おばあちゃんのひとりごと

Entries

妻に尊敬されるような男になりなさい。妻もご主人に尊敬されるような女性になりなさい。

  人生の大きな最終目標は知識ではなく、行動である。
             ハックスリー

  楽しんでやらなきゃなにごとも身につきはしません。
             シェイクスピア

 今朝は、気持ちの良い朝です。暑くなるとの予報です。熱中症対策しないとね。
 昨日のこと。楽しいのよ。ときどきにお会いし、立ち話をする老紳士にあいました。
 朝10時半ごろ家を出たら、あの95~7歳くらいかな?偶然にひさしぶりにお会いし……
「ああ…心配してましたよ。お会いあしないでね。引っ越しされたのかなぁ………とね」
 私のことです。人指し指を一本立て上に向け、笑いながら…天をさす。
「ふふふ、あそこへ、ですか。まだ逝けませんでしたよ……元気です」
「違うよ。ホントに引っ越しされたかと…お会いしないからね。心配してましたよ……」
「まあ、お元気ですね。今日はまた、きちんときめておられ、素敵ですね」
「今日は、用事があって、今から出かけるからね………」
 暫く立ち話をしましてね。楽しいのです。心配して下さるなんて、ありがたい。
 そうしたら、また、夕方お会いしたんです。ちょっと立ち話し、別れる時に、なんと、
「お金ありそうだからとられないように、詐欺が多いみたいだから、気をつけて………」
「詐欺の人もお金が無いのはわかるようです。かかってはこないから……わかるみたい」
「気をつけて下さいよ」と、言ってくださいます。笑ってわかれましたらね。
 ……ふふふ……テレビチャンネル……偶然です。
 すぐに、夕方のテレビの特集で ”ロマンス詐欺” という、詐欺が世界中で横行してて
日本のその女性もロマンス詐欺にあわれたという特集をやっていました。英語で恋してる
甘い言葉…歌を歌ってくれたり…心をくすぐる愛の言葉…そしてお金を振り込んで…って、
次から次といろんな新しい犯罪は出来てきてまたそれを信じる人がおられ驚き……でした。
ビックリするような大金をとられたとか?イギリス人を装う……全然ちがう国の人……。


          *

           相田みつを
      やりなおしが
      きかねんだなあ
      人生というものは

          *

   ☆☆ わが人生の未来 ☆☆
 
      せいいっぱいに
      人生を生きてる
      生かされ老いて
      未来へまだまだ未来へ
    
      もうその未来は
      何も考えずにいこう
      ただただゆっくり
      ただただ笑ってるわ

      穏やかに静かに感謝し
      わが人生にある未来へ
      たのしみよろこび
      かんがえぼけないようにね

-------------------------------------------------------------------------------------
神様にほめられる生き方
                 春日大社権宮司
                    岡本彰夫 著
いのちや知恵、
伝統を伝えるのは女性。
仕事を全うし、
家族を守るのは男性。

 奥さんは家の中で一番大事な宝物
「血は水よりも濃し」ということわざがあるように、血縁関係とは格別なもので
す。でも、自分の家族を見渡してください。一ヵ所切れたところがあることに気
ずづけませんか?
 私と子どもは血がつながっています。妻と子どもも血がつながっています。と
ころが、夫婦だけは血がつながっていない関係なのです。つまり約束だけで成り
たっている関係。にもかかわらず、親や子どもに言えないこと、見せられないこ
とが、夫婦の間ではそれができます。 
 夫婦というのは、理屈ではなく生のつき合いなのです。ご主人が外でどんなに
立派なことを言っていても、奥さんは生身のご主人の姿を知っていますし、ご主
人も同じです。つまり互いにすべてをさらけ出し、よいところも悪いところもみ
な知り尽くしている。それが夫婦です。
 すべてを知っている妻がそのうえで夫を尊敬しているのであれば、夫はひとか
どの人物だということになりますね。
 江戸時代の人相研究家、水野南北先生が誌(しる)された「南北相法極意修身錄」
という本の中に、こんな言葉が載っています。

「一人の妻だに我心に隋(した)がはざれば、天下の人皆我が道に隋がはざるなり」
現代語にすると「たった一人の妻さえ自分の心に従がってくれないような人間は、
社会に出てもみんな自分に従がってくれない」となります。つまり、たった一人の
妻すら言うことを聞いてくれないような者が、表に出て偉そうなことを言っても、
人は聞いてくれない、という意味です。妻に尊敬されるような人物でこそ、会社で
も信頼が篤く、上司や部下も一目おいているということでしょう。ですから、南北
先生は、
「妻に尊敬されるような男になりなさい。妻もご主人に尊敬されるような女性にな
りなさい」
 と諭しておられるのです。さらに、こんなことも誌されています。

「妻よろしければ物自ら熟して家次第に盛んなるべし」

 家庭というものは、奥さん次第で変わる。奥さんが素晴らしければ、家族みんな
幸せだというのです。奥さんという存在は、家の中で一番大事な宝物ですから、ご
主人は奥さんを大事にしなければなりません。その代わり、奥さんも持てる力を十
分発揮し、宝物になりなさいということです。そうすれば、夫婦のきずなも自然と
生まれてくるでしょう。
 もちろん、順風満帆な毎日が続くわけではありません。ときには、波風が起きる
こともあるでしょう。しかし、いろいろな問題を一緒に解決してこそ、思いが深く
なるし、いたわり合うようになるものです。夫婦が互いに尊敬し合えたら、こんな
理想的な家庭はありません。 
 ――省略ーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 大事な家庭の大事な基本だと思う。ですが……私はどうかなぁ?泣けるう?
 (ああ、もう、忘れちゃいました。むかしむかしのことだから………)
 

短歌

 老夫婦ささえあいゆくバス乗るも美しき哉よき光景よ

俳句

 老いひとり元気にゆこう初夏のなか

川柳

 ゆったりと心だけでも裕福に


スポンサーサイト

Comment

こんにちは~~~♪

何て、しゃれっ気のある、ユーモアに溢れ、ウイットに富んだ紳士なのでしょう。

あぁ、そんなふうに年を重ねていきたです!
グランマさんの周囲には、歌子さんのように、自然とそのような方々が集まるのですね。
というか、グランマさんが引き付けられている。^^ヾ

今日もいいお話をありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
  • posted by 窓
  • URL
  • 2017.05/23 11:14分
  • [Edit]

感謝☆

グランマさま☆

久し振りの出会いは嬉しいものですね^^
グランマさまは、発する言葉が優しくてユーモアがありますね。
相手の方も同じような感性なので、見えない所で繋がっているのではと感じています。

今日の言葉も深い意味がありますね
家庭は女性次第で明るくも暗くもなると聞いた事がありますが、、
これが難しい(笑
頭で理解しても心が・・反発しながら頑張っています^^;

>夫婦が互いに尊敬し合えたら
ここなのでしょうか? 人生の未来に向かって想いを少しでも改めようと思いました。

素敵な言葉とお導きを有難うございました☆P
  • posted by coco
  • URL
  • 2017.05/23 13:14分
  • [Edit]

なんだかひとりだからついついのびのびのグランマです。

 窓さま

 いつもありがとうございます。

 あなたに、そういってもらえますと、空に飛んでいきそうよ。ありがたいわ。
 いまはひとり、こころがのびのびとゆるんでいる。
 
 
 昔は、大家族だったから、ひとこと言えば、あちらこちらから 有り難いお言葉。
 ”ピシャリ”でもそれが私には、人生のいい勉強になりました。
 いまも、その毎日があったからこそ、いまの私になれたなぁ~~とね。
 だから、ときどき、その時のことを思いださないとね。ふふふ。

 でも、いつも、あなたが、そう言ってくださってありがたい。感謝です。

 楽しくしたいですものね。

 歌子さん、素敵です。とても、いいですよね。好きだわ。頑張ろう……と。
 
 さあ今日も一日が終わります。

 そして、「ああ疲れた」 誰もいないからね。
 ついつい、「ほんと、つかれたよ~」とひとりごとです。

 こちらこそ、有難うございました。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/23 17:33分
  • [Edit]

その方ね。立派に老いておられる。それがいいですよね。

 coco さま
 こんにちわ、いい天気ですね。
 散歩に出たんですが、くたくたで情けなくなります。
 よれよれになり歩いていたらね。後ろから、誰かの声が……
 コーヒーで、会う。ご近所さんの男性でした。ちょっと、停まりいわれる。
 自転車でさわやか。   「こんにちは、どこに行ったの?頑張ってるね」
            、「こんにちは、もう歩けない感じだわ……へとへとよ」
             「わたしは自転車だでいかんわ。歩いてえらいもんだ……」
             …………歩かんと病が悪くなるしなあ(心の中)……
 「さあ―」といかれた。二言三言…ありがたい。元気出る。


 そうですね。今日の本の一節ね。

 夫婦として、いいですね。この言葉は、とてもいいですね。
 夫婦って、ありがたいもんです。
 いいことはいいので、心にもっていたいね。(偉そうに、言うでしょすみません)
 なんでもが、自分が、ちょっと、考え方を変えるだけで、すべては、変わります……ね。
 だから、そのときだけでも、そう、ふと、思えるだけでもいいと思うわぁ……


 わたしのようにひとりだと、何でも言えるもんです。
 もう、どうにも、できないんですもの。ね。ふふふ。
 みんな忘れてしまってね。
 ……悪い夫で、悪い妻だったんだろうなぁ……それさえも、忘れてるわぁ。

 ありがたいことに、すべては遠い日のなか。

 だから、今日から、亡夫を、尊敬していこう。
 

 素敵な言葉です。そう努力したら、ホント、いいと思う。
 
 いつも、こちらこそ、ありがとうございます。


  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/23 18:16分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽