おばあちゃんのひとりごと

Entries

「人に生きがいを与えるほど大きな愛はなく、人から生きがいを奪うほど残酷なことはない」

 他人の不幸や傷みを自分の傷みとして感じるのが、人間だけが持つ優しさ

 なのです。他人の心の傷みを思いやる心、想像力こそ愛なのです。     

                      瀬戸内寂聴


 想像力こそが愛ね。そうでしょうね。

 昨日は、手紙が二通届きました。お二人とも文芸誌の記念パーティでお会いしました方でしてね。

 それから、文通の友人となりました。また次の記念パーティでお会いできるのを楽しみにしているのです。5年ごとに東京であるのですよ。元気でがんばっていたいわ。

 その手紙を読みながら楽しくなりました。ここに少し書きますね。私を褒めてあるところだねけ。ふふふ、いくつになっても褒められるのが好きなだめな。ああ、愚ランマ。

 まず、千葉県の友人は、ボランティアをなさったり、ご主人とお二人の生活とか、素敵な老女性。

 

      ~~~~ご夫君には、大切にされていらっしゃたご様子ですね。

      フェアリーさんは、活動的なご性格のうえに多才ですから~~~~~~


 そして、東京のとても若い友人。お仕事をがんばっておられるの。ちょっと、ここにね。

  

      ~~~~先日は誠実なお手紙 とても心打たれる思いで読みました。

      その後、苦しい時は過ぎて~~~~~


 ふふふ、褒めてくださったところだけでしょ。ああ良かったわ。元気そうで嬉しくなりました。若い時は色々とあるもんで、よくわかるんです。わたしもよく悩み苦しんだもので、老いてしまうと不思議よね。なんでもをラクに越しているわ。経験からかしら? いいえ横着になったんでしょうね。ふふふ

 若さっていいなぁそうやって悩み苦しみを経験して、あたたかな魅力あふれる素敵な女性になられ、心の幅がひろがりますものね。今もとても素敵な友人なんだけれど、ますますよね。

 そうそう、その喜びの手紙でわたしが元気をいただいたのかも? 弱気になっていたのか? からっと晴れたせいか? 湿度が去ったからか? その手紙からか? すっかり、体調が良くなりましたの、自分勝手よね? やはり、私 ”病は気からのようです~~” 気力がなくなっていたのでしょうね。

 さあ、暇の中、面白く考えてみました。


             ☆ 毎日・あいうえおで ☆


     あ ありがとうといい           あ あかるく

     い いつも 感謝する日々を       い いばらないで

     う 嬉しくて喜ぶ日々を          う 有頂天にならず

     え 笑顔いっぱいの日々を        え 遠慮の気持ちを持ち

     お おかげさまでを 口癖         お おごる心をもたず


 そういう気持ちで過ごそうかなぁ………すぐ、忘れるのですが~~ふふふ。笑えるでしょ。

 


      *

        金子みすゞ

    大漁

  朝やけ小やけだ

  大漁だ

  大ばいわしの

  大漁だ。


  はまは祭りの

  ようだけど

  海の中では

  何万の


  いわしのとむらい

  するだろう


     *


   ☆ ミルクセーキ ☆


   小さい頃に

   はじめて

   ミキサーというものを

   父が買ってきてくれた


   そうしてはじめてつくってくれたのが


   冷蔵庫の氷ではぐしゃぐしゃ

   街の氷屋さんに氷を買いにいき

   みんなの目がミキサーに集中した

   卵と牛乳と氷と砂糖だと思う


   ミルクセーキができる


   ミキサーにかける

   そのおいしいことったら

   ミルクセーキといってたなぁ

   お母ちゃんがつくってくれた

   みんなみんな大喜びをした


   ちいさかったわたしも「なんておいしいの」って


   この間喫茶店で誰かが「ミルクセーキ」って!

   あるんだ!あるんだね! ミルクセーキ!

   びっくりしちゃいました。

   突然に昔の夏の思い出があふれた


(冷蔵庫の氷だと駄目でかき氷用の氷、当時は一斤といって買うだったかな?だと思ったわ)

-----------------------------------------------------------------------------------------

 「いい話」のおすそわけ

              太田典生 著


 ”スペア” のきかない歯車になる


 元津田塾大学教授、医学博士の神谷美恵子さんは、「人に生きがいを与えるほど大きな愛

はなく人から生きがいを奪うほど残酷なことはない」と語る。

 ヴィクター・フランクル博士がナチ収容所での生活を綴った「夜と霧」の中にも、「生き

る目的のある人には、ほとんどいかなる生き方も可能である」とある。

 自分の意思でこの世に生まれてきた人は一人もいません。それだけに、「自分は本当に生

きている価値があるのだろうか?」と、絶えず迷うのが人間です。

 そのとき、自分を必要とする人が現われたり、交わす言葉の端々や微笑み返すまなざしに、

「あなたのお蔭で励まされています」という感謝が感じられたとき、人は勇気ずけられる。

 恋をしている人が生き生きしているのも同じ理由からです。

 人間疎外の世の中とは、「この人なしでは」と求められることもなく、「あなたでなくても

他の人や機械で間にあいます」と言われ、隅っこに追いやられる社会です。他の何ものにも

置き換えられない一人ひとりの存在価値を互いに認め合い、磨き合うことが大切です。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「この人なしでは」 そう思う人ばかりです。大事にしたいですね。


短歌


 あちらみてこちらみてもハンカチで汗拭くを見る街の風景


俳句


 公園は鳩が真夏の陽浴びていた


川柳


 あちこちでひとやすみして汗拭く人



スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

二通の手紙で
フェアリーさんの魅力が十分表現されているようですね。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.07/02 17:56分
  • [Edit]

恥しげもなくでしょう(笑ってね)

 こんばんは、おかしいでしょ。
 笑っててくださいね。
 お世辞を言ってくださってるのに、すぐ、調子にのるのです。

 また、あなたさまの、お上手だと思いながらも、やさしさがうれしい。
 ありがとうございます。

 私だけかもですが、そのひとことで、その優しさでやる気がでて、元気になるもんです。
 
 ありがとうございました。感謝だわ。
 

 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/02 18:58分
  • [Edit]

NoTitle

わぁ~すごい~!
☆毎日、あいうえお・・・ とっても素晴らしいですね。

グランマさんが、日々そのように暮らしていらっしゃる言葉だと、感じました。
下行が、特に心打ちました。

いつも、たくさんの気付きを教えて下さり、
ありがとうございますm(_ _)m

でも、中々そうできないのです(反省ばかりです)
  • posted by まめママ
  • URL
  • 2017.07/02 20:37分
  • [Edit]

できてないのは私なんです。

 まめママ さま

 こんばんは まあ、ありがとう。そうやって、うけとめてくださって、うれしいわぁ。
 ありがと。
 でも、面白いでしょ。楽しくね。私が、きっと、いちばん 実行、できてないかな。

 でも、そういう心で過ごしたいなぁ~と、思ってる。
 
 そうしたいと心がけてるときは、まだ、いいけれども~~ね。
 自分ながら、笑える人なんです。
 笑顔だけは、自然にできている。
 これだけは、大丈夫なんだけれどもね。ふふふ。

 なんでもを、楽しく明るく過ごしましょう。
 それがいいわよね。ありがとうね。嬉しいわ。 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/02 21:56分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽