おばあちゃんのひとりごと

Entries

「一つの問題を何時間もじっくり考える」という勉強法が苦にならなかったのは……。

 すべての仕事というものは、はじめなく、終わりなきものだ。
 種まくもの、咲きでる花を賞でるもの、結実を祝うもの、み
 なそれぞれのめぐりあわせというものだ。
            元兵庫県知事 坂本 勝 

 
 進むときは人まかせ、退くときは自ら決せよ。
            越後長岡家老 河井継之助 

 たしかにね。退ね。いちばん大事ですね。
 ”今日からはじまるプレミアムフライデー”って!なんだ!
 午後3時から休み?らしい。(職場によってらしいが~)
 テレビでやってるな?早めに帰れるらしい?消費の喚起?だとか。
 今日はそうらしい。が、私には、よくわからないけれども……。仕事して
ないのだから私には、関係ないね?今日1回目らしい~~。
 村上春樹さんが新作を出されたとか。書店の光景。のニュース。
 いろいろとあるもんです。
 さあ昨日のこと。まだまだ疲れがとれず、散歩もせずに、買い物だけは、し
てこようと、ウオークマンを耳にし、出たら、誰かが肩をたたく。
「ねえどうしたの?……どこか悪いの?」
「エッなに……」
「元気ないじゃん?どうしたの?……」
「あらまぁ。気がつかなかったわ。大丈夫だよ。どこ行くの?」
「そうなの。元気なさそうに見えたから……」
「あのね。携帯に水がはいちゃったから?……ちゃっと行ってくるね。」
「うん。またね……」
 と、ご近所の素敵な奥さんで久しぶりに会えたが、よほど、ボーとしてた
らしいなぁ私。
 この友と会ったのはいつだったかな?ふと、思うが忘れてしまった。

 そして、歩いて行くと、近くの小さな、スクランブル交差点での一瞬ので
きごと。とても面白い光景を見たのです。みんながびっくりして見ていまし
た。若い女の子ふたりが、驚いて見てて「まあっ」その表情が可愛いらしい。
みんなが見つめている中を、黒猫は何事もないように、堂々としなやかに、
まっすぐに青信号を堂々と歩いて横断歩道をわたっていきました。
 さすがに、男性も女性も老いも若きもが、びっくりして見つめていました。
だって不思議ですものね、黒猫が信号を守って歩いていくのですもの。
 脇目もふらずに歩いていく黒猫の姿は、なんともいえない微笑ましくて、青
信号を渡り終えたら、周りを見てサぁとその素早く走りだしてどこかに消えま
した。
 
     *

    昼の月
          坂村真民

  昼の月を見ると
  母を思う
  こちらが忘れていても
  ちゃんと見守っていて下さる
  母を思う
  かすかであるがゆえに
  かえって心にしみる
  昼の月よ

       *

☆☆ 心を思うのです ☆☆

   なにがほんとで
   なにがうそなのか
   なにがほんとなのかな
   
   神さま
   仏さま

   わからない
   いろいろ
   わからないこと
   あるもんなんです

----------------------------------------------------------------------------------
 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに
 3人の息子を京都大学に放り込んだ話
                         宝槻泰伸 著

 8:数学において重要なのは実験力と発見力

 数学の勉強も今思うとかなり大胆なものでした。数学力を伸ばすためには
「正確でスピーディーな計算力」であろうか、「さまざまな解法パターンの
暗記力」であるとか、そうしたものに注目が集まりがちです。確かにそうい
う面もあるのですが、もっとも重要なのは「実験力」と「発見力」です。
 一つの問題を30分~1時間、時には一日中考えて答えにたどり着くような
経験が大切です。言い換えると「三分考えて分からないから、解き方を先生
に教わる」というっ勉強法は、その時はやり方が分かって気分がいいのです
が、ほとんど身に付きません。
 一つの問題をじっくり考える時、頭の中ではいろいろな解き方を試して実
験しています。すぐに解き方が分からなくても、「こうかな、ああかな」と
思考実験を繰り返したり、実際に手を動かしてやってみたりしながら、答え
にたどり着く道筋を発見していくのです。 
 また、このようにして実験を繰り返しながら問題を解いていくと、途中で
数学の考え方や計算の法則を自分で発見する場面に出くわします。当然、人
から聞いたことよりも自分で発見したことの方がよく身に付くので、効果的
です。
 このように、やり方を覚えて効率よく問題を解くのではなく、試行錯誤し
ながら問題を解く過程で数学力を磨くことになるんですね。言うならば、実
験力を発揮することが、発想や発見力を鍛え、結果として数学ができるよう
になるのです。
 
 9:試行錯誤の機械を重視する。それは遊びの中にもある。

 これは、大人になってからあらためて数学を学んで気づいたことですが、
ニュートンにしてもオイラ―にしても、偉大な数学者には非凡な発想力・
発見力があるものです。しかしそれを支えているのは常に実験力・試行錯
誤力なのです。たとえばニュートンは現代では不可能であることが証明さ
れている錬金術に力を注ぎますが、それこそできないことを追いかけてい
たので、そこには膨大な試行錯誤の日々があったことでしょう。オイラー
にしても「息をするように計算をした」と言われるくらい、膨大な計算を
日常的に行っていたようです。数学という学問自体が、多くの人間の実験
と試行錯誤によって切り拓かれてきた学問なのですから、それを学ぶ私た
ち自身も実験や試行錯誤の精神を忘れてはいけませんね。
 ちなみに、こうした「一つの問題を何時間もじっくり考える」という勉
強法が苦にならなかったのは、小さい頃からの遊びの中で試行錯誤を繰り
返してきたからだと思います。たとえばロボット作りは、一つの問題を解
決するのに何時間も集中して粘ることがあります。
 そうやって試行錯誤することで得られる達成感を味わい、必要な集中力
とねばり強さを磨いてきたともいえるでしょう。ロボット作りに限らず、
ちいさい頃から何かに夢中になっている時に、両親が「いい加減にしろ」
と口にせず、放っておいてくれたことも大きな後押しのなっていると思い
ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 集中してることって大事だけれどもね。

短歌

 「春は名のみ」口ずさみつつ散歩出る一人の我の気ままなひととき

俳句

 公園は子雀ら春たのしんでる

川柳

 老いの春免許返納さびしくも


スポンサーサイト

Comment

グランマ様、初めまして

初めまして。
以前から時々お邪魔させて頂いて、
とても興味深く拝読しております。

いま私は62歳ですが、50代の後半になって、
アメリカの大学で数学を勉強しました。

若い頃は数学嫌いでしたが、
50代後半で始めた時は面白くて面白くて…
数学が大好きになりました。

年を取れば記憶力は衰えるかもしれませんが、
理解力や忍耐力は増すように思います。
じっくり考えて、答えを導き出す爽快感を
こんな年になって経験しようとは思ってもみませんでした。

エッセイを拝読し、自分の経験を思い出したので、
ついコメントさせて戴きました。
私もグランマですが、お互いいつまでも、
知的好奇心を失わないようにしたいものですね!

長文で失礼しました。
  • posted by ミモザ
  • URL
  • 2017.02/24 10:33分
  • [Edit]

わあ、凄いですね。数学いいですよね。

 ミモザ さま。
 いつもありがとうございます。
 また嬉しくなる、心優しい、コメントもありがとうございます。
 
 数学いいですよね。
 私なんて、さっぱり、数学できないのにアメリカの住んでおられブログをやっておられる。
 「オリジナル高校数学」だったと思うのですが、毎日訪問させていただき、簡単な時は、
 挑戦するのです。勘でも、答えてしまったり、笑っておられるでしょうね(オリジナル……)
 最近は難問ばかりで、さっぱりできません。だって小学生にもならないくらいの知能ですの……。
 ふふふ。でも、頑張りたいとね。ちょっと、変わっているんです。わたしは。

 ミモザさまはお若いし、数学を勉強なさっておられますからね。すごい!いいなぁ!
 わたしは、できはしないのに、興味は深々なんです。だからね~~自分が、笑えってね。
 老いてなんていうか、マイナスもいっぱいでですが、プラスだけを喜んでいこうと思うのです。
 知的好奇心をなくなさいようにがんばります。

 どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
 嬉しい。ありがとうございました。またね。

 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/24 15:35分
  • [Edit]

こんにちは。ありがとうございます。

 雫さま、 こんにちは。
 いろいろとありがとうございます。
 そして、いつも、心から感謝いたしております。

 そうですよね。お話の、戦争は身にしみます。

 そして、いつも、コメントを、くだされまして、感謝ばかりです。

 あなた様のブログ訪問させていただくのですが、私は、コメントが下手でして、
 書けなくてすみません。いつもありがたく思っています。
 お忙しいなかを、ありがとうございました。

 ぼんやりのわたしです。いつも、とても優しくしてくださいまして、有難う。感謝。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.02/24 15:48分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽