おばあちゃんのひとりごと

Entries

子どもに人間としての「徳」を養うように導くのが、しつけのはじめだと思う

 短い人生も、美しい善い生活をするのには十二分長い。
            キケロ

 めぐりあいを大切にすると、「ありがたい」「おかげさま」となる。
 いい箴言やら人との出会いにより、自分の道はおのずからひかれゆく。
            フェアリーグランマ

  今朝も晴れてます。
 昨日は、あなね、嬉しい一日。
(今の若い人のように ”彼と彼女” と書きます。ホントは○○君と○○ちゃんと
昔の中学生のころのように呼び合う仲間ですが、ちょっとかっこよくね……ふふふ)
 昔も今も、落ち着いた優等生のままの彼が、運転して、先ず、彼女の家まで行かれ
そして、二人で私を駅まで迎えに来てくれました。そしてイタリアン料理のご当地で
有名なお店に連れて行って下さいました(予約してないと、断られたり待つみたい)
 さすがの彼です。予約をしてくださっていて、コース料理でした。彼女は言う。
「ねぇ、こんなおいしいお料理。一年に一回、食べれるかしら?だわ」
「ううん。わたしなんて、何年に一度になるかなぁ~~5年? ふふふ美味しいね」
 と、言いながら、中学生の子どもになってる。三人ともが、思い出話に花が咲く。
 その後、彼女の革工芸の作品展に、行く。素晴らしい作品を楽しみ、彼女の力作を
丁寧にみせていただき、作品の説明を受けてね。努力のすごさをあらためて思ったの。
彼女も早くご主人を亡くされた苦労人だけれども、明るく楽しんでおられ心強い友で、
 二人の子どもを、女手ひとつで立派に育てあげ、いまは孫が4人あるとのこと。
 会うは、ほとんどないのだけれども、時折メールし、かわらぬ友情が続いている。
 彼は、模範的な男性だ。地元で福祉の方面やらいろいろと活躍されてて、何役もこ
なし、いろいろなところで信頼されておられると、彼女が教えてくれるし、なんとな
くかんじられる。心は寛容だし、あたたかい人柄で尊敬できるし、昔も今も魅力ある
人柄である。中学生の時から落ち着いていて今もかわらないなぁ……そう思う。
 
 革工芸展のあとは、「お茶に行こう……」と、はじめての喫茶店に連れて行って下
さいましてね。「遇暖」という店。お店の雰囲気がお洒落で、カップは素敵だし。
白いブラウスに黒のパンツ。黒のエプロンとか…店全体が、垢ぬけてて良い感じだ。
 待っている人もあり、大繁盛してる、人気店みたい。嬉しいなぁ。
(駐車場が、満杯だったけれども……杖をついている私がいるのでニヤニヤしてね)
「フェアリーちゃんがいるで、堂々と停められるねぇ………」
「そうよ。そりゃぁ……私にもいいところがあってよかったわ。役に立ったね」
「この紅茶を飲むと良い。そしてこのケーキがいい。おいしいからね………」
「えっ、もう、食べられない。おなかいっぱいよ」
「私は、これにする。フルーツパッフフェ……」
 と、彼女はいうし、彼は、わたしに、美味しい難しい名のテイをすすめてくれ、その
優しさがつたわってきて、その気持ちがありがたくて、私は冗談のように、
「じゃぁ痩せるのは明日からね……そのローズなんとかティーとフルーツケーキ………」
{そんな素敵なケーキやら、ティーなんて、初体験なんですよ(苦笑)ビックリ。でしょ。
お酒とブラックコーヒーというなか~そういうなかを生きてきたいままでの私なんです~}
「ありがとうね。なんて今日は、幸せな日なんでしょう。うれしいわぁ」
 なんのことはない。ちゃんと彼女と私は、きれいにいただいた。
 まあ、そのきれいなローズ色のティは、甘い香りとあまくおいしい。
 美味しいのよ。彼のすべて、おごりなんです。大喜びの二人、彼の爽やかな優しさが、
ジーンとしました。なんともいえないほどの温かさを感じて、彼女と二人ニコニコ笑顔。
 (私は、心ばかり彼のお孫ちゃんへの絵本と菓子を少々…………気持ちだけ………)

 駅まで二人で送って下さって、ね。ありがたい。ありがたい。ほんとしあわせな日。
ふたりの優しさが身にしみます。「元気でいてね」「あんただがね~」「はい」と、私。
彼女は内緒で私に、革で招き猫のキイホルダーを作って握らせてくれたのよ。素敵なの‼
 みんながよくしてくれて、ありがたい。わたしです。

 あのね。ふしぎなんですの。昨日の日に決めたのも、偶然で、彼は、その日しか空いて
なかったと言うのです。それが、私が、この日と何気なく決めたんですが不思議よね。 
 ―――空から誰かが見てて、ちゃんと、そうして、くださったんですね―――
 ――-しかし私って、ほんと「幸せ者よ」と、しみじみと思う……のです――

          *
             金子みすゞ

        夜ふけて、
        天使がひとりあるいている。

        天使の足のふむところ、
        かわりの花がまたひらく、
        あしたも子どもに見せようと。

         
           *

    ☆☆ なんでもが倖 ☆☆

     どんなことがあったって
     じぶんのためなんだ
     困苦もすぐに倖になる

     そうしてそう思うとね

     なんでもに どんなことにも
     幸せはついてくるのです
     知らないうちに幸せになってるものよ

     だってすべては幸せへの道なんですもの

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こころの開眼
              松原泰道 著

 無財の施し
 教育熱心もよろしいが、さらに大切なことを学びましょう。まことにいいぬくいの
ですが、親と子の間に、別れのときが遅かれ早かれ、必ずある事実を忘れてはいけま
せん。祖父母、それから両親と別れるのは悲しいが、まあ順序です。親はいつまでも
子どものそばにいたいと思ってもそれは許されません。別れ日がいつくるかわからな
いから、子どもに人間としての「徳」を養うように導くのが、しつけのはじめだと私
は思うのです。どんな学歴をつけさせても、また、どれだけ多くの財産を遺しても、
子どもにそれだけの徳がなかったら、学問も役に立たず、財産もすぐなくしてしまう
でしょう。親がなくてもだれからも信用され、尊敬され、愛される人間の徳を子ども
に備えさせるようにしつけるのが、親の本当の教育であり、遺産であると思います。
昔からうように、「教えたようにしないが見たようにまねる」のが事実です。そのた
めにも、私たちが人間の生き方のルールである「戒」を実践するのが、子どもへの何
よりのプレゼントではないでしょうか。 今の若い人は信心をしない。などという暇
があるなら、その暇に私たちが若い人の分まで手を合わせて拝んだらいいのです。い
つの日にかは「見たように」まねてくれます。今日明日には、まねてくれません。今
の若い人は仏縁が薄い。仏縁が薄いのも、私たちの責任です。私たちは、仏縁の薄い
今の若い人たちの分まで、礼拝をしたりお話を聞いて修業してまいりましょう。
 ―――省略ーーー
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そうですね。手を合わせ日々を過ごしたいわたし。

短歌

  より添いて老夫婦ゆくやせ我慢われひとりごとひとりでいいやぁ

俳句

 もう夏日熱中症がこわくなる

川柳

 明日からね痩せようかなとひとりごと


 
 
 
スポンサーサイト

Comment

感謝☆

グランマさま
楽しいひと時を過ごされて良かったですね~
なんか嬉しくて、そっと私もお裾分けを頂きました^^

当時に戻ってあの日あの時を語り会うって素敵な事ですね☆
でも、信頼と心の繋がりがあるから長く続くのではと思いました。
グランマさまは、決して飾らず有りのままの自分を出してらっしゃるのが素晴しいと思います☆☆

欲もなく与えられた物に感謝をされていらっしゃるから、何事も思うように事が運ぶのではと思いました。
あぁ~有り難いです☆

今日も心に陽が灯りました。有難うございます☆p

  • posted by coco
  • URL
  • 2017.05/20 13:05分
  • [Edit]

楽しかった余韻を楽しみ

 coco さま

 こんにちは、ありがとうございます。
 
 そうなんです。とてもありがたい一日となりました。
 余韻を楽しみつつ(あなたからのメッセージのなかから……思いだしつつ……)

 どちらかというと、その彼女もわたしも考え方がさっぱりしてるなと思う。
 三人ともが、だから、なんとなく、気が合うのでしょうね。
 数年に一度ずつは、こうやって会えています。
 なぜか、そういう機会が、不思議とできてくるのです。

 口下手な私、お礼は心をこめて手紙にします。
 今日、二人に、丁寧にお礼の手紙を出しました。
 しっかりと、口ではお礼も言えてないと思うから……。

 不思議なことってあるもんですよね。偶然でなく必然なりね。ふふふ。

 ☆偶然は必然であるとふと思うそれが嬉しい喜びとなり☆

 いつも、有難うございます。嬉しいです。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/20 17:27分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽