おばあちゃんのひとりごと

Entries

悪いことはせず、善いことをしなさい

 さあ、わたしが好きなお話しを、ここに記します。若い頃読んで記憶に
残った話しをこうしてブログにのせたいと思うのですが、もう 見事なる
お年のわたしです。頭に入っていても、なかなか書けない、しっかり愚か
者なのです。本を探してちゃんと書きたいと思うのです。
 「四知」も丁寧に書いたらいい話しですのよ。楽しいし考えてしまいま
す。
 「あなたが知っているでしょう。わたしも知っています」だって!?

  
    本はすべて二種類に分かれる。一刻の本と生涯の本に。
                      ジョン・ラスキン


  公方俊良著より
 中国唐代の官僚であり、詩人であった白居易は帰依し、禅師の弟子になり、
ある日、鳥窠道林の寺で座禅していたとき、道林に尋ねました。
「仏の大意とはどういうものでしょうか」
「諸悪作すことなく、衆善を行うことである」(悪いことはせず善いことをする)
「そんなことなら、三歳の子供でも知っています」
「たとえ三歳の子供が知りえても、八十歳の老翁でも実行することは難しい」
道林がこのようにいうと、白居易は深くうなずき礼拝して去って行ったといい
ます。
 仏教が目指す生き方の三本柱は、慈悲と智慧と清浄です。自分のことよりも
相手のことを思う、思い遣りと優しさを持つて、お互いを支えあって生きよう
ということです。~~~

 要するに「いいことはしなさい。悪いことはしてはいけない」ということな
のですが、それが三歳の子供が知っていても、年を重ねていてもなかなか難し
い。といわれたのです。こういう話しです。
 その通りですよね。悪いことにはいろいろと魅力あることが多いですものね
ゲームばかりやってはいけない、煙草は駄目、パチンコは駄目、遊んでばかり
も駄目、他にもいっぱいですものね。とても悪いと分かっていても、ちゃんと
いいことばかりできている人はないよね。(内緒、内緒。)だけど、きっと、
しっかり、いいことばかりしてる人おられるのよね。世の中広いものね。
 いいわけして、甘い、甘えたわたしがいます。
 でも善いことをしていきたいなあー。これ本心だけど、なかなかね。難しい
しかし……
 この話、好きなのです。なんか自然に笑えて来るのです。如何でしょうか。


    人生は振り返るならば色々あり悪さもしたし可笑しきむかし

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽