おばあちゃんのひとりごと

Entries

恋は人を賢者にする。恋は相手を尊いもの、理想的なものとしてみる。よい恋はみなそうだ。

 かわいくば 五つ教へて 三つほめ 二つ叱って よき人となせ

                   二宮尊徳 

            

 昨日は、せっかく写真展なので、写真展に出かけてきました。写真はいろいろとあり、その当番の方が、いろいろと教えてくだされ楽しめました。中でも、案内状にあった、鷺草の写真を写された方で、

その写真が好きでしたのでね。いろいろとその折の工夫の話を聞けました。ありがたい。暑い日で、近いのですが、バスで大回りして帰りましたが、クーラーがききバスの心地よいこと。お隣なられた方とお話が弾み、楽しくなりました。

 一日が早い早い。困ってしまうほど、過ぎ行く日の早さです。台風が上陸とか、被害がないように過ぎてほしいものです。さあ今日は何しましょう。楽しい日にしたいなぁ~~。

  


           *


              金子みすゞ


     けんかのあと


    ひとりになった

    一人になった。

    むしろの上はさみしいな。


    わたしは知らない

    あの子が先よ

    だけどもだけども、さみしいな。


    お人形さんも

    ひとりになった。

    お人形だいても さみしいな。


    あんずの花が

    ほろりほろり。

    筵の上はさみしいな


          *


   ☆ なんていうかな ☆

  

    誰にも好かれたい

    そう思うとつかれてしまうから

    じぶんがいいとおもう

    それだけすればいいな


    それはただ

    じぶんのためにね

    じぶんがそうしたいから

    なんていうかな それがいいと思う


    自分がいいと思う それでいい


-------------------------------------------------------------------------------------------

 日本人の心に響く名言

             川村真二 著


 しのぶれど色に出にけりわが恋は

    ものや思ふと人の問ふまでの平 兼盛)

 --人に知られないようにひそかに抱き続けてきたこの恋心。でも恋する者の切なさは、ふとも

らす吐息にも表れてしまってらしい。「お顔の色がすぐれませんが」「恋でもしましたか」と人が

問うまでにーーー

 作者は三十六歌仙の一人である平兼盛。光孝天皇の玄孫であったが臣籍に下り、平姓となった。

表題の歌は、村上天皇の前で行われた内裏歌合せで詠んだものだ。題は「忍恋(しのぶこい)」

 この歌合せでは、壬生忠見の秀作。

 「恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか」

 と一位を争った。判者が甲乙つけられず迷って帝を見ると、「しのぶれど」を小さく口ずさんで

いた。そこでこれを勝ちにとしたという。この両者の歌は、藤原定家の編んだ秀歌『小倉百人一首』

にも入っている。

 恋は本来、忍ぶ恋である。おおっぴらな人前で平気でべたべたするようなものは、恋とは言えな

い。忍ぶ恋は片思いもそうだが、相思相愛の恋も、人目をはばかる恋は、すべて忍ぶ恋だ。だから、

逢瀬がうれしいのである。

 恋は人を詩人にする。その人のことを思うと切なくなる。今頃あの人は何をしているか。しばら

く会っていないがどうしているだろうかと思う。恋をした瞬間から世界は変わる。輝いて見えるか、

憂愁に見えるか、どちらかだろう。風が吹いても雨が降っても、落ち葉、降る雪、明かりを見ても、

コーヒーを飲んでも、何かにつけて恋しい人を思い出す。そして思うことはいつも同じだ。今、あ

なたがそばにいたらどんなに楽しいか。それを思ってまた切なくなるのだ。その切なさはロマン詩

人の切なさだ。

 恋は人を勇者にする。その人のためなら何でもしてやろうと思う。その人を思い出せば雄雄しく

戦おうと思う。勇気は来いから生まれる。

 恋は人を賢者にする。恋は相手を尊いもの、理想的なものとしてみる。若いとき、純情なときは、

とくにそうだし、よい恋はみなそうだ。そして自分を相手にふさわしい人間に近づけようと努力す

る。少しでも喜んでもらおうと精進するのだ。すてきな恋をする者は、己を磨く。

 恋は人を弱虫にする。弱いのは、恋する人の言葉、しぐさ、表情だ。この一言は何を意味する

の? あのしぐさは何? あの表情はどうして? 顔には出さなくても、豪放野郎も磊落男もおて

んばも、恋する者はみんな、心の中で女々しいのだ。

 忍ぶ恋のため息は、千年の後も続くのである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

よい恋はみな………自分を相手にふさわしい人間に近づけけようと努力する………いいですよね。

よい恋をしないとね。


短歌


  子も孫もいきいきがんばるありがたい老いゆく日々はそれが嬉しい


俳句


  梅雨だからじとじとしててかびはえそう


川柳


  なんでもを経験し人はひとになる


 

スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

恋は人を賢者にする!
いつも恋をしていたいですね。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.07/04 10:24分
  • [Edit]

この恋~~説得力ありますよね。

 S-masa さま
 こんばんは、ひさしぶりに、ひとことが楽しいです。ありがとうございます。
 そうですよね。
 この恋は、すごい、説得力ありますよね。
 そういう恋。いいですね。 
 渡しは、ドラマの恋に、恋するだけだわ。それでも、賢者になってたらいいいな。ふふふ。
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/04 18:40分
  • [Edit]

NoTitle

拍手コメントありがとうございました。
私も中村天風さんとか村上和雄さんの本を読んでたりしたので、共感できる事が多くあります。
素敵にお歳を重ねていられるご様子で、目標にさせていただきます(^-^)
  • posted by スマイルバナナ
  • URL
  • 2017.07/05 00:15分
  • [Edit]

少少幼稚なんですが~私。ふふふ。

スマイルバナナ さま
 ありがとうございます。
 少少単純で幼稚なんですが~~そこが、なんでもを、素直に信じるところうがいいのかもです。ふふふ。
 だから、本を読むとすぐに信じてしまいましてね。
 大好きなお二方さまですわ。ありがとう。

 あなたが言ってくださいますように、素敵に年を重ねて生きたいと思っていますのよ。

 ありがとうね。優しいコメントをね。がんばろうかなぁ~~またね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/05 11:29分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽