おばあちゃんのひとりごと

Entries

九千九百九十五枚目の標本に、探す病原体を見出した。その瞬間の野口英世さま

 ジンクスを気にしたり、易に依頼したり、縁起をかついだり、そのほか
 迷信的な行為をする人というものは、結局、自分に消極的な暗示をかけ
 ているんだよ。
                     中村天風          

 「百遍倒れたら百遍立ち上がれ、万策尽きたと言うな。策は必ずある」
                     松下幸之助

 そうですね。やはり自分の人生は自分にあるということを知る。それが
とても大事なことと思う。”消極的な暗示” ではなく、策を考えたいもの。
 大事な小さな子供のころにいろいろとを見つめたい……そう思うのです。

 昨日は、卒業式があったようで、はかま姿の女性を見かけました。
 そういう時は、とても、嬉しいもんです。
 お母さんとご一緒の方もおられ、それも、いいですね。
 もちろん、私のことです。声をかけました。必ず、会えば、
「おめでとうございます」
「うれしいことですねえ。お美しいわ」
「夢に向かって、頑張ってね。かないますよ」
 本当に、そう思うから素直な気持ちで伝えるのです。
 若いお嬢さんの晴々しい姿は嬉しいものです。もちろん、男性もです。
 未来に向かって、頑張ってほしいからね。人生、いろんなことはいっぱいだ
けども、すべて、無限じゃァないんだからね。なんだって乗り越える、そして、
夢に向かい努力よね……そう思うのです。
 なんていうか、褒めるというより、一緒に喜んで、いい人生の始まりになる
この日、祈りたいのです。一念というのは、誰もが同じ気持ちになるという。
そこがいいのだと思えるからです。そうやって、神・仏さまも、みんなの願い
が一緒になって通じるんだな……とね。思うのです。
 だから、知らない人だって、声をかけるわたし。ふふふ。

          *

        ねがい       
                坂村真民

      一人のねがいを
      万人のねがいに

      一人のいのりを
      万人のいのりに

      一人のあゆみを
      万人のあゆみに

      一人のゆめを
      万人のゆめに

      高めてゆこう
      広めてゆこう
      守らせたまえ
      導きたまえ

          *


☆☆ わたしの初恋 ☆☆
 
   初恋
   あこがれて
   じっと
   なんだか
   見つめたくて

   かくれてみてた
   見つめていた
   ただそれだけ
   それが
   私の初恋
     
   むかしむかしのこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小さな人生論
          藤尾秀昭 著

 一念一行

 平澤興氏、(京大元総長・故人)より、こんな話を聞いたことがある。
 野口英世が麻痺狂病原体を発見したときの話である。彼は麻痺狂の脳
について、一万枚の顕微鏡標本を作った。二百枚を一組として五十組の
標本である。これを二人の助手と片ぱっしから、検査した。しかし、最
後の一組になっても、めざす病原体は見つからなかった。

  彼は二人の助手が昼の内に検査したが無駄に終わったという最後の
一組の標本を家に持ち帰り、夜を徹して検鏡した。そして、明け方にな
って、ついに九千九百九十五枚目の標本に、探す病原体を見出した。そ
の瞬間、野口英世はカッポレを踊りだし、見ていた妻は野口の気がふれ
たのではないかと思ったという。

 一万枚の標本を仮に作っても、普通の人なら、五、六千も標本を見て、
探すものがなければ、それであきらめてしまう。野口は文字どおり、最
後まで一枚もゆるがせにせず、検査した。野口の一念一行のすさまじさ
を物語るエピソードである。

 一念一行――一念を持ち、それを実現すべくひたすらに行じ続ける。
別に、大きなことでなくていい。その持続は、人生に確かな花を咲かせ
てくれることは事実である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 うーん。すごいですね。
 真似はできませんが、少しでも、真似できたらいいな。

短歌

 なんとなく疲れてしまい老い思う若いころとは疲れが違う

俳句

 白木蓮咲いてて嬉し今年も見た

川柳

 ゴリラ見たレゴで作られ写真撮る


スポンサーサイト

Comment

なんにも、実行できてない。わたしです。

 雫 さま

 こんばんは

 はい。ちりばめられていますね。
 立派な方が多くおられ、素晴らしい ”先人のお言葉” ですものね。
 あのね。
 すべて、まるうつしなんですもの。
 書いてる。なんて、とても、いえません。
 でも、ありがとうございます。


 このちりばめられた言葉は好きなんです。でも……。

 ただ、情けないでしょ。読んだりし、ここに書かせていただくだけ。

 なんにも実行はできてない自分にお恥ずかしい限り……ごめんなさい……です。

 もうドジで、むちゃくちゃなグランマでお恥ずかしい。
 いくつになっても、幼稚なんです。
 楽しんでいただけましたのなら ”ありがたい”嬉しいことです。

 こちらこそ、いつも、ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.03/18 17:30分
  • [Edit]

躾はしつけ~ほどいい、あはは

おはようございます
不思議なほど家人は亡き母に似ております
1 体形、35歳時の美空ひばり
つまり・・・・でぶ
2 坊主頭の幼子を見つけると
頭をおにぎりに・・・・あはは
しらない小学生でも撫で回しました
3 おいらは眼中にない
自分が一番好きだそうでしゅ
とほほ

日曜の朝はいいですね
ピアノを聴いて
夜明けとともに神社へ行きます
近いので
皆様の健やかをお願いに・・・・
あっ!
いかなきゃ!
あはは。
  • posted by はしびろこう・ウナ
  • URL
  • 2017.03/19 06:04分
  • [Edit]

いいお母様だったんでしょうね。

 はしびろう・ウナ さま

 こんばんは

 ありがとうございます。

 おかあさまの、その姿が、その優しさが、つたわってきます。
 わがこは、もっと、大事になされていたんでしょう。

 ピアノ お楽しみいただけましたでしょうか。
 
 夜明けとともに、神社におまいりですか。
 神さまは、早い方が喜ばれるそうですものね。
 近くても、気持ちがないといけないものです。
 きっと、
 おかげさまで、と。皆さま お健やかなる日々を過ごしておれるでしょう。


 神さまも お参りしてくれて、ほほえんでおられますね。 
 皆さまも、喜んでおられることでしょう。

 いつも、ありがとうございます。


 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.03/19 18:53分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽