おばあちゃんのひとりごと

Entries

独立するなら蓄積がなければだめだ。蓄積というと、貯金しか考えないだろう。

 利根の人は妙味なし、鈍根の人に妙味あり。
                沢庵

 社交の秘訣は、真実を語らないということではない。
 真実を語ることによってさえも、相手を怒らせないよ
 うにすることの技術である。
                 萩原朔太郎

 鈍根の私、妙味あるかも。ね。いいだか悪いだか……ふふふ。
 今日も寒いとのこと。明日は予約診療で病院に、朝から頑張ってい
くわ。2ヵ月に一度ですが、早いなぁ。
 昨日は、車の免許証を返納しようと、警察署まで歩き行ってきた。
 5000歩かかりました。受け付けの人も優しくこれで手続もすみ、
ほっとしました。車は、免許証は仲のいい友人のようでともにあり、
今までの長い人生に、どれほど助けられ、便利で、楽しませてもらい
大きな力になり、夢も貰い、喜ばせて貰い、運転が大好きでした。
 おおくの思い出が、家族とともにありました。むかし昔からね。
 若いころに免許をとりましたので、まだまだ車がどの家にもある時
代ではありませんでした。今は、一人一台と言う感じですが~~。
 私の亡両親との思い出とともにあるのです。当時は、まだ、免許の
持つ人は少なくて、母は乗せてもらうのが、とても、嬉しいようでし
た。私が運転して走ると、母は嬉しそうで、周りを見ながら……笑顔。
凄い親馬鹿だなぁと思える思い出の光景があり想いだすのです。
 それが、私も嬉しかったのでしょうね。覚えているんですもの。
「あんな可愛らしい子が車を運転してる……といった顔してた……?」
って。母が言ったんです。ふふふ? と、その時は思ったんですが。
今でも、ときどき、想いだす若き日の懐かしい母との思い出の一つ。
 よほど、私を愛してくれてたんでしょうね。可愛くて、仕方なかっ
たんでしょうね。今、振り返り、思いますとね(涙)。

 そして、亡父は、私が運転が上手になるまでは、「歩くからいい」
と、絶対に乗りませんでした。ふふふ。笑えてしまいますよね。その
父の気持ちも痛いほどにわかりますものね(笑)。
 母は、下手だろうがなんだろうが、平気で喜んで乗ってくれました。
 それが父らしくて、母らしくて、懐かしく想いだして笑うんです。
 昨日、返納し、”ありがとう免許証” という気持ちでいっぱい。

 若いママさんの子供さんは、インフルエンザだったとのことでした。
……あのね。インフルエンザの薬は怖いらしいから気をつけている……
と。そう言えば、テレビのニュースでそういえばやっていたなぁ?
 まだまだインフルエンザはやっているんですね。

      *

   その人には
   うそがいえない
   その人は
   あなたの大事な
   佛さま
        相田みつを

      *

  ☆☆ 仏さま ☆☆

   こころのなかに
   ほとけさまが
   誰にもおられるようだが……

   ときどき
   どこかにいかれる
   そうしてついつい

   なんだか
   よくないことを
   考えたりしちゃう

   いくつになっても
   いけないなあ
   ほとけさまを
   心にもっていないとなあ
 
----------------------------------------------------------------
 中村天風
 安岡正篤 に学ぶ

成功の法則       下村 澄 著

魅力を増す生き方

 ◆畏敬する先達から学んだこと
 繰り返しいうが、私が人生を大きく好転させることができたのは、畏敬する先達
たちから、運命を拓くための指針を教そわったからである。
 シャープの創業者・早川徳次さんもそのうちの一人だ。前述のしたように、私は
サラリーマン生活に嫌気がさし、何度も会社を辞めようと考えていたが、早川さん
と会った時、そんな私の気持ちを見透かしたか、こう教え諭してくれたのである。
「会社を辞めようという気があるようだが、独立するなら蓄積がなければだめだ。
蓄積というと、貯金しか考えないだろう。それは一つしかすぎない。ほかに、信用
・得意先・奉仕・人脈がある。この五つの蓄積があれば、どんな事業をしても成功
する」
 その中でも重要なのは、人脈の蓄積と信用の蓄積であるというのである。

◆安岡正篤から学んだこと
 人生の師・安岡正篤先生からは、中国の吉田松陰ともいわれる王通の”七無”を教
わった。
 すなわち、
一、諾の責め無し(かならず実行する)
二、財の怨み無し(金持ちは人から怨まれる)
三、利を専らにする無し(利益はできるだけ分かたなければならない)
四、高説する無し(いい加減なことをいってはならない)
五、善を伐(ほこ)る無し(自慢するな)
六、人を棄つる無し(人間ほど大切なものはない)
七、恨みを畜うる無し(人を恨まないこと)
 である。要は、「多くの人と出会い、自分の尊敬する人の真似をせよ」というこ
とを説いていただいたのだ。
 さらにまた、若くしては老人と交わり、老いては青年と交わる、この「忘年の交
わり」こそが世の中を動かす大きな力となるということも、安岡先生から教わった。
 人は生活の分野が決まると、毎日顔を見合わせる人間も、付き合う人間もだいた
い決まる。だがそれが続くと、人生が狭くなり、無内容になると創造。成長が止ま
る、だから、広く専門外、異分野、畑違いの人に謙虚な気持ちで付き合い、良友を
求めることが大切であるというのである。
 これらの言葉、指針がきっかけとなり、私の対人関係は一変した。報道、それも
放送記者である、誰とでも会える特典を大いに生かそうと考えるようになったので
ある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんか、とても、大事なことですよね。私もいろんな方とお話するんです。


短歌

 寂しさも老いていくごと鈍感になってそれもよき老いもよきもの

俳句

 どこそこに春を見つけて歩いてる

川柳

 子どもの頃「火の用心」と夜まわりし



 


 

スポンサーサイト

Comment

返納されてのですね!

グランマさん、こんにちは~~~♪

免許証の返納、ご苦労様でした!!!
2,3kmもの距離を、昨日のあの強風の中を、大変だったことでしょうね。

これで一つの区切りですね。
都は、返納された方々には、代替えサービスは公共交通機関を無料にしてくれるとかは、あるものでしょうか。

グランマさんの潔さに、惚れ惚れいたしました。^^ヾ

  • posted by 窓
  • URL
  • 2017.02/21 10:19分
  • [Edit]

そうそう。はい。ありがとうね。

 窓 さま。

 ありがとうございます。

 昨日は、ここいらは、風のない、暖かいいい日だったんですよ。
 不思議ですよね。ふふふ。ありがたい。だから行こうとがんばっちゃいました。
 あのね。
 免許証では、むかし、とても、困ったんです。
 亡舅がとても難しい方で、老いていく姿を、目の当たりに見ていました。
 亡夫と私とで、「車の運転を、止めてください」というのですがきいては下さいません。
 車の運転で事故を起こされたりされ……やめていただくのに……とても苦労しました。
 その経験がありましてね。これでは、老いた時に……いけないな。と、思ったんです。


 むかしむかし、もう10年以上前ですが、交通安全の作文募集がありまして、そのことを思いまして。

 ・・・「自分で免許証は返納しよう」・・・

 自分で、書いて、入賞したんです。その時に書きながら、しみじみと思ったんです。
 
 かならず、”自分で決めないと“ いけない。その時がきたら。

 ちゃんと、自分で心に決めていたことが、実行できてよかったと思う。

 車で行かないといけない時は、子ら夫婦が、頼まなくても、申し出てくれますの。
 バスとか地下鉄は、敬老パスがあります。ありがたい、世の中です。

 なんでもが、感謝ばかりなんですよ。
 
 今は、歩くことが多いけれども、それは、すべてが健康のためと、思うことにしています。
 歩き疲れるほどに、歩くことが、眠れない私には、薬なんだと、思うことにしています。

 ふふふ わたしはしあわせ。

 いつも、心から、ありがとうね。元気出ます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/21 19:34分
  • [Edit]

はじめまして

おいらのつき(運)は落ちていないと感じました
三島由紀夫は嫌いでした
自死は追ってのこない砦に逃げ込むことと
幼き頃より想っておりました
三島がなぜ『死』に逃げ込んだのかは
長年解けずにいた事柄でした
それが・・・・・

はじめまして
ハシビロコウこと田中研一でございます
勉強させて頂きます
今後共宜しくお願い申し上げます

ひとを想えば己がみえる
他人(ひと)がみているから己が居る
ありがたいことでございます。
  • posted by はしびろこう・ウナ
  • URL
  • 2017.02/21 19:53分
  • [Edit]

 はしびろこう・ウナ さま。

 ありがとうございます。
 あんまり、難しいことは私の脳では、とどかないのです。
 
 なんか、なんだか、印象に残りましたので、ね。すみません。
 そして、わけもわからないのに、なんだか、わかるような気持ちになりまして……。

 そのように、コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 こちらこそ、ありがたいです。ありがとうございます。

 
 

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/21 20:08分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽