おばあちゃんのひとりごと

Entries

『先祖のたたりだ』というんで、今日お参りにやってまいりました。

 昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。

             アインシュタイン


  将棋:藤井四段29連勝14歳、新記録樹立。公式戦連勝記録の28を30年ぶり塗り替え、新記録を打ち立てた。すごいですね。中学3年生。自分でも信じられない。といわれておりましたが、すごいこと。

 さあ今日は歯医者によやくしましたので、もう少ししたら、行くのです。

 昨日はですね。久しぶりにたまに行くお店にランチに行きましたらね。お店に入る前にドアがさぁーと開き男性の店長さんが、ニコニコ笑顔で、「いらっしゃい」って!

 なんだか暖かい気持ちになりましてね。いつものかわいい女性店員も声をかけてくれまして、いい気持ち。たまにしか行かないのに、このグランマにはいつも、とても優しいいのです。

 おいしくいただき心地よくて、帰りのバス停まできたらね、少し前にバスが出ちゃったところ。

 待っておられたご婦人お二人は友達で幼馴染という……「地下鉄に行こうか、どうしよう……」と話しておられるので「地下鉄まで行くのに時間かかるし、階段が……ね」と、つい私が言いましたらね。

 お澄ましの方が「歩いてもすぐよ……」といわれた。(バスは30分に一度)

 でも、もう一人の方が待っているようなことをいわれ、あと20分ほどだけど、待つことにされた。

 待つ間、私とその二人のおしゃべりが始まった。バスが来て乗り私が降りるまで、えんえんと続き、なかなか面白い奥様方で~~~話がつきないのですもの。「もう降りるの~~」「うん」「またね」「今度ね。偶然に会えたらいいね」「また、偶然に会えますよ」「そのときは、声かけてね」。

 はじめのうちはそのお一人の方は澄まして「今から銀行に行くの」といわれ、銀行に電話をしておられたりし、でも少し話しているうちに、すっかり、打ち解けられて仲良しになりました。もうひとり、あとからバス停に見えた方も、微笑んで私たち3人が楽しく話すのを見ておられ、時々話に入られてね。老いるとはいいものですぐに打ち解けて仲良くなれるのですもの。

 しかし私のこと。

 今度この3人にお会いしても、わからないなぁ? 私は、顔が覚えられないわぁ~~。だからいいのでしょう。そう思うことにしています。


 そして、昨日は孫のバースデイでしたので、いつものように、メールでお祝いしたらねえ。孫からの返信メール。ここに、ちょつとだけね。優しい孫だわ。楽しんで勉強しているようでうれしくなるの。


        ……―省略―ー

          あっという間に大人になりました。

          ―省略―ー

          毎日忙しくてついていくだけでやっとだけど、医学部にきて

          よかったなぁって思う日々だよ。毎日楽しいよ。

          ありがとうね。おばあちゃんも良い一日を過ごしてね……



         *


           稲盛和夫


     私はだんだん

     年がいくに従って

     ますますポジティブに

     明るく感謝して

     という生き方に

     なってきました


     一切ネガティブなことは

     考えまいと

     それはネガティブなこころが

     ネガティブを呼び込むと

     考えるからなんです


           *


    ☆ うつくしいきれい ☆


     はなが咲いたら

     美しいね

     きれいだわ


     そういうといいのです


     人間も同じ

     うつくしいきれいだわ

     いう人もいわれた人も


     輝き磨かれ素敵になるんです


-----------------------------------------------------------------------------------------

 こころの開眼

                      松原泰道 著

 声なき声の対話


 私は、よく亡くなった人が迷っているかどうかと、たずねられます。

 何年か前のことですが、私の寺へあるひとが36年ぶりで訪ねてまいりました。当時、私は寺に、

住職として、ちょうど30年目です。その人は36年ぶりに寺を訪ねたというから、であうわけはがあ

りません。その間に一度もご先祖の墓参をしたことがないというのですから、すぐに想像されまし

ょう。

 「あんた、何か悩んでいますね」と誘導尋問をしてみました。その人はびっくりして、「はい、商

売もうまくいかないし、何をしてもケチばかり続くのです。ある人に見てもらってら、『先祖のたた

りだ』というんで、今日お参りにやってまいりました」と申します。私が黙っていると、その人は、

「本当に先祖はたたるんでしょうか」とききます。私は答えました「他人ならたたるとということは

あるけれど、先祖はたたるものではない、たたるようなのは先祖じゃあないから、縁を切ったらいい」

と景気よく励ましたら、その人は、にこっとして、「話のよくわかるお坊さんだ。でも、どうしてこ

んなに災難が続くんでしょうか」と不思議な顔をします。わたしが「それがたたりですよ」といいました。「なんだって、あなたは今、たたりなんかない」といったじゃないか」と私に食ってかかります。「落ち着いてお聞きください。私は、先祖のたたりじゃあないといったのです」「そんなら、何のたたりなんですか」「まだおわかりになりませんか。あなたのおっしゃることは逆なのです。生きている子孫のあなたが、なくなった先祖にたたりをしているのです。お気の毒に亡くなって何もできない人をあなたは、たたりだといって恨んでいるが、あなたこそ先祖に冷たい仕打ちをして先祖を泣かせているのではありませんか」と申したことです。

ーーー省略ーーー、

 詩人ジャン・タルデューの作った詩を紹介して、巻頭文とされました。

 私はこの詩の第一節で全部つきていると思うので、第一節だけご紹介いたします。


     死んだ人々は、還って来ない以上、

     生き残った人々は、何か判ればいい


 親でも、子でも、だれでも死んだ人々は帰ってこない以上、その人びとが生きてこの世にいたら、お

そらくわからなかった何かが、その方の死のおかげで、胸の奥の深いところで納得できるものがなければならないと、この詩はうたいます。

 親が死んで、はじめて目が覚めた、という例は、今も昔も同じです。それを思うと、人間というものはそれほど利口になっておりません。しかし「あなたがお亡くなりになって、本当にわかりました」といって、泣きながらお礼を申すところに、言葉で通じない、しかもそこに深く通っていくものがありますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

”ご先祖様がたたり”などなさるはずがないと、思っていました。ご先祖様はいつも、守ろうと思っておられると思うからね。守りたいという思いが、当然と思いますもの。ご先祖さまならね。そして、なかなかお参りにゆけなくても、わかってくださると、見守りくださると思う私。ご先祖様なんですもの。

       ”ご先祖様ありがとうございます” 



短歌


 店先に珍しく和紙並べられ便箋にしてふみ書こうと買う


俳句


 友は汗ハンカチで拭く初夏の日


川柳


 どこかで子の泣く声のして不安なる夜



スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

偶然の出会いに楽しいひと時を過ごせたようですね。

お優しいお孫さんの誕生日おめでとうございます。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.06/27 20:17分
  • [Edit]

そうです。いいもんです。

 S-masa さま

 こんばんは、日ごろが一人ですので、誰かに会わないとね。
 話すこともなく、一日が終わりますのでね。
 そういう出会いが、ありがたいのです。
 楽しく過ごしたくて~~ね。
 ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.06/27 21:32分
  • [Edit]

時は『金・かね』なり

おはようございます
やはり休みの朝はショパンがいいですね
今日明日は臨時のお休みです

最寄の駅まで車だと10分足らずですが
歩くと40分くらい掛かります

車じゃ勿体無い
この浮いた30分で
街を見たり犬のお散歩をみたり
どうやら思考が育ちそうです
まだ歩けますし・・・・

歩くということは
誰ぞに時間をいただいた・・?
ありがたいことでございます

ショパンさんにも宜しくお伝えください
あはは。

  • posted by はしびろこう・ウナ
  • URL
  • 2017.06/28 05:42分
  • [Edit]

”時は閑なり”ふふふ

 はしびろこう・ウナ さま

 おはようございます。
 お久しぶりです。
 今日と明日はお休みですか?いいですね。
 私は~~毎日毎日、お休みばっかりで~~
 私は老人そのもの。
 医療センターに、今から出かけます。

 ショパンいいですよね。ショパンの魅力で朝からコメント嬉しいわ。
 ショパンさま。ありがとう

 わたし、若いころはいつも『時は金なり」実感でしたが……
 走りまわってたな………老いた今は毎日が暇でしてね。ふふふ。
 ありがたいといいますか?寂しいといいますか?幸せというか? 

 そうそう、歩くのはいいですよね。
 今日は曇りですし雨かもで、暑さが、梅雨空がちょうどいいですね。

 なんと言いましょうか『時は閑なり』かな?
 平凡ですね。もう一工夫しないとね?

 『時は優雅なり』

 しようかな?
 閑を、喜び、時を優雅に~~ふふふ、過ごしたいわぁ。
 
 どうぞ、歩くことを優雅に楽しまれ、くだされませね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.06/28 07:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽