おばあちゃんのひとりごと

Entries

「吹雪と親の言葉は、どんなにかたく閉ざしても、どこからか入ってくるものだそうです。

 「どうして。なぜ」などと言ってくる子どもには、「自分がされたらどう?
 体験させてあげようか」と逆襲すればいいのです。誰でも嫌なもの、痛いも
 の、損をすることの好きな者はいません。このことだけは、大人も子どもも
 共通なのです。
          小野田寛郎 著 「君たち、どうするの?」

 幸福な人間は、つねに善良である。
          ドストエフスキー

 小野田さまのこの言葉。大事なことですね。そう思います。
 昨夜のこと。ある友人から、ホント、久しぶりに、電話が入ったんです。
「あのね。どうもあの方ね。少々、認知症になられたみたいだよ」
「エッホントに……」
「あなたは少しは感じていた?……なんだか、そのそばのご近所の人がいわれてたのよ」
「うううん?全然知らなかったわ? 私は、わからなかったわぁ………?」
 つらくなるようなことを聞き、まだはっきりはわかりませんが。聞いてて寂しくなる。
 年とともにろいろありできてくるものです。老いていくんですもの。今から先は見えず
わからない未来、それは身にしみて、考えさせられます。誰にもわからないことはあり、
努力するだけで、努力では、それは、どうにもならないことです……ものね。

     ”子ども叱るな来た道じや
        年寄り嗤うないく道じゃ”

 夕方、散歩に出たら、いつもいく喫茶店の若者に偶然に出会ったら笑顔で話しかけて
てきたので、すこし立ち話する。
「いまごろどこへ行ったの?」
「散歩だよ。今からどこ行くの?」
「今から仕事だよ~~」
 こんなグランマと話しても、楽しくないだろうになぁ……と、心で思いつつ……ね。
 それを、そうやって声をかけてくれるありがたさを、感じ、こうやって、日々、そ
ういうことが刺激になり、脳が働いてくれたら、あんがい、いいのかもと青年に感謝
しないとな、と、心の中で、ひとり思うのです。「またね」と、手を振り帰る。
 ああ ああ いちにち 一日は過ぎゆきこうして今朝は来るわ。ありがたいこと。
 
          *

            相田みつを
      いいですか
      いくらのろくても
      かまいませんよ
      たいせつなことはね
      いつでも前を
      むいて自分の
      足で自分の
      道を歩く
      ことですよ

          *

   ☆☆ じぶんなんです ☆☆

     なにかがおきたとき
     じぶんのことなんだというに
     ちっとも気づけずにいた
     
     じぶんのことじゃぁない
     あの人がこのひとが
     こうしたからああなってこうなった

     ついそうおもっているじぶん
     そうじゃぁないんだ
     すべてはじぶんにあった

     そこに気がついた
     おそすぎたけれども
     まあいいか ゆっくりいこう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こころの開眼
                松原泰道 著

 般若心経のこころ
 行動する知恵
 何年前でありましたか、山形の将棋の駒を造る天童へまいりました日は、大変な雪の日
でした。当時、ホテルではありませんでしたが、新しい日本建築の旅館に泊まりました。
 翌朝、入湯をするために廊下を歩いていると、新しい廊下に白い塩のようなものが、う
っすらと見えます。通りがかりの仲居さんにききましたら、「吹雪でございます」と答え
てくれました。若い仲居さんですが、続いて口についてでた彼女の言葉が忘れられません。

「お客さま、吹雪と親の言葉は、どんなに固く閉ざしても、どこからか入ってくるものだ
そうでございます」と親を亡くして何十年も経って、しみじみ今、このことを思いだしま
す。仏法、毛穴から入るということは決して冗談ではありません。
 ――-省略―――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 なんだか、ジーンとしましてね。
 将棋の中学生の藤井四段(14歳)が、19連勝ですね。楽しみです。


短歌

 なんまいだなんまんだぶつ亡義祖母のようについひとりごと夏の夕暮れ

俳句

 夏の夕ひとり昔を懐かしむ

川柳

 愚かな我考えるより即行動


スポンサーサイト

Comment

きにしてくださってすみません。

 ありがとう、です。感謝。
 嬉しいですね。娘さん しあわせいっぱいきますよ。
 ありがとうね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/26 10:07分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2017.05/26 13:10分
  • [Edit]

幸福な人間は、つねに、素直で単純である。かな?

 
 あなたへにしますね。
 こんにちは、ありがとう。
 感謝しています。

 たぶん すべてに素直(ふふふ)といえば聞こえはいいですが、お馬鹿な単純人間です。
 なんでもを、いいことはいいとね。
 信じてしまうからでしょうか?
 
 でも、いつも、ありがとうね。感謝しちゃいます。うれしいわ、

 つも、良かれと思い言っては、失敗も多いわたしです。
 
 ”良薬口に苦し” ふふふ。私が良クスrと思っても、違う時ありますものね。仕方ないですが……。

 ですので、良かれと思いつつ、自分が泣くことが、多々あるんです。

 いつも、ほんとうに、軽はずみなのかも? の私。

 あなたは、素直に聞いて下さって嬉しいわ。
 元気出ますわ。さあ頑張ろう~~とね。ありがとう。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/26 15:51分
  • [Edit]

Re: 自分が持っていて捨ててしまった……

>  あなたさまへ

  捨てていいじゃァないですか。
  忘れていいじゃァないですか。
  そう思うのです。
>  
>  ちょっと、あのね。わたしは心配してましたのよ。
>  でもありがとうね。
>
>  そうなんです。なんでもを、ちょっと、考え方を、その方向を変えたらすべては変わるもんです。
>  若いころ、いつも、そうしていたのよ。
>  そうしていたら、自然に、ラクに、できるようになります。
>
>  なんでもが、自分がいいと思ってやることが、いちばんいいんです。
>
>
>  私がそのころに作った川柳ですが、
>
>     ……一歩外 でれば渦中がよく見える……
>
>     ……プレゼント 笑顔は誰にも 贈れます……
>
>  あんがい、どんなときでも、いろんなことから、離れてみる。外に出て見れたらね。
>  なんだか、すべてが、変わって見えるもんですものね。
>
>  ありがとう。ホッとしましたわ。
>  ホントは、いらんことで、よぶんなことを、したかなぁ~~と心配してたの。
>
>  
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.05/26 16:07分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽