おばあちゃんのひとりごと

Entries

その生きるを楽しみつつ、その長寿でいるために

  「古人の跡を求めず、古人の求めたるを求めよ」  南山大師



          ゲーテの「処世のおきて」と題し、
   「気持ちのよい生活を作ろうと思うなら」という前置きをつけて遺した言葉。
           (彼は82歳という長寿でした)

              済んだことをくよくよせぬこと
              滅多なことに腹を立てぬこと
              いつも現在を楽しむ事
              とりわけ人を憎まぬこと
              未来を神にまかせること

        と遺されているようです。あーあ、その通りね。
       古今東西、人生の達人の言葉は、ある意味で当然であり、また
       「そうか」と言って、分かっているようで一番出来てないこと
       かなあー。ついつい後悔多くて?腹は立たないが、老いたから
       であり、情けなくも、長寿を保つのには最高の教えかもですね。
       神に未来を任せるのではなく、ただ、感謝よね。アッハ ハハ
       ゲーテに最後の一行は替えたがいいと偉そうにいいたくなるよ
       ね。
        現在に感謝し、やはり、未来を、やはり任せるになるわあー
        ☆さすがーゲーテだわー!☆馬鹿なおばあちゃんの言う事よね。
       さあ散歩に出かけようかなあー公園の野良猫に会おうかなあー
        楽しみを見つけてこよう。いいこといっぱいね。

       冬の日や引込んでいず公園に散歩に出るも老いには勇気よ

      

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽