おばあちゃんのひとりごと

Entries

人生の失敗、無駄な苦心、骨折り、悲しみ、みな大恩人だと……つまらないマイナスの価値がプラスに変わる。

 逆境こそすばらしい光明である。
         白隠禅師

 怠惰のときは怠惰を知らず。
         春日潜庵

 そうですよね。逆境は、それこそ、その経験こそが、過ぎて気ずくもんです。

 そうそう、街路樹の新緑の緑が美しい。アジサイの葉もいきいきし、雑草は伸びる伸びる。
 昨日散歩に出ましたら、もうつつじが満開でね。びっくりしました。紅色のつつじは、嫁
ぎきた家のおおばちゃんが好きな花で「よどがわが咲いた」と、愛でておられましたことを、
つつじが庭で咲くと、その優しい亡義祖母が浮かんでね……思い出とはいいもんです。
 さあ、昨夜は、久しぶりに友人宅に誘われて、喜んで出かけました。
 美味しいワインに、美味しいお料理、温かい雰囲気、楽しい話題、ここちのよさが幸せ。
 もうバスが時間が遅いので繁華街までしかなくそこからは歩きました。
 まだ人が多く歩いておられるので、ゆっくり歩き帰る。家に着いたら、ちょうど、10時。
 帰り道に通った繁華街は大勢の人らが昼間より多いと思うほどにゆききし、若い人らが多
くみんなが楽しそうでした。久しぶりのお酒の酔いいい気持ちでほどよい疲れ………ひとり歩
きながら、「ああしあわせ。ありがたい」と、心でひとりごといいつつ……。
 とても、楽しい夜でした。心から友人にありがとうございますです。

      *
   
   「五つの言葉」
           堀田庄三

   お   おこるな
   い   いばるな
   あ   あせるな
   く   くさるな
   ま   まけるな


       *

 ☆☆ いろんな考えのなか ☆☆

    一生懸命やった 
    それなのに
    どうして こうなるの 
    怒られたり叱られたり
  
    そういうことってある
    なぜ どうして
    何がいいのか悪いのか

    相手の立場や
    相手の気持ち
    なにがいいのか
    わからなくなる
    
    どうしてかな なんだろう
    いろんな角度から
    なにかがわかってくる

    なんでもが無駄じゃないを知る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こころの開眼
              松原泰道 著

 心の中のあかり
 智慧に似た言葉に「知識」がありますが、智慧は知識ではありません。智慧と知識とは
全く別で次元が異ります。今あかりといいましたが、あかりを例にしますと、知識は車の
ヘッド・ライトに似ています。ヘッド・ライトは、前方をよく照らし、前方にあるものを
あれこれと見て学んで、頭脳を豊かにしていきます。これが知識です。ところうが、ヘッ
ド・ライトがどんなに明るくても、車の中は真っ暗です。だから別にルーム・ランプが必
要になります。
 ――-省略―――
 をさははるみさんの「独言」という詩で学びましょう。
 
 私が私になるために人生の失敗も必要でした
 無駄な苦心も骨折りも悲しみもすべて必要でした
 私が私になれたのも
 みんなあなたのおかげです
 恩人たちに手をあわせ
 ありがとうございますとひとりごと

 すばらしいひとりごとです。「私が私になる」さっき申し上げた感情のままに動いている
自我と、それを見つめてくれるもう一人自分と、その対話が実って二人の自分が一人になる、
これが「私が私になる」つまり、”心に充電ができる” ということですね。
 本当に自分というものが完成され、心に充電ができるのには、いろいろなお世話やご縁が
必要です。「私が私になるなるため」どんなご縁が必要でしょうか。「人生の失敗も必要で
した 無駄な苦心も骨折りも悲しみもすべて必要でした 私が私になれたのも みんなあな
たのおかげです」―――このあなたは複数です。
 今読みました人生の失敗、無駄な苦心、骨折り、悲しみなど、みな ”あなた” です。
”あなた” はマイナスの経験のようですが、マイナスの価値のおかげでです。あのときの失
敗がなければ今の自分はなかったのだ、あのときの逆境がなかったら今日の私はなかったは
ずです。そのときの試行錯誤なり、間違ったと思っておりましても、一生懸命やっておれば、
後になって、すべてがプラスとなって戻ってくるものです。いいかげんにやっておりますと、
悔いが残ります。私も覚えがありますが、入学試験に落ちたり、仕事の上で落伍したときは
ほんとうに悲しいけれど、その失敗が今になってみると………「ああ、あのとき入学試験に
落ちなければ今の自分はなかったのだな、ほんとうにありがとう」と、いう気持ちが起きま
す。
「恩人たちに手をあわせ」――-本当に恩人です。逆境は大恩人でした。人生の失敗、無駄
な苦心、骨折り、悲しみ、みな大恩人だと、心にあかりがついてくると、つまらないマイナ
スの価値と思っていたのが、プラスに変わってまいります。
―――省略―――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そうそう 私も大家族で過ごした日々の中での経験がなにより必要なんだ……と。
それを知る幸せ。そのような気持になれたことが成長なんです。甘えた人間だったから。
 有り難い……「大勢の大恩人たちに手をあわせ」……本当にありがたいと思う。
心から亡き舅姑にも手をあわせ「ありがとうございました」気がついて嬉しい。
それが、マイナスがプラスですよね。

短歌

 繁華街ゆけばにぎやか楽しげで昼間と違うまちのようすあり

俳句

 春の夜や星一つ見つけ嬉しくなる

川柳

 なんとなくこわいが避難のニュース読む
 

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽