おばあちゃんのひとりごと

Entries

ある町がありました。一人の旅人がその町へやってきました。

 それ浄土というも、地獄というも、外に候わず、ただ我
 等が胸の内にあり。
               日蓮


 「目、目を見ず、指、指をささず」誰でも自分のことはあ
 んがいわからないものである。
               ハンス・アンダーセン

 なんでもが、すべて、自分の心の持ち方でかわるもんです。そう思うのです。

 今朝、今日も寒そうです。”まちかど情報室” 新入学の工夫。上靴の名前着け
ランドセルの工夫、鉛筆削りの工夫。今のママのいろいろなる知恵が凄いな。
 可愛い一年生に幸あれ……心から願うのです。

 昨日あった、おかしい事を、ちょっと、聞いて下さい。いつもの喫茶店での
モーニングコーヒーでのこと。いつもの明るい奥さまが来られ、大きな声で、
「まあ、お嬢さまが来ておられるわ……嬉しい。」
 それを聞いてた、いつものおじさんが、私の傍まで来て、おっしゃる。
「どこに?お嬢さんなんて……?おる?」って、言いに来られる。アッハ。
 
 帰るところで、久しぶりに会ったご近所さん~~自転車で帰られる途中。
 なんて、久しぶりかしら、小学生の子の若いママでね。自転車を降りて……。
「エッ。……違う人かと~~人違いかと思ったわぁ……?」
「なんで~ホント、お久しぶりですね。」
「だって、ヘヤ―スタイルを変えたのですね。お若く見えますもの……」
「まぁイヤだぁ。お世辞でショ?この白髪よ。染めるのをやめてる。恥ずかしい」
「だって、前よりも、お若くなられたわよ……ホントだよ。」
「エッ!ありがとうね。嬉しいわぁ気が引けてるんですよ。暫くは我慢で……」
 その方と、大笑いした。ありがたいこと。優しさが身にしみる。いい人だな。
 お世辞とは思いながらもいい気持ち。最近は、編み込みにして、アップにしている。
そのひとことで、なんだか明るく嬉しくなっちゃている私です。昨日もいい一日。
 さあ、今日も明るくがんばろうかな。

       *

     ”一水四見”

    ひとつの水たまりを
    餓鬼(がき)は膿血(うみと血)と見
    魚は住と見
    天の有情(人)は種々の宝で荘厳(飾る)した地と見
    人は水と見るごとし
             お釈迦さまのお言葉(幸せは急がないでより)

        *

   ☆☆ 心の持ち方一つ ☆☆

    心をいつもどこに置くかで
    幸せも不幸となり
    元気でも病となる

    心をちゃんと持つ
    いつも明るく楽しく
    喜んで過ごす そうすることで

    すべては変わるもんなんです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小さな人生論ノート
            藤尾秀昭 著

 5・「旅人の話」

 ある町がありました。一人の旅人がその町へやってきました。
 町の入り口の門のところに一人の老人が座っていました。
 旅人は聞きます。
「おじいさん、この町はどんな町?」

 おじいさんは聞きます。
「あなたがいままでいた町はどんな町でしたか?」
 
 旅人は答えました。
「いやあ、前にいた町は嫌な人ばかりろくな町じゃあなかったよ」
「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です」

 また別の旅人が来る。
「おじいさん、この町は一体どんな町ですか?」

 おじいさんは聞く。
「あなたがこの前にいた町はどんな町でしたか?」
「わたしがいた町は、すばらしい街で、人々は親切で、
 あんなよい町はありませんでした」
「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です」
 と答える。

 これは逸話です。
 言い方はいろいろあるようですが、昔からある有名な話です。
 二人の旅人が来た町は同じなんです。
 結局、この逸話のいいたいことは何か。

 環境というものは「その人の心が決める」
 ということです。

 我々が何のために学ぶのかというのは、
 環境をよりよくつくるために学んでいるわけですね。
 結局環境をつくるのはその人なんですね。
 その人の心が環境を決める。
 環境に左右されるのではなく。
 環境をつくれる人間になりたいものです。
 最後に、安岡正篤先生の言葉を紹介します。

 「環境が人を作るということに捉われてしまえば、
  人間は単なる物、単なる機械になってしまう。
  人は環境を作るからして、
  そこに人間の人間たる所以がある、自由がある。
  即ち主体性、創造性がある。
  だから人物が偉大であればあるほど、立派な環境を作る。
  人間が出来ないと環境に支配される」
                  (安岡正篤一日一言)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんだか、いい話ですよね。

短歌

 春はもうそこまできてる嬉しくてひとりのわれは楽しんでいる

俳句

 北風もなんか春だと叫んでるな

川柳

 北怖いなんだか怖いお静かに


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽