FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

財界・政界・官界、あらゆる分野に以前はそういう重石となる存在がいたが~~~。

  生きる正しい方法を知って生きたら/人生ぐらい愉快な/人生

  ぐらい恵まれた/人生ぐらいありがたいものはないんです。

                       中村天風



 そうですよね。自分が不幸だとか、運が悪いだとか~~を、ちょっと

逆から見る人になったらね。すべてが変わるのではないでしょうか。


 今日は、「昭和の日」何の休日かも忘れていました。明日は満月です。

 昨夜も美しいお月さまでした。ついつい手を合わせ祈る私、街では、

星がひとつ見えますがちっとも覚えられません。なに星かしら?。


 さあ昨日はまるで夏のようでした。”みょうおんさんのお祭り” でし

てそのにぎやかなこと(毎月28日)。野菜やらを買いにゆき、蕪やら、

ほうれん草を買いました。早速、蕪は塩漬けにしました。大好きでね。

 そうそう、昨夜お茶の先生をしている友人から、しゃがれた声で掛

かってきたので心配になりましたが~~

「元気でいる。どうしてる。私、声が嗄れて出ない。なんでかしら」

「まあ大丈夫。風邪じゃあないの?何かしら?花粉症?なにかな?」

「五月連休予定ないの?あなたは元気そうな声でいいわ。安心した」

 と、風邪を引いているわけでもないのに声が出ないとか?藤の花が

咲いて、お茶会を5月3・4・5日とやるからなかなか忙しいわ。と、

張り切っている。元気がありがたい。気にかけてくれる気持ちが嬉し

い「5月に入るとデパートで伝統工芸店が始まるから毎日来てね」と。


 幼馴染のマドンナちゃん。いつも手紙は出していますが、なんだか

気になり電話をしたら、元気がなくて真っ暗な声。寂しくなるのです。

「今は休眠中~~駄目だわ。元気でないから~~また元気なったらね」

「なにが一番私がしたらあなたが喜こぶの?なにがいいかなあ~~~」

「あのね。”アッハ。アッハ” と書いた手紙がいいわ~~」

 というので手紙を書きときどき出している。早く治るよう願いと祈り。


 

 ☆ ひとことの温さ ☆

         フェアリーグランマ


   げんきでいる

   なにしてるの

   だいじょうぶ

   そのひとこと


   ただそれだけでいい

   そのひとことで

   げんきがでるもの

   ひとことの温さ


   ありがたくなるのです

   そうしてそうして 

   そのひとことを

   わたしもしないとね


   ついつい甘えてるなわたし


------------------------------------------------------------------------

 小さな人生論

             藤尾秀昭 著


 魅力


 「そこにあの人がいる。ここにその人が存在する。それだけで人が

自ずと寄り、ことが収束される。むかしはそういう人が必ずいたもの

だが、最近は見なくなった」

 ある財界通が言った。誰をイメージしての言かは知らないがそのつ

ぶやきに触発されて思い浮かんだいくつかのことがある。


 西南の役の折、豊前中津藩からも有志が中津隊を結成して西郷隆盛

の軍に参加した。だが戦い利あらず、敗北が決定的になる。隊長の増

田宋太郎は隊士に、「われわれ中津藩の役目は終った。自分は残るが、

みんなは故郷へ帰れ」と言う。なぜ隊長だけ残るのか、と反問する隊

士に、増田はこう答えた。


「吾、此処に来たり、始めて親しく西郷先生に接することを得たり。

 一日先生に接すれば一日の愛生ず。

 三日先生に接すれば三日の愛生ず。

 親愛日に加わり、去るべくもあらず。

 今は、善も悪も死生を共にせんのみ」

 かくて増田は西郷と共に城山に果てた。


 これも明治初期の話。

 山岡徹舟が清水の侠客次郎長親分に、「お前にはたくさんの子分が

いるが、お前のために死ぬ子分は何人いるか」と聞いた。

「私のために死ぬ子分など一人もいません。だが、子分のためなら私

は死ねます」

 これが次郎長の答えであった。


 その人がいるだけで難事が収まり、大事が解決する。財界に限らな

い。政界官界、あらゆる分野に以前はそういう重石となる存在がいた

が、確かに最近は希薄の感を否めない。


 重石を重石たらしめていた根本は、結局、人間としての魅力に行き

着くのではないか、ここに挙げた二つの挿話が人間的魅力を異なる角

度から照射し、そのことを示している。

 ------省略ーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この二つの話は好きですね。確かにね。



短歌


 にぎやかなおまつりにゆく夏日差し多くの人が楽しんでおられ


俳句


 柏餅や店先に並ぶ柏餅」


川柳


 世界から日々のニュースや世界知る





スポンサーサイト

Comment

NoTitle

こんばんわ~♪
お誕生日に、嬉しいコメントありがとうございましたm(_ _)m

フェアリーグランマさんのところでは、「みょうおんさんのお祭り」がある日なのですね。
私が子供の頃、田舎では、「お不動さまの日」と言い、一年に一度、お寺で甘茶が振る舞われ、子供も大人もお参りしました。
母から、お不動さまの日に生まれたのは、縁起が良いのだと言われて、
良い日に生まれたんだなあ~と、小さな頃から、その言葉が、頭の片隅にありました。
母の言葉は、プラスになったと思っています。
  • posted by まめまま
  • URL
  • 2018.04/29 20:35分
  • [Edit]

お母様の言葉。いいですね。とてもいいね。

 まめまま さま

 こんばんは、とても嬉しいですね。
 いつもありがとうございます。

 「お不動さまの日」なんですね。

 28日は、縁起がいいと思うわ。
 お母さまの ”そのひとこと” とてもいいですよね。

 「縁起が良い」 って、なんていいのでしょう。嬉しくなりますものね。

 また、小さいころに、いつも、言ってて下さると、とてもいいことだわ。
 ”嬉しいし、いいわぁ~~”
 
 おかあさまのあなたを思うお心が伝わってきます。
 
 子育てって、祈りであり願いであり、親って、ありがたい。ですね。

 ありがとうね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.04/29 21:29分
  • [Edit]

NoTitle

電話で話したり、手紙を書いたりとても素敵ですね。
最近はスマートフォンでのやり取りでそういったことから、すっかりご無沙汰です。
声を聴きたいこともあるのですけどね・・・
  • posted by ほっこり
  • URL
  • 2018.04/30 05:56分
  • [Edit]

手紙は私が一方的に書いてる友が多いのよ。”脳の体操” で好きでやってる。

 ほっこり さま
 おはようございます。
 いつもありがとうね。

 手紙は私が自分のために、書いているかしら~~?

 ときどきは、わが子や嫁に、そして、友人には、好きなことを、絵を描いたりして、ね。
 楽しめるようね。
 見たら、元気が出るといいな~~とね。

 どれほど、書いてるかな? 週にね。あの友、この友にね。

 もらったときに、ポストにあるのが嬉しいかな?ッて!ふふふ。いいでしょう。

 その中で、数人が返事をたまにくださるのよ。

 そして、手紙を余りださないとね、心配して元気?ってね。電話が入るのよ。
 楽しいものです。ありがたいよね。

 なんでもが、すべてに、”ありがたい” そう思うのです。

 こうして、コメントも ”ありがたいわぁ” ありがとうね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.04/30 09:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽