時間でありがたい。

 昨夕、若いママさんから、メールのきて、お子さまが吐いて
寝てるとあり、水分が大事よね。あげるがいいよ……と返信。
 さぞや、心配だろうでと、元気が出るように、何度もメール。
子育てのころは、いろいろとできてくるもの。
 ちょっと聞いてくれる人があるだけで、工夫もできて、元気も
出ると思う。そう思いながら、返信メールをしたんだけれど、今
朝は、学校へ行けたかなぁ。あとで、メールしてみようかな。
 きっと、元気出て学校に行けたと信じてる~。

       *

  人間追いつめられて
  はじめて本音を吐く
  その時どんな本音を
  吐くか それが大事
       相田みつを

       *

 ☆☆ シャボン玉 ☆☆

   長い人生だもん
   悩んだり苦しんだり
   出来ては消え
   シャボン玉のよう
   つぎからつぎから
   
   だけどなにがあったって
  
   なんとかなる
   なんとかなっていく
   深刻にならないがいい
   
   あの美しい青い空そして白い雲
   太陽の陽ざしの温さに
   こころをふんわり浮かばせたら
   なんとかなっているもんですよ

----------------------------------------------------------------
 成功の法則
         中村天風
         安岡正篤 に学ぶ     下村 澄 著

 安岡正篤から学ぶ人間の品格

 ◆東西の本を読破
 安岡先生が「人間学」というものに縁を結んだのは、幼少の頃か
らの「四書五経」と父兄の雅客との出会いが素地にあったからだと
いう。
 西洋哲学や社会思想という学問を勉強していると、人生がむなし
く感じたり、もどかしくなったり、あるいは神経衰弱気味になった
りすることがある。これはいろいろな理由があるからだが、第一に
考えられるのは、それらは知性の学問であるということだ。つまり、
知識の抽象的な概念と論理の学問であるということである。抽象的
知識・理論だけでは、決して人間の悩みは解決しない。
 東洋は儒教であるとか、仏教であるとか、神道であるとか、ある
いは道教であるとかいうような漠然たる存在しかなかった。西洋に
は哲学もあれば科学もある。その科学には自然科学があれば社会科
学があり、社会科学の中にも政治学・経済学・宗教学・教育学など
がある。さらにまた、教育学の中にも文化教育学があるかと思うと
児童教育学、成人教育学、社会教育学などがある。
 つまり、あらゆる学問を分化してできたのが西洋学問の特徴で、
逆にあらゆる学問を統一し含蓄してきたのが東洋の学問の特徴なの
である。

◆三島由紀夫の死を惜しむ
 その違いを悟った先生は、改めて(東洋学問の視点から)西洋
の学術書を読み返された。すると、今度は同じ本を読んでも前と
違った認識ができるというのだ。果たして、先生は、全世界の万
巻の書を読破し、あらゆる文献から東洋思想を論じられるように
なった。英語やドイツ語などを原書で読まれ、注釈されるので、
とにかく説得力があるのである。「いまの世の中に安岡先生のよ
うな方はいらっしゃいませんか?」とよく聞かれるが、西洋文化
と東洋文化を知りつくして、両面から解説される人を私は知らな
い。
 かって三島由紀夫が自殺した時、「惜しい人物を失ったものだ」
と、先生は大変残念がられた。三島由紀夫は西洋の学門から学び、
四十歳を過ぎてから東洋思想に傾倒していった。先生に何度も手
紙を書いてよこし、教えを求めてきたという。
 先生が、「三島が幼い頃から東洋の学問を学んでいたら、あん
な不幸な結末にはならなかったろうに……」といっておられたの
が、いまでも印象に残っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ふーん・。・そうなのか。なんて、思うのですが。わからない。
 難しすぎてよくわからない。でも、何度も何度も読むのです。

短歌

 眠れずに眠れると言い聞かせつつ眠ろう眠れよ眠れるだろう

俳句

 冬の日やバッタリ出逢うおとなりさん

川柳

 街中はひとひとひとよ春はまだ


 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽