おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分で織った織物をひろげて 「ああ、これがボクの人生だった」

 父親が子供たちのためにできる最も大事なことは、彼らの母親を愛する
 ことである。
               セオドア・へスバーグ
       
 心配するにしても希望を持つにしても、ほどほどにしたがいいでしょう。
               ジェーン・オースティン

 ”ほどほどに” はいいですね。なんでもを、ほどほどがいいなぁと思うのです。
 
 昨日は、雨が降らず嬉しかったわ。駅で一緒になった友と3人で、電車ででかけ、
車窓から見てると、まだまだ桜があちこちで美しくて、友人と話しながら楽しみま
した。なんだか、遠くに見える桜は、いま満開のように見えました。菜の花の黄色
と新緑の木々とで美しい自然。久しぶりの自然の風景。ありがたいわぁ。 
 10人が集まりましてね、にぎやかにぎやか、私が紫いろの帽子を被り行ったので、
「お洒落してきたでしょ」
「ねぇ、白髪にだいぶになったでしょう」
「帽子とっていいかなぁ………」
「帽子とらんでおきなさい……白髪は見たくないで……」
「帽子とってていいよ」
「じゃぁとるかな……」
「もう どれぐらい、染めてないの……」
「半年かなぁ……でもね。だあれも気にしとらん?って、近くの友に言われてるわ。」
「もう少し伸びたらいいね……もう、ちょっとだよ」
 ああいえばこういう、こういえばああいう。楽しい楽しい。にぎやかいにぎやかい。
私の白髪の話題は、もうやめようよ………みんなが愉快なんです。次々と話題が楽しい。
 いいたいことを色々と話題でて話す「89歳のバースデイを祝う会」は、大盛り上がり
でした。旧い友人で、気のおけないいい仲間で気楽なもんです。みんないい友だ。
 長い年月の付き合いで、なんともいい雰囲気の仲間が育ったなぁ。そう感じる。
 食事のあとは、コーヒーと、みんな離れ難くてね。家に着いたら6時でした。朝から一
日中……出っぱなし……でも、”楽しいからくたびれない” 心地よい疲れでした。
 昨夜、そして、89歳の友が電話を下さって、喜んでおられ、嬉しくなるのです。
 いつまでもお元気で、憧れの女性であってほしいなぁと、しみじみと思うのです。

      *

   にんげんはねえ
  どんな人でも人それぞれに
  悩みや苦しみを
   いっぱい抱えて
     生きているんだね
     ほとけさまにもいえないような
      悩みと苦しみをね
          相田みつを

       *

  ☆☆ みんなぬくし ☆☆

     会えてうれしい
     会えることがうれしい
     いいたいことを気兼ねなくいう
     
     この友らによりわれは育ち
     われがあり友がいてふんわりす
     みんなのぬくい心が伝わる

     いろんなことをのりこえたみんな
     こういう友がいて幸せになるのです
     友っていいな 友って有り難いな  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 帝王学ノート
            伊藤肇 著

 感動する心
  ――-省略―――
 かつて、ある雑誌で山内隆博さん、こんな対談をやったことがあります。
 ――さきほどから、さまざまな人のさまざま死生観についてうかがいましたが、山内さん
自身の死生観はいかがですか。
 山内 私はネ、ものごとに感動しますと、心の中から美しい糸がでてきて織物を織るので
す。そして、息をひきとる時に、自分で織ったその織物をひろげて、「ああ、これが僕の人
生だった」といっておさらばする。これがボクの死生観であり人生観です。
 ――山内さんの美意識ともいえますがネ。
 山内 僕はネ、人生で何が一番大切か、といったら、ものごとに感動することだと信じて、
います。ただし、感動するためには二つの条件がいるんです。第一に、損得のソロバンをは
じかぬこと。ソロバンをはじいたら、感動はありませんからネ。第二に、絶えず、心に栄養
を与えていないとダメです。美しい絵をみるとか、いい本を読むとか、人間的教養を積んで、
いないと感動は生まれません。
 ――阪急電鉄相談役の清水雅さんがこんど散文詩を書いていました。

 三日もつづけて/夕日を見たら/宇宙の力に圧倒されます/そんな気持ちになれる人は/倖
せなんです

 山内 わが意を得たりですネ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短歌

 久しぶり友との出会い楽しくてワイワイガヤガヤ時を忘れて

俳句

 車窓に目を見張り見るさくらさくら

川柳

 ランドセルピカピカがゆく楽しそう


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽