おばあちゃんのひとりごと

Entries

今夜は一瞬に消え・気力も失せて。自分にファイト。

 川柳
   一ページ延命拒否と先ず記す
 俳句
   ほどほどに寂しさもあり落ち葉踏む
 短歌
   さびしいときどうしているのと問う友にどういおうかと心とまどう


   言葉は八分にとどめて、あとの二分は、むこうでかんがえさすがいい
   わかる者には言わずとも」わかる。
   わからぬ者には、いくらいってもわからない。


  吉川英治氏の俳句
    元旦や今年もどうぞ女房どの


  
 もう秋か。--それにしても、何故に、永遠の太陽を惜むのか、俺たちはきよら
 かな光の発見に心ざす身ではないのか、--季節の上に死滅する人々からは遠く
 離れて。
                    ランボオ「別れ」小林秀雄訳


 既に秋ーーーしかしなにゆえに永遠の太陽を惜しむのか。私たちが聖なる光
 明の発見につとめているのであれば、---季節の推移従って恍惚の死を遂
 げるひとびとからは遠く離れて
                    ランボオ「別れ」宇佐美斉訳


  訳者によってこのように違うと言うのです。なんか面白いですね。
 中野孝次著よりです。
 わたしたち若かったころの文学青年にとって、ランボーの詩句は代表だった。
ランボーの研究の学者から。小林訳著は、翻訳をさんざん指摘された。それでも
われわれは小林訳だからこそ感銘を受けるのであって、他の訳はたとえ性格でも
感銘は受けなかった。
 文学の世界ではしばしばそういうことは起こる。デンマークの作家アンデルセ
ンの原作は大した作品でもなかったが、それが森鴎外によって「即興詩人」とし
て邦訳されると、とたんに一世を風靡する名作となった。鴎外の日本語が花を咲
かせたのだ。----

 これからは若い方が翻訳をされる時には、このことを思い出して訳されたら、い
いかもです。

 今夜は寒いですね。一生懸命に書いたブログが一瞬で消えてガックリです。始め
のうちはよくやって泣きましたが、久しぶりにやってしまって、いつまでたっても、
情けないおばあちゃんでね。気力が無くなりましたがーー
 気力・体力・時の運……
      頑張っていこうかなあーー
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽