おばあちゃんのひとりごと

Entries

お互いが褒め合う お世辞ではなく 相手の素晴らしいところを全力で探して……笑うこと。

 覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい。
           クリスティナ・ロセッテイ

 努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。
           井上靖

 いろんなことのある人生。悲んでいるよりも、忘れて微笑んでいるがいいわよね。

 なんだか、お金が多く街を歩いているのですね。事件の金額に驚きます。びっくり。

 昨日ですが、やっとパソコンが直ってきました。でも、すべて、消えましたので、ああ、
なんにもできない私でも少しずつ、努力。大体が出来てきたけれどもう一歩だわ。ふぅー。
 脳の足りなさをしみじみと感じつつ、できるできる。と挑戦。ゆっくりいこう。
 この間、ワインやらお食事やら、ご馳走になったお礼をもうきっと、東京へ帰られたと
思うので、東京へ手紙を書きましてね。昨日、千葉県の友達からの手紙の中に緑色の麦の
穂が和紙に包まれて送られてきました。なんだか、素敵な ”緑の麦の穂〝
 鉢で10年以上、育てておられると書いてありまいて、今春はじめて出たから見てほしく
て………と、書かれていました。見せたいと思ってくださる心が、ありがたくなります。
 なんだか、初めて見た私。そして、その気持ちがね。ありがたくて。
 子供の頃に見た麦の穂より小ぶりというかお洒落なんです。だって、小さい頃見たのは、
畑だか田んぼだかに作られたのとはね。その麦の穂とは、少々違いましてね。
 早速、返事を書きました。郵便局に出しに寄り、局員さんとペラペラ話し、この会話が
楽しいのです。昨日は土曜日なので、局員さん少なかったわ。

       *

    坂村真民さんの詩

   両手を合わせる 両手を握る
   両手で支える 両手受ける
   両手の愛 両手の情
   両手を合わせたら けんかもできまい
   両手に持ったら壊れもしまい
   一切衆生を 両手に抱け

        *

   ☆☆ 手を合わす ☆☆

    お食事をする時も
    「いただきます」
    「ごちそうさまでした」
    手を合わせる

    空を見上げ
    月に太陽に星空に
   「ありがとうございます」
    手を合わせるのです

----------------------------------------------------------------------------------------
 日経ビジネス  2015・4・20 №1788
有訓無訓                  高柳和江
 ――-省略――――――
 がんや心臓病などの病気になると、3割近くの方がうつを発症します。しかも、心筋梗塞
の場合、うつを合併すると時系列の死亡率が急増するのです。笑い療法士の使命は病院や介
護の現場で、心がふさいでいる人をその場で幸せにすること。既に740人の笑い療法士が誕
生して活動しています。 笑いの療法士が広まるにつれ、医療や介護の場だけでなく一般の
人たちにも笑い療法を広めたいという要望が生まれたため、私個人の活動として2009年に始
めたのが「笑医塾」です。きっかけは全国でワースト2位の自殺率に悩んでいた青森県の知事
さんから要請されたプロジェクトでした。自治体では、現在青森県のほか兵庫県と成田市も
取り組んでいます。
 笑うと細胞が活性化して免疫力が上がることは以前から知られていましたが、やり方を知ら
なくてやらない人が多かったですね。単なるおふざけの「お笑い」や、人を小ばかにする笑い
ではダメなんです。心からの感動が生む笑いが眠っている遺伝子を発現させ、レジリエンス
(精神的回復力)を高めることが科学的に証明されています。
 じゃあどうするか。
 第一歩はお互いが、褒め合うこと。お世辞ではなく、相手の素晴らしいところを全力で探し
て、自分が思った本当のことを言うと相手は心を開いて笑ってくれるんです。あなたは価値の
ある人間なんだということが伝わり、自尊感情が高まる。これは自殺防止になりますし、なに
よりみなさんと元気になって、本当に驚かされることが多いのです。述べ4万人がプロジェク
トに参加した青森県の自殺率はワースト8位(2013年)に下がりました。
 ――-省略―――
 
ーーーーーーー--------------------------------------------------------------------------------
致知       2009・6
 人間における笑いの研究
                     高柳和江&村上和雄
 日本の医学界に疑問を感じ外科医から医療管理の世界へ
高柳 そうして15年くらい前に帰国しましたが、日本の医療現場の実状を知って、
「何これ?」と思いました。
村上 どういう点で?
高柳 クゥェートでは、あの砂漠の国で病院には必ず木を植え、芝生があって、素
晴らしい環境なんですよ。しかも無料です。ところうが日本では、コンクリートジ
ャングルの中に冷たい医者と看護師(笑)、当然の笑いなんか起きる環境じゃぁな
い、医者には「持って6ヵ月」なんていわれて人生をあなたに決められたくないっ
て思いますよね。また日本はこんなに豊かになったのに、いまだに6人部屋でしょ
う。
 で、入院したら年配の方でも若い看護師さんから「ご飯いっぱい食べて偉かった
ね」なんていわれる。もう少し人間らしく扱ってほしいと思いましたね。
 また一方で、クウェートでは「こういう病状で、こういう治療法がありますよ」と
説明すると、遊牧民でも「先生、手術してくれ」とか「しないでほしい」と自分で決
めるのが当たり前でした。ところうが日本では、会社の社長をやっているような人で
も、「先生、決めてください」と言う。
村上 患者側も医者に依存しているわけですね。
高柳 当時は「患者の権利」とか「インフォームド・コンセント」などという概念も
言葉もない時代でした。これじゃいけないと思って私は外科医を止めて、医療管理と
いう分野に携わるようになりました。医療管理とは簡単に言うと、患者さんが心地よ
く過ごすための制度や環境ずくりですね。施設や設備といったハード面はもちろん、
システムや先に述べたようなソフト面も調えて、患者さんの自然治癒力が高まるよう
にしましょうよ、と。
 そういう流れを日本中に広めたくて、1994年に「癒しの環境研究会」を発足させま
した。で、やっぱり笑いがあるということも、「癒しの環境」であると思って、2005
年から笑い療法士を育成しています。
村上 それは、患者さんを笑わせる人?
高柳 はい、といっても、芸人の方のように「ボケ」とか「ツッコミ」は要りません。
人に安心感を与え、自然な笑いを引き出すことで相手の自然治癒力を高められる人。
 そういう人を笑い療法士に認定しており、現在は全国に約400名います。
 医療関係者が多いのですが、ご自身が病気という人も結構いて、末期がんと言われた
のに5年も生きている人もいらっしゃいます。
 ――省略――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 やはり、長い人生ですもの。笑っていきたいもんです。

短歌

 空しいと思うよりさきに笑顔です笑えば心明るくなります

俳句

 子雀ら嬉しそう春ついばんでる

川柳

 誰見ても子らに怖いと教える世


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽