おばあちゃんのひとりごと

Entries

塾や予備校でいじめが問題になっていないのは、そこがただ勉強をするところという機能に集中しているから

 会って、知って、愛して、そして別れていくのが、幾多の
 人間の悲しい物語である。
                コールリッジ


 相手の話に耳を傾ける。これが愛の第一義務だ。
                ポール・ネイリッヒ


  早や今日は4月1日ですね。老いを重ねるごとに、過ぎゆく日々の早さを感じる
のです。4月1日からいろんなことが変わるみたいです。ニュースを見てるのですが
……ぼけぼけしてないでしっかりしないとね。私も。
 春の雨降る昨日。
 朝、検診の結果を聞き「まあいいでしょう。そのまま、かかりつけで受診されて
おればいい……」と、いわれ、ついでに、散歩に出ましたら、ご近所の奥様と会う。
「会えましたね。お元気だった?」
「うれしいわぁ。元気だけれども、主人のことでね。なかなか大変よ」
「そうなのね。食事は、その病気のための給食あるでしょ」
「そうそう、それを頼んでいるわ。昼と夜をお願いしてるよ」
「そりゃぁいいわね。ちゃんと考えてあるからいいよね」
「でもね。それはすべて完食して、ウイスキーも他もとかなんだとか欲しがるからね~」
「そうよね。すべてはお医者さまのおっしゃるようには難しいねぇ……頑張らないとね」
「でも、会えて、元気出たわ。ありがとうね。がんばるわ」
「春になるから、暖かになれば散歩に出て気分も変わるからね。大丈夫よ……またね」
 笑顔になられホッとし、今まではお二人で体操教室やら、ダンスやら楽しんでおられた
からね。今は、ちょっと大変でしょうが、春になるから、いい、そう思うのです。
 暖かくなると、外出されると気が晴れると思うからね。会えてよかったわ。

           *

      使ったところが
      強くなる
      頭でもからだ
      でも
      その反対
      使わぬところは
            相田みつを

   
           *

  ☆☆ さくらっていいなぁ ☆☆

     桜のはなやかさああため息の出るほど美しい
     せいっぱい枝の先まで美しく咲き

     その桜を見ては今春を喜び楽しみ美しさに酔う
     いつの年もいくつになろうと桜のその美しさにうっとりと酔う
     
     来年も再来年も桜にあえるのをせつに願う
     去年も今年も桜に会え嬉しくて喜び楽しむ

     さくらっていいなぁ
     さくらに春は恋するわぁ

-------------------------------------------------------------------------------
 寄り道して考える
              森  毅
              養老孟司

 システムからの脱出の第一歩とは――養老

 いじめの原因は、逃げられない組織をつくりあげてしまったことです。先ほど言
ったように、「仲間だと思っているのに行動を合わせない」からいじめる。「仲間
にならない」からいじめる。そういう逃げられない組織をつくりあげたとき、必ず
いじめは発生します。
 そこから脱出するただ一つの方法は「逃げる」ことだと僕は思います。いじめか
ら逃げろというのではありません。そういうシステム自体から脱却することが必要
なのです。たとえば登校拒否の問題では「学校へ行かなければならない」という思
いが過剰であるがゆえに、拒絶反応が起こるわけでしょう。これを解決するには、
「学校なんか行かなくてもいいんだ」と思うことです。「学校なんか行かなくてい
い」と思えば、そもそも登校拒否自体に意味がなくなるのです。
 しかし、「学校は行かねばならないものだ」というもう常識化してしまって、家
族全員、学校全体の意識下へ入ってしまっている。意識下に入ってしまっているか
ら、「学校なんて行かなくてもいいんだ」という発想も出てきません。問題はよけ
い悪い方向へと転がっていくわけです。
 どうやってそのシステムから逃げるか。その一つの方法は、学校を徹底的に機能
化することです。つまり学校を試験を受けてそれを通りさえすればいいということ
にしてしまうのです。共同体ではなく、機能のみがあるところ、いわば予備校のよ
うな存在です。
 塾や予備校でいじめが問題になっていないのは、そこがただ勉強をするところと
いう機能に集中しているからです。反対に大学などは機能化していませんから、偏
差値至上主義になり、護送船団方式になり、みんなで同じことをするのがいいこと
だという前堤を温存してしまっています。
 学校なんて自分のいいように利用するところだと思っていればいいのです。そう
するとはじめて「なんのために大学に行くのか」「この大学院へ行くと、何ができ
るのか」と、大学や大学院に行く意味がはっきりしてくるでしょう。大学で何をす
るのかわかれば、それがほしい人間は必死に勉強するでしょうし、あわない人間は
べつのところに移っていくでしょう。それでいいのです。流動性を高めることで、
偏差値至上主義も無意味なものになっていくはずです。 
 いまのシステムではそういうことをわからないようにしています。ある種の共同
体で、そのメンバーになったらなかなか足を洗うことができないのです。本当は簡
単に足を洗えるようにならなければいけません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 自分の大事なことは自分で考えることなんでしょうが……。
なんのために……なにをしたいのか……それがほしい人間は必死に勉強する……いいな。
 老いていろいろと暇があるから、こうして考えられますができなかった自分がいる。

短歌

 会話下手いつも思うがなおらない老いてますます脳がまわらず

俳句

 忘れない桜うつくしきこころにあり

川柳

 地震やらミサイル・核もこわくなる


スポンサーサイト

Comment

自然はお利口さんですね

おはようございます
毎朝ショパンで始まります
ありがたいことでございます

暗いニュースがあると
まるで癒しの旋律となり
嬉しいことがありますと
おさなごの遊戯をみるような・・・

お陰様で毎日がたのしくて堪りましぇん!
あはは
櫻もひらいたし・・・・
  • posted by はしびろこう・ウナ
  • URL
  • 2017.04/01 11:17分
  • [Edit]

自然はいい。でも寒いです。春よ来い!です。

 はしびろこうウナ さま

 お久しぶりです。
 4月というのに寒いですね。
 しかし、桜も咲こうか、やめたがいいか、迷いますよね。
 咲こうと思えば、このまた寒さですもの。
 この毎日違う気温にはね。自然は厳しいです。
 そうですよね。
 ニュースには、悲しいことやらね。嫌なことやらありすぎますね。

 ありがとうございます。

 私も、素敵な貴ブログを、楽しませていただいていましてね。
 ありがとうございます。
 いつも、ありがとうございます。  
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.04/01 14:51分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽