おばあちゃんのひとりごと

Entries

世の中には案外、相手が時間の約束を守るかどうかで、人柄を判断する。

 「見抜く価値のあるウソ」と「見抜いても仕方がないウソ」という
 のがある。
                横田雅俊

 
 努力は報われず、正義は滅びる。だけど、それでも努力するのが
 美しい人生だ。
                秋山仁

 努力は報われず……正義は滅びる……ぐさり、それでも、努力する。そうですね。
そうやっていきているのですものね。ホント、それは美しい人生かも。
 いつもピントずれしてるからと………でも努力するのが、美しい人生なのね。
 
 昨日は、爽やかな一日でした。バスで出掛けたら次の停留所で、お隣の奥さんが乗っ
てこられた。偶然が素晴らしい。不思議になるのです。
「どこへ行くの?」
「予定はないんだけどね……」
 二人でどこへ行くわけでもなく、予定なしですので、地下街を二人で散歩した。随分
歩き、「帰ろうか」と、また、バスで一緒に帰った。どれぐらい歩いたかしら?ね。
 とても、楽しい時間になりました。こうして二人で歩けて幸せ。
 嬉しいことに、姉夫婦が沢山の野菜とお米を届けてくれ、優しさが身にしみます。
 お義兄さんが運転し、”片道が一時間半” かけてですもの。ありがたいありがたい。
蕨やら竹の子、お赤飯やらお米。ホウレンソウやらわけぎやそしてとろろ芋も入ってい
ました。嬉しい。ありがたい。感謝だわ。

      *

    アノネ
    仕事はなんでも
    いい
    ただひたすら
    じぶんの仕事に
    打ち込んでいる
    姿はみんな
    すばらしい
           相田みつを

       *

    ☆☆ 一生懸命だったなぁ ☆☆

     なんだか
     なんでもに
     一生懸命だった

     そしていつも
     こんなにこれだけ
     頑張っているのに

     そういう思い
     がんばってへとへとで
     じぶんはがんばっている

     でもそれは
     自分だけの思い
     若い日 むかし

     知らぬ間に老いていた
     もうなんにもできない
     ゆっくり穏やかないま
 
     美しい人生を歩こう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 自分を生かす選択
            東大名誉教授
              竹内均 著

 信用される人間、されない人間はここが違う?
 
 ところで、不正直な人間や信頼に値しない人間をできるだけ遠ざける方法はないものだ
ろうか。
 これには、人間を洞察する力を持つことが一番だと私は思っている。この人間洞察の基
本は、相手の本音を知ることである。どんな人間にも建前と本音があるが、その本音を探
り出すことだ。
 ところが、他人の本音を知ることはなかなかできない。酒を飲ませたり議論をふっかけ
て相手の本音を引きだすという方法もあるにはあるが、これは一種のショック療法であっ
て、あまりお勧めできない。それならば、いったいどうすればいいのだろうか。
 それは、相手がしゃべっていることよりもむしろ相手がやっていることに注目すること
である。
 どんな人間でも緊張しているときには、言葉を選んで相手から突っ込まれないように気
を配っている。しかし、無意識で何気なくやってしまうことまでは、コントロールが行き
届かない場合が多い。そうした動作に注目してみることだ。
 たとえば、トイレに入るときの動作で性格がわかるという意見もある。電車内でどの席
に座るかで人柄がわかるという説もある。そして、何を主に食べるかでも性格がうかがい
知れるそうだ。 
 もっとわかるのは、時間の守り方である。私はとくに約束の時間に遅れて来るような人
間は、気をつけ、遠ざけることにしている。「時間に遅れるくらいのことで、うるさく言
うな」と言われりかもしれないが、こんな小さな約束を守れない人間が、大きな約束を守
れるはずがない。そうした人間は、一事が万事信頼に値しない場合が多いからだ。
 世の中には案外、相手が時間の約束を守るかどうかで、人柄を判断して居る人は多い。
 そして、もしあなたが約束の時間に遅れやすい人間ならば、もし遅れたときには、あまり
弁解せずに素直に謝ることである。このとき弁解が巧みすぎると、かえって信用ができない
人間と見られやすい。弁解は不正直と怠惰の始まりなのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これは、ホント、そう思いますね。
 若いころに重要な会議に出た時に、よく感じました。大会社の立派な役職の方々は、
遅れるなどということは、絶対になく、5分前には、会議が始められるようなことでし
た。いつも、それには、当たり前なのでしょうが、それは、それは、立派でした。

短歌

 春風がなんか伝えてくれるよう耳元でこそり元気でいてと

俳句

 春祭り神社に参りありがとう

川柳

 嫌なことも幸にきりかえ生きる智恵


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽