おばあちゃんのひとりごと

Entries

どんな場合でも、心をこめて、ていねいに行うことで、日常的なおじぎがさらに美しい

 人の一生には、晴れる日もあれば曇る日もある。雨の日にもあれば

 風の日もある。しかしそれらの風雪を凌ぐことによって、人生にひ

 としお深い味わいがでてくることも事実である。 

                   伊藤 肇


  朝から蝉はにぎやかです。寝てても楽しくなります。頑張れといいたくなります。

 昨夜は、菩提寺の近くに住む友人から、久しぶりに電話があり、一時間以上も話せ、

「お盆には、お寺におまいり来るでしょう」

「うん。あなたは都合いいの」

「そのときは会いたいからね」

 気楽に何でも話せる人なので、嬉しくてね。私がそちらに行く時は「連絡してね」と

いつも、いわれているのです。今日、手紙をだしたところで「お盆のお参りの13日にい

くよ」とね。だから、電話をくれてありがたい。一緒にランチすることになりました。 

 そして、ね今朝は、もう少ししたら出かけるんです。

 いつもの旧い友と久しぶりに、私が電話しコーヒーの約束を、昨日したからね。

 彼女とは35年ほどになるかしら? つかず離れず、の距離で長い付き合いです。彼女

は高級ブランドでお洒落、似合うし裕福で幸せな暮らし。本人は、その倖に気ずいてい

ない。あたりまえの毎日ですから気はつかない………その身になれば、気づけないのでし

ょうね。いつも、言うんです。

「あなたみたいに幸せな人はないわよね~~わかっているでしょ」

「どこが幸せなの? ひとりで、こうやって暮らしてるのに~~あなたもじゃない~~」

「はい。はい。わたしも幸せですよ~~同じですよ。おたがい幸せね~~ありがたい」

 ときどき、こうして会うと、おたがいにいいたいことを、いい、それもいい。

 今日は、雰囲気よく明るく楽しい話をしよう。いい時間にしないとな。ふふふ。


   ☆マイナスの思考の友はどんなこともマイナスに思うプラスにせねば☆

                        フェアリーグランマ

       *

      七転八倒

      つまずいたり

      ころんだり

      するほうが

      自然なんだな

      にんげんだ

      もの

         相田みつを

       *


    ☆ すこしでも気持ちが~~ ☆


      泣いたから

      泣いた気持ちがわかる

      怒られてたから

      怒られた気持ちがわかる


      病気になって

      病気の人の気持ちがわかる

      つらい悩み苦しい悲しいさびしい

      そういうことを経験したから


      でもでも わかったと思いつつ

      わかってはいないのかもな

      少しでも気持ちが~~

      わからないもんですね


-------------------------------------------------------------------------------------------

 あほうかしこのススメ

               塩月弥栄子 著


 おじぎには「真」「行」「草」があります

 どんな場合でも、心をこめて、ゆっくりと行います


 おじぎは、日本ならではの挨拶の作法です。ところが、最近は、おじぎをきちんと

できる人が少なくなって、とても残念に思っています。首だけをチョコンと下げる人、

背中や肩を丸めてえびのように丸くなってしまう人など、どれも美しくありません。

きれいなおじぎの基本は姿勢です。まず、頭のてっぺんを紐で吊られているように意

識して、美しい姿勢で立ちます。そのまま上半身を傾けていきます。頭のてっぺんか

らお尻まで一直線になるようにします。ゆっくりと頭を下げたら、そこでいったん止

まり、あせらずに、ゆっくりと頭を上げていきます。心をこめて行いましょう。

 

 おじぎの「真」「行」「草」

 おじぎには「座礼」「立礼」とがあり、そのどちらにも「真」「行」「草」の3種

類のおじぎがあります。「真」は深いおじぎ「草」は浅いおじぎ、「行」はその中間

のおじぎです。というと、「真」はていねいなおじぎで「草」は軽いおじぎだと誤解

される方がいますが、おじぎの形が違うだけで、ていねいでないおじぎなどありませ

ん。日常生活の場面によって、おじぎの形を使い分けますが、どのおじぎでもていね

いにゆっくりと行い、形に心をこめることが大事です。

 

「草」のおじぎに心をこめる

 もう昔のことになりますが、ある病院でお世話になった女性に、「草」のおじぎで

見送ってもらったことがありました。病院の玄関先ですから、「真」のおじぎは合わ

ないと考えたのでしょう。しかし、そのおじぎは実にていねいで心がこもったもので

あり、彼女が「草」のおじぎで「真」の気持ちを表してくれたことがわかりました。

今でも心に残るすばらしい出会いでだったと思っています。

 どんな場合でも、心をこめて、ていねいに行うことで、日常的なおじぎがさらに美

しものになると思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 おじぎは心おちつかせてひごろより、ちやんとしたいものです。


短歌


 バイク音あの音がいいの街のなか響かせ走る一瞬ゆく


俳句


 汗のでてじとじとしてて夏がゆく


川柳


 夜も昼も寝てもおきても暑い夏




スポンサーサイト

Comment

NoTitle

グランマさん、こんにちは!
ややこしいことで、お手を煩わせました。
前のブログはタイトルが変えました。

削除はせずに、そのまま置いています。^ - ^
本当に毎日、暑いですね!
どうぞご自愛くださいませ。
  • posted by 窓
  • URL
  • 2017.07/30 17:39分
  • [Edit]

ありがとうね。楽しみです。

ありがとうね。いつもやさしくしてくださってありがとう。
どうしていいのかわからないけれども、いつもちゃんといい道が、不思議と開けてくるもんなんです。
不思議と、ちゃんとなりゆくものです。人は自分の頭に描いたようになるといいます。
だから、いつも、あなたのことを頭に描き思い浮かべています。どこか出会えるかもですよね。
信じているんですよ。いつも、お互いに、前に前にとねえ。お元気で明るく楽しく喜んで生きましょうね。
あなたもお体を大事になさってね。楽しい時間を心からありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.07/30 23:08分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽