おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分の座に正しく坐らないと、転げ落ちて、泥の中に顔つっ込む。

  まちがったことをして、それに苦しむことのできない人間くらい、 

  度々まちがったことをする人間はない。

                 ラ・ロシュフコー


 昨日・今日は、友人がドライブで一泊の旅に連れて行ってくれた。

 彼女の運転で、高速道路を走り、会員制のホテルへ。旧い友人で四人です。

 昨夜はみんなで美味しい料理とお酒。幸せな時間。友達の語るのを聞きながら、

みんなそれぞれの人生を、楽しんで上手に生きているなぁ~~と、感じ、嬉しい時。


遠い山々が美しく見えて、私が喜ぶのを見て「都会に住んでるからね~いいでしょ」

青い空に白い雲に緑のやまやま~~「そうよ~~嬉しいわぁ~~ありがとうね」

 またの約束をして、駅まで送ってもらい、くたくたになり家につく。

 しかし、この友人らはやさしすぎで~~私に、よくしてくれすぎで、涙がでます。

ありがたくてね。いい友人です。泣けるう~~。

 ずーと、楽しみにしていたのですが、もうすんじゃいました。

 ありがたい。おかげさまで。たのしくて。うれしかった。ありがとうだわ。


       *

    きょうもうれしいです

    楽しいです

    ありがたいです

    という言葉を言った時には

    非常ななんとも言えない快さを感じる

          中村天風

       *


 ☆ かたらいのなかに ☆


    ひとと話すが

    むつかしいと

    最近思う


    なぜならば

    会話の下手さに気がつかされ

    いや 脳の働きが悪い


    かたらいのなか

    思うこのごろ

    足早やに老いているなぁ

    

----------------------------------------------------------------------------------

 ゆっくりしいや

               大西良慶 著


 心

 ---省略ーーー

 反対にいい例もある。十九歳の娘が日本一の碁打ちになったという。人は天才やと褒

めそやす。いまいったように、突然変異としての天才なんてあるわけはない。正しい仕

事をして、正しく仕上げたものはこうなるわね。前の世からこの世へ持ってきた荷物、

次の世へ持っていく荷物の大事さやの。

 俗にいうわね。あの人は金もつかわん、遊びにも行かずに、小金を貯めたまま死によっ

た。損な奴や。つかいもせんと結局は人につかわれる。アホな奴や。それにひきかえ、何

の某は、借金して思い切り遊んで死によった。ウマイことしょった、そんなことあらへん

の。今の世でも。貯めた人の判がなかったら銀行から金が出ないように、人の金を勝手に

つかうことはできない。反対に借金は死んだから帳消し、そんなこともない。後々までつ

いて回る。善根を積んで、善の貯金をして、損をするということは、決してあらへんの。

 仏法でいう因果は、正しいものやの。


 話は連絡があるやないやわからんが、仏教では木や石の仏様を拝む。木や石を拝んでど

うなる、とこういう。なるほど仏様は木や石や金属でできている。物質やの。けれども、

その木や石や金属や物質を拝むと、木や石の仏様が説法をされる。生きておられる。それ

はどんなふうな説法かというと、目から教えるの。わしの格好を見てみよ、といわれる。

 仏様はね、蓮の花の上に坐っておられる。蓮の花は泥の中から出てきて、シューっと立

ってポンと花開く。そこに仏様の座がある。仏様は、蓮の花の上を立ったり坐ったりして

おられる。その坐り方立ち方が大事なの。正しく坐らんと、花と一緒にひっくり返って、

泥の中へ落ち込んでしまわなければならない。仏様が、蓮の花に坐っておられる顔は、難

儀も心配もない。怖いこともない。実に悠々としておられる。人間も同じなの。蓮の花に

坐るように、自分の座に正しく坐らないと、転げ落ちて、泥の中に顔つっ込む。まっすぐ

でない人が落ち込むの。職人は職人、医者は医者、学者は学者、みんな自分の座を見つめ

なければならない。お父っつあんはお父っつあん、お母さんはお母さん、娘は娘の座に正

しく坐らなあかんの。三代、五代続けて坐らなあかんの。

 人は、常に仏様の顔を見ておればいい。身の上に危ないことがあったら、仏様は心配さ

れる。悪いことを考えると、恐い顔しておられる。仏様は、木や石であるけれども、そう

して、常に説法をしておられる。それで仏様を、拝まなければならない。人間はなおさら

で、自分の座に正しく坐ってさえおれば、貧乏は貧乏でいいし、金持ちは金持ちでいい。

顔を見て、安心な、落ち着いた表情をしておればいい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 わたしこそ、だわ。自分の座に正しく座らないとナ。

 これを、読みながら、しみじみ。自分を考えるのです。大事なことですね。


短歌


 振り返る暇なく過ぎし若き日を老いて思いつ今静かなる


俳句


 暑すぎてなにもする気が起きず午後


川柳


 いいたきを言わずに生きてそれがいいな



スポンサーサイト

Comment

こんにちは。

楽しく、有意義に一泊旅行を過ごされたようですね。
楽しいことは、終わるとむなしさを感じますが、また次の楽しみが出来たと思いましょう。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2017.08/10 06:40分
  • [Edit]

ありがとうございます。

 S-masaさま
 楽しくて、3人の友人に甘えました。
 そして、なんだか、少々、自己嫌悪にもなり~~あまえすぎたかなぁ~~?反省しきり~~

 昨夜、またパソコンの調子が悪くってね。
 あきらめて寝たんですよ。ふふふ。

 笑える私「パソコン様~どうぞ、ご機嫌を治してください~~なおってください」
 朝、手を合わせていました。ふふふ。

 こういうう事をする人の気持ちって信じられないでしょう。
 それが、グランマなんです。おばかだけど、不思議と通じるんです。

「エッ」だめかぁ~~あきらめ気持ちでいたらね。不思議・・・・。


 笑えますでしょう。
 でも、嬉しいことに必ずかなうのです。それが、なんとかなるのです。不思議。

 はじめのうち、ああ だめそうみたいだったんです。悩んで工夫しつつ~~。

 不思議なことに、それから~~今朝は~~インストールとなり~~治ったんです。やったー!
(昨夜大好きな中国ドラマを、Netflixで見てたら、拡大画面まずだめになりあと、パソコン本体~~ああ)

 嬉しくなっちゃいました。

 そして、あなた様のコメント。返信できます。うれしい。ありがとうございました。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2017.08/10 07:41分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽