おばあちゃんのひとりごと

Entries

「阿吽の呼吸での察し」と「思いやり」の文化を築いてきた。

  人は無我夢中に急いで結婚するから、一生悔いることになる。

                    モリエール


  年寄りになったから賢くなったんじゃありませんよ。用心深く

  なっただけです。

                    へミングウェイ


 今朝も暑いわぁ。蝉の鳴き声がすごいです。

 昨日、友人から電話が入りましてね。今日会うことになっていたんですが………大変。

 「庭の草取りをしてて1メートルほどの、段差から落ちてしまい圧迫骨折してしまっ

たから行けないわぁ。安静にしているように~と言われたのよ。痛いけど暑いから~」

 ベルトも断ったという。びっくりだわ? その上に、その中を出来ることは、ぼちぼ

ちとやっているという。なんと頑張り屋さんなんだろう。

 私も3年前くらいになるかな?もう身動きできずに、動けなかった。寝たきり状態で、

息子ら夫婦にお世話になりぱなっしだった。あの痛さは今も忘れられない。

 嫁ら息子らの姉やらの優しさに涙し感謝だった。あのありがたさは、忘れられない。

 トイレに行くときだけ、長い時間をかけて起きて行き、後はただ上向きのまま寝てた。

そのとき、長男が、

「お母さん、今まで看病はいろいろとしてきたね。看病されたのは初めてだね……」

 

 自然一日一日と ”日にち薬” とは、こういうことだなぁと思ったものです。

 でも

 どうも、彼女は動いているという。私とは違うようだ。私が辛抱が足りないんのかな

ぁ………?考えてしまった。私は寝たきりで痛くて動けなかったなぁ。痛み止めが頼り

で、{こんなに痛いことがあるんだ?}ってしみじみ思ったものでした。でも、石膏を

した友は、「何で痛いの?」と、言っていたな?「エッ」こんなに痛いというに?

 みんないろいろらしい。しかし。痛かった。忘れられない。

 あの泣きつらかった ”圧迫骨折の日々” その痛さとみんなの優しさ~~思う。

 心から、友よ。早く治りますようにと願う。

 ご近所さんも、圧迫骨折したと先日話しておられたなぁ。転ばないようにしないとネ。

そして、女性の場合は、カルシウムをよほど、摂らないと思う~~しみじみと思うわ。


       *

     やさしい言葉は

     たとえ

     かんたんな

     言葉でも

     ずっと

     心にこだまする。

         マザーテレサ

       *


     ☆ 窓の灯り ☆


      ゆうぐれどき

      家に帰るころ

      あちらの家も

      こちらの家も

      灯りがついてくる

      それが嬉しく


      むかしむかし

      お母ちゃんがいるなぁって

      ただそれだけで

      なにより嬉しかったなぁ

      

      今はどこもここも明るいからなぁ

      そういう今の世もいい。

      マンションのの灯りのつくのを見ながら

      いいなぁ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「いい話」のおすそわけ

               太田典生 著

「襖型人間「と「ドア型人間」

 和辻哲郎博士は、襖の文化の中に日本人の人間関係を見ていました。

 襖は紙でできていて、鍵もかからず、音も筒抜けです。しかし、日本人は、それをドアに

も匹敵する厳然たる「隔て」として過ごしてきました。 

 襖や障子で生活する中で、絶えず隣室を思いやり、人の気持ちを察しながら育ち、細やか

さと同時に慮りすぎるほどの感受性を訓練されてきました。

 意思の具体的な表示がなくても、襖が閉まっていれば「入ってほしくないのだな」と察し、

ヒソヒソ話が聞こえれば「聞いてほしくないのだな」と察するという、名人芸とでも言うべ

き「阿吽の呼吸での察し」と「思いやり」の文化を築いてきたと言えます。

 他とは厳然と区切られて、音も聞こえにくいドア文化の中で、物事をはっきりさせながら

育った欧米人たちとは違います。しかし、この頃では、団地やマンションなどのドア文化の

仲で、しかも鍵っ子として育った若者たちが多くなっています。

 ひょっとしたら、日本流のコミュニケーションが適用しなくなったのは、こんなところに

も一因があるのかも知れません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なんか、昔の田舎の家を思い出します。そうだったなぁ………。

 「阿吽の呼吸での察し」「思いやり」ねぇ~~いいですね。


短歌


 亡母想う褒め上手で病気がちそれでも弱み見せぬ強き母


俳句


 汗だくで力士ゆく街浴衣映え


川柳


 大記録白鵬出して嬉しいな




スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

お友達は災難でしたね。
早く良くなると良いですね。
僕も昨日はガラスで手を切り、蜂に刺され、災難の一日でした。
救急ばんそうこう2枚使用で済んだ小さな災難でした。(笑)
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.07/22 12:38分
  • [Edit]

とんでひにいるなつのむし・・・?

さて
こんにちは、土曜の昼下がりでございます
お暑うございます・・・
我が家は土間を開け放し(日除けのよしずがございます)
屋根まで蔦う琉球朝顔
これって建物の汗の為?
川面よりの風が心地良い
風鈴が涼しげなのはわたくしだけでしょうか?

さきほどかみさんが帰ってまいりました
開け放した建物は涼しいでしょうといったら
にべもなく
エアコンの方が涼しいと言って
ピシャットと窓と扉を閉めました・・・とほほ

しんとうめっきゃくしても
夏は暑い・・・・あはは。

  • posted by はしびろこう・ウナ
  • URL
  • 2017.07/22 15:28分
  • [Edit]

いろいろとね。起きてきますね。

S-masa さま
 こんにちは
 何だか、心配でね。
 友人には、手紙を出したけど。
 やはり気になり、先ほど、電話して聞いてみましたが~~痛そうでした~~。
 でも、まだ、わたしより、よさそうかなぁと思え、これぐらいでよかったなぁ?

 私は忘れられない、あの日、あの時。家族がみてくれたし、寝てれば痛くはない。
 心の中では{いまの世の中、こんなに痛いのを我慢しないといけないなんて?~~}思いながら~~耐えたな~~~
 
  ~~”のどもと過ぎれば、熱さ忘れる~~” ですね。忘れてしまってました。

 あなたさまは、まあ~~よかったですこと。
   <絆創膏2枚………>
 守ってもらえましたね。ありがたいこと。
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/22 16:39分
  • [Edit]

夏の風情。いいお住まいですね。

 はしびろこう/ウナ さま。

 いいですね。なんだか日本の夏の風情。
 頭に浮かんでまいります。素敵ですが~~私のまわりは、ふふふ。楽しいですよ。

 この暑さ、熱中症がね。怖いね。友人との会話。大笑いしながら~~楽しい~~のよ。
「ね。ね。思うでしょ。クーラーをケチしてて、もし、死んじゃったらみっともないわよね」
「そうそう、それはね、それは、アッハ、惨めすぎね。日本の風情といいたいけど、それどころじゃないわよね」
「ケチじゃなくやってても、生活でてて、思われちゃう、熱中症、気をつけないと……ねぇ」
「アッハ、楽しいね」
 
 風鈴は、私は、とても大好きなんです。
 でも、ご近所さまから、音で、苦情のくる気のして……?ね。
 笑えます?でしょ。それはそれで、おかしくて楽しくて嗤えるでしょ。
 そうそう。

 ”心頭滅却すれば火もまた涼し” ああ 私には、まだまだ修行がほどほど遠いわ。

 ”言ってられないクーラースィッチポン”

 いつも、ありがとうございます。
 暑いのも、いいですね。日本の夏です・・・いいものですね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/22 17:26分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽