おばあちゃんのひとりごと

Entries

「あのときこうしていたら、もっと違った結果に?……」過去を悔やみ、将来に不安を抱く……。

 ひとりでいる力をつけよう。

         トーマス・ブラウン


 うそつきは本当のことをいう場合も信じられない。

         キケロ


  外を見たら、グレイ、雨の朝。

 さあ、今日は二ヶ月に一度の予約受診、今から出かけます。予約といえども、一時間以上は遅れます。もう朝早くから行き(検査があるので~)、半日は病院にいると、すっかり疲れちゃいますが考え方をいつでも切り替えて ”待つのはいやだ” と思わず ”待つのも楽しい” とね。先生は一人ひとりに優しいから診察がおくれるのですもの~~ね。ありがたいと考えるのです。考え方ひとつですもの。

 

 昨夜のこと、携帯に知らない番号でかかり ”誰かしら?” と、でたら、菩提寺の近くすむ友人でした。ご主人の携帯が ”かけ放題” の契約になっているからと、そういえばそういっておられたなぁ?

 とても親孝行な女性でね、ひとときは、お姑さまとご自分のお母さんとおふたりを家で介護されており、昨年、お姑さまが亡くなられ、今は、おかあさん(95歳くらい)を介護しておられるのです。

 いつも、”あなたは立派よ”と、いつも、褒めるのです。だって、本当にそう思うからね。心優しいいい友です。ほんとうはお兄様夫婦が見ておられたのですが、いろいろとあり引き取られたのです。

 友の姿を見ながら、私よりお若いのですがその行動力、さっぱりした愛情を感じていいなぁと……。

「いつも、褒めてくれて嬉しいわ。でもあんまりちゃんと見てるわけじゃぁないだよ~~」

「そんなの。いいだよ。毎日のこと。いろいろ会って当たりまえよ~笑ったり怒ったりあるよ……」

 ニュースで老老介護のニュースをやっていましたが、老いた私も考えさせられます。しっかりと自分でちゃんとひとりで暮らせるように、日々を気をつけて元気でいないとなぁ~と思うのです。

 そうそうこの間、菩提寺の前住職さまが、掛け軸を下されましてね。いまも掛けてあるのですが、親鸞聖人様のお言葉ですが。もう一枚「書」を下されましたのでその表装を頼んだんです。その友は、「書」を習っておられるので、お知り合いにのその表具師様に頼んでいただいてたの。奥様が急に亡くなられ、仕事ができない状態だから………と。

「そりゃぁ奥様がお亡くなりになられご主人様はお辛いでしょうね。わかるわぁ。わかったよーー」

「そうだよね。さみしいよね。仕事なんてしたくなくなっちゃうよね。また、ランチにいくね」

「話がいろいろとできて嬉しい。ありがとう。うん。暫くは表装しないね。またランチしようね」

 一時間くらいの長電話、夜があっという間。楽しかったわ~~。


           *

             坂村真民

       今

     大切なのは 

     かつてでもなく

     これからでもない

     一呼吸

     一呼吸の

     今である


           *


      ☆ 今が大事なんだ ☆


      今しなければ

      ならないことは

      今することです


      今考えなければ

      いけないことは

      今しないとね


      今が大事なんです

      今をちゃんと

      生きることです


                ああそれがなかなか

     わかってはいるけれども

     いまをたいせつにしないとね

-------------------------------------------------------------------------------------

 禅が教えてくれる

 美しい人をつくり                枡野俊明 著

 「所作」の基本」 


 過去のことは悔やまない。

 将来のことを不安に思わない


「あのときこうしていたら、もっと違った結果になっていたはずなのに!」「五年後の

自分はどうなっているんだろう? 恋人もできないままだったらどうしよう」。ときど

き、そんな思いが渦巻くことがありませんか? 過去を悔やみ、将来に不安を抱く。悔

恨や不安の中身はともかく、誰にでも経験があることだと思います。

 しかし、過ぎ去ってしまったことは、変わりようのない事実です。今になっていくら

悔やもうと、取り返しがつかない。やり直すことはできないのです。また、将来どうな

るかは、そのときになってみないと、わかりませんね。今、気を揉んでもまったく意味

はないのです。

 禅に「即今、当処、自己」という言葉があります。即今はたった今、当処は自分がい

るその場所、自己は自分自身、ということです。少し解説すれば、「今やらなければ、

いつやるときがくる、今しかないではないか(即今」「ここでやらなければ、いったい

どこでやる。ここしかないではないか(当処)」「自分がやらなければ、誰がやる。自分

しかいないではないか(自己)」ということです。

 今、自分が置かれている場所、状況のなかで、やるべきことを、自分自身で一所懸命

にやる。それが生きているということだ、とこの禅語はいっているのです。

 生きている一瞬、一瞬が大切です。過去を振り返ったり、将来を創造したりしている。

暇はありません。やるべきこと、できることは、今、あなたがいるその瞬間、その場所

にしかないのです。

 「過去だ」「将来だ」と ”よそ見”をしている間にも、人生の時間は確実に流れていっ

てしまいます。今を見つめることを忘れたら、時は空白のまま過ぎていくーーーといって

もいいでしょう。もったいなくはありませんか?

 「放下着」という禅語は、なにもかも捨ててしまえ、ということです。まさにそれ、過

去も将来も放っておけばいいのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この心は、やはり、老い、ふっと、気がつき老いることもいいもん。でも、もっと若いときに知るともっといいかも…でも、そういうことも考えずに、暇もなく、一所懸命よね。


      ―過去は悔やまない。将来のことを不安に思わない―ー


 これは思うことより、自分がそうやって過ごしてきたからであり忘れる………

 また将来は、自分が夢を持ち努力していくことだなぁと、不安にはね………


 


短歌


 友は汗流れハンケチ拭いているうらやましくなるその汗の輝き


俳句


 梅雨らしくない梅雨がきて梅雨となる


川柳


 またいじめそのニュース見てまた涙


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽