おばあちゃんのひとりごと

Entries

真理は「心配するのが当然だ」「かわいそうだ」……「事実は同情しない」

 他人の言葉、他人の行動を軽率に非難するな。

               トマス・ア・ケムビス


 おろかなる者は思うこと多し。

                松尾芭蕉


 さあ、八月に入ったと思ったら、もう、今日は七日。昨夜は月がきれいでした

 台風の近ずいてくるせいか、今朝は雨で案外涼しくて、蝉も鳴いてないわ。 

 台風が、どこにも被害を少なくしてさっていってほしい。ダムにだけ~~。ね。

 昨日は、お盆にみんなで集まる日が決まり、嬉しいなぁ~~孫たちはそれぞれが

忙しそうですが、こうしてみんなに会えることが嬉しいなぁ。若い頃は、甘えてて、

亡両親が待っていてくれたというに、そんな気持ちを思うゆとりもなく、過ごして

しまったなぁと思い出すのです。親の心がジーンと、今、伝わってくるのです。 

 今美味しそうな”桃”が店に並んでいてね。私の一番上の姉が、しゅんの果物が大好

きで、初物が好き。昔のこと。高価でも買ってよく食べてて、母がいつも姉を見てて、

「花子や、嫁ぐとそんなことはしておられんよ~~今は出来るけれどもね」

 と、案じていましたが、それが、そういうお店に嫁いだのです。働くばかり働いて

はいましたが、好きな果物は食べれる家であるようで、母が喜んでいたのです。

 母の友達が来ててお茶を飲みながらに、母が嬉しそうに話していたのです。

「ああ~案じたことなかったな。花子は、しゅんの傷んだ果物だとしても食べている」

 と、言っていた姿が笑顔が、思い出されます。私とは13歳も上の姉。優しくて可愛ら

しい姉でした。次姉も大家族に嫁ぎ(姉妹がみんな大家族に~)みんな苦労してたな。

 誰もが苦労あるもんだと老いて振り返ると、当然を思うのです。そこをいかに、明る

く楽しんで、乗り越えていくか~~頑張っていくか~~よく考えて生きる。そう思う。

 もう、その姉も亡くなりましたが~~いろんなことが、ふーと思い出されます。

 

      *念ずれば花ひらく*

                   坂村真民


         念ずれば

         花ひらく


       苦しいとき

       母がいつも口にしていた

       このことばを

       わたしもいつのころからか

       となえるようになった

       そうしてそのたび

       わたしの花がふしぎと

       ひとつひとつ

       ひらいていった


             *


       ☆  悩んでもくるしんでも ☆


          なにがあったとしても

          いつまでもつづく

          そうじゃぁない


          どんなことにも

          必ず道はひらく

          いいことだけを思い


          すごすこと

          なんだってしらぬまに

          なんとかなるものなんです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 中村天風の教え

             松本幸夫 著


 「百害あって一利なし」というのが取り越し苦労なんです。


 「取越苦労厳禁」は天風の教える日常生活での心構えである。

 天風哲学では「今」この瞬間を積極的に生きることを教えていく。ところが、取越

苦労というのは「未来」のことである。明日にならないとわからないことを今日心配

するのは愚かなことである。まことに、百害あって一利なしである。しかも、時間が

経過すると、明日だったその日は、「今日」になる。そう考えたら、未来というのは

「ない」といえる。ないものを心配するほど人生は長くないと思うが、いかがであろ

う。

 人生とは、その人の「心」が築いていくものだ。だから、取越苦労という消極的・

否定的な心の状態を続けていると、未来は本当に悪い方向へ進みかねない。

 天風は「事実は同情しない」ともいう。つまり真理は「心配するのが当然だ」「か

わいそうだ」というように同情してくれるものではない。その時の心の状態に応じて、

未来の結果が生じてくる。どんな理由があろうとも、取越苦労をしている人には、そ

れなりの結果しか生じない。

 常に心は積極的状態を保つことを忘れてはならない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いつも、頭の中にいい事を描く。ですよね。

 取り越し苦労なんて、しても仕方ないですものね。


短歌


  墓参り千の風よねご先祖さましっかり見てて頑張ってるから


俳句


  台風の予報を聞きて空を見る


川柳


  親子連れ街は賑わい夏休みだ





スポンサーサイト

Comment

グランマさん、こんにちは〜

ただいま、我が地域に台風接近中です。

けれどまだ、嵐の前の静けさを保っております。

念ずれば花ひらく、心に刻みました。
お母様の想い出とともに、グランマさんの心に触れたようです。

お盆が楽しみですね〜〜

歳を重ねる良いことを、今日もブログで教えていただきました。
ありがとうございます^_^

  • posted by 窓
  • URL
  • 2017.08/07 12:48分
  • [Edit]

こんにちは。

台風の影響か?今日は暑い猛暑日になっています。
皆さんの集まる日が待ち遠しいですね。
台風が何事もなく通り過ぎますように。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.08/07 13:09分
  • [Edit]

私の唯一の楽しみ。嬉しいわ。

 S-masa さま
 
 台風も、最近は変わってきましたね。 
 どうか、どこにも、被害がないように、と、願うのです。

 なんか、私って! 気持ちが、バレバレ 見たいですね。ホント、なぜ?かしら~~?

 小さい頃の、この童謡がつい、口ずさみたくなるのですよ。ふふふ。 
 「もういくつ寝ると~~」です。(苦笑)

 はい。ホント、なんです。ありがとうございます。
 
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.08/07 15:19分
  • [Edit]

Re: いい言葉ですよね。そう思うわ。

 窓さま
 いつもありがとうございます。
 台風さぁーっと、いってほしいですよね。
 被害がないように願うのです。どうぞ、お気をつけてね。>
 
 「念ずれば花ひらく」

 いいですよね。祈りは念ずることだと思うから~~手を合わせるとき、いつも、思うの。
 うんうん~~お盆は子ら夫婦が来て、ビールを楽しめるのが、すごい、嬉しい。楽しみ。
 ご先祖さま(ちょっとごめんなさいだわ)を考えることより、ふふふ、それが何よりの幸せなんです。
 みんなに会えることが、いちばん嬉しいのです。

 でも、ご先祖さまには、13日に菩提寺にゆき、よく感謝し、おまいりしてくる~~んです。

 ”千の風よね” それを信じて、きっと、いつも、どこかで、見ておられると思うのよ。ね。

 嫁らが何でもやってくれるので、私は、ビールを楽しめるわ。
 ありがたいわぁ~~ホント、へんなグランマでしょ。
 ひとりだと~~ね。11日が、楽しみなんですの。

 いつもありがとうございます。感謝。
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.08/07 15:23分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽