おばあちゃんのひとりごと

Entries

親は子を慈しみ、子は親に孝行を尽くし、兄は弟に友愛を尽くし、弟は兄に恭敬をいたす。

 人間として弱いところがなかったら、人生はわからな

 いでしょう。

                     長与善郎


 そうでしょうね。

今日は「こどもの日」です。また童謡を自然に口ずさんでいます私。

 ~~屋根より高いこいのぼり/大きなまごいはおとうさん~~

 はじめて、こいのぼりをあげたことを思い出します。田舎の家で、

ご近所の方が見に見えたなぁ~~遠い日のこと。むかしむかし。 

 さて。

 昨日のことですが、まだ連休の最中です。ご近所は混みますので、

私は、散歩に出ました。バスで繁華街まで行き地下街にある220円

の珈琲をカウンター席で楽しみました。地下街を買い物されたりし

商店街を歩く人が見える席に座り、ボーとしていましたら、お隣り

に座られたおばあちゃんが話しかけてこられました(私より年上?)

「バスが出ちゃったところでね。みんなでランチしてて乗り遅れ~」

「そうなんですか?じゃあ1時間後ですか?」

「なんでわかるのですか?」とビックリされる。

「だいたい、バスは1時間に一本でしょうからね~~」

「そうです。私は夫は亡くなりましたが、家族と住んでいます~~」

「そりゃぁいいですね。にぎやかで~~」

 でも、気を遣うしね。いろいろとありましてね。娘が嫁いでいて、

外孫にもなにかというとお金をあげ、家にも食費を出すから、なかな

か~~一緒に住んでいると、いろんなことがあるしと。なんだか腹が

立ちまして~~と、どうもお嫁さんに対してらしい? けれどもね。

よくわけわからないけれども、真剣に(笑わないで)聞いてあげてた。

(家族の登場人物が多くて、話が良くわからず。聞いて合ずちだけ~)

~~~何でもいいか?~~~よくわからないけど話せば気がすむかも。

 はてしなくひとりごとのように話されるのを聞いていた。そうして、

「時間だからいくね。あなたが笑顔で優しそうだから話しかけたんです」

ですって!すっきりしたようで、いい笑顔で、帰り際に ”ひとこと”

嬉しそうに言われ~~バスで1時間ほどかかるから~と帰っていかれた。


 ーーーーーストレは解消されたようですーーーーーーー


 誰でも、そういうときはあると思うから、ちょっと話すとね。

 いいもんだと思うkらね~~? 


 ☆ 心だけは若いんです ☆

          フエアリーグランマ


    知らぬ間に老い

    知らぬ間に思うように

    動けないし

    脳の働きも悪くなってた

   

    でも心だけは

    若いまま

    見ただけではすっかり

    老いているというのに


    気持ちだけは若い

    それがなんだか

    おかしくてひとり

    またまた笑える


    その心は誰も知らないでしょ

    老いを忘れてるんです

    わかいのです

    おかしいでしょ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  私の書きとめたノートより


  親は子を慈しみ愛し、子は親に孝行を尽くし、兄は弟に

  友愛を尽くし、弟は兄に恭敬をいたす。これは人間が守

  るべき立派な道徳であるが、それが理想の処までなった

  としても、それは人間として当然のことで感謝の心を起

  こさせたり、恩をきせたりすることではない。

                 菜根譚


       恭敬………つつしみ敬うこと。

       友愛………親友(兄弟)の間の愛情


  親は子供に愛されるより尊敬されなければならない。

                 ユダヤ人の教え


 常に一緒に居れば、疎ましく、離れると会いたくなる親子、

 夫婦の関係なり。


 これは、なにかに書かれていました。ふと、考えますとね。

家族というあたたかで、優しくて、一番大事な存在であること

を、つい、日々のなかでは忘れがちになります。

 当たり前の中にある、しあわせに気がつきたいものです。


            ☆


短歌


 なんとかなるなんとかなるは呪文の言葉なんですなんとかなります


俳句


 アンを読み少女戻る初夏の夜や


川柳


 延命はしないがいいな書いとこう



スポンサーサイト

Comment

NoTitle

フェアリーグランマさん~おはようございます♪

当たり前に感謝し、幸せを感じてですね~
当たり前って、当たり前になってしまいがち・・・
気を付けないとです。

毎日毎日、心に響く内容ですが、
その上内容が、いつもグッドタイミングなのです。
なんだか不思議!
羅針盤のようになっています。

少女のような心を持ち合わせたフェアリーグランマさんは、
チャーミングです(*^-^*)
  • posted by まめまま
  • URL
  • 2018.05/05 07:22分
  • [Edit]

朝からなんだか空を飛んだみたい。こいのぼりのように~~

 まめまま さま
 おはようございます。
 ありがとうございます。

 いつまでたっても ”夢見る少女(老女)状態” なんで、バカにされ~~~。ますよね。

 でも、まめままさま ありがとうね。うれしいひとこと。

 心の中にダイヤモンドをいただいた気分だわぁ~~ありがとう。

 元気でました。さあ~がんばって散歩に出ようかんぁ~~。

 ありがとうね。心から嬉しくなっちゃったわ。ありがとうございます。


  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/05 09:54分
  • [Edit]

NoTitle

お嫁さんの事で思い出したことが、ひとつ。
新潟で地震があり、たくさんの方が死傷された。
新潟では大きな地震が二度あり、
どちらの地震だったかは分からないのですが・・

震災の様子をテレビが放映していた、その中のワンシーン。

おばあさんと思われる方が大声で泣いていた、
もう哀れを通り越して泣いていた。

聞けば・・・「嫁が死んだ、日本一の嫁が死んだ」と。

家族は無事で、息子に嫁いできた、お嫁さんが死んだと泣き崩れていた。

こうまでお嫁さんの死を、悲しみ、悔しがる方の姿は見たことが無かった。
家族の為に、精一杯尽くし、その真心がおばあさんに伝わって、
本当に仲の良いい、家族になられたのだと思います。

悲しいことではあるのですが・・
こんなにまで愛されて亡くなったお嫁さんが・・
きっと、天国でおばあさんに手を合わせて、
同じように感謝の気持ちで泣いているのではと思いました・・。

  • posted by 雫
  • URL
  • 2018.05/05 17:02分
  • [Edit]

わかります~。

朝起きて第一歩を踏み出した瞬間から、年取ったな~っていつも思うのですが、時として28才の頃の気持ちになれる自分に気づきます。30才じゃなくて28才っていうのがミソです(^^)/ 若い人から見ると滑稽かもしれませんね。
  • posted by オリ~ブ
  • URL
  • 2018.05/05 17:29分
  • [Edit]

28歳なのね。30歳ではなくてね。

 オリ~ブ さま
 いつもありがとうございます。
 楽しいですね。
 なんだかね。でも、わたしって年はどう思ってるのかなぁ?幾つと思ってたかしら~~?

 ふふふ。考えてしまいましたわ?

 でも、わからないワァ~~悩んじゃぅ?ふふふ。
 ほんとうはね。少女よ。アッハ。アッハ。まさかね?ふふふ。

 楽しいですね。ありがとうございます。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/05 18:27分
  • [Edit]

: 素晴らしいですね。

 雫 さま

 いつも素敵なコメントをありがとうございます。
 
 「嫁が死んだ、日本一の嫁が死んだ」泣き崩れておられた。
 ~~~~
 きっとお嫁さまも、おばあさまも、すばらしいかたでしょうね。
 いいご家族ですね。
 そういうことを、こうして教えてくださいましてありがとうございます。

 わたしも、若い頃にちょうど、そのような実話を読んだことがありましてね。

 それを、もう一度、読みたいな。読んでみたいと、探していたんです。

 不思議と思いませんか?
 それが見つかったのです。最近みつけたのです。

 「心の残るとっておきの話」 ~~~~『萩の曲』~~~~(また一度ブログで書きたいと思っているのですが?)
  <その中で「息子さんの哀しいのはよくわかるけれど、なぜお姑さんがそこまで哀しいのかよくわからい。~~」
  と私のあまりの落ちこみように、友人の一人が~~>
  と書かれていました。

 そうしましたら、また、雫さまのこのコメントで、なんだか、同じような話で、ビックリしました。
 たいへんに驚きました。驚かされました。不思議でした。

 素敵なお嫁さんであり、またおばあちゃんです。ね。ありがとうございました。
 

 そして、いつもありがとうございます。

 
 
 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/05 19:32分
  • [Edit]

こんにちは。

今日は”鯉のぼり”の日!我が家に鯉が泳いだのは数十年前!
今は物置の隅で虫食い状態かもしれません。
鯉のぼりの上がっているお宅を見ながら、ちょっと羨ましい一日でした。
  • posted by S-masa
  • URL
  • 2018.05/05 20:06分
  • [Edit]

鯉のぼり・・・懐かしい思い出だわ。

 S-masa さま
 こんばんは、うれしいな。ありがとうございます。

 いまは、”鯉のぼり” が、あがっているのも、見たことがありません。
 懐かしいですよね。そうですよね。
 それを感じる人も、話してわかる人もなくて、話題にもならず………です。

 結構、朝夕のあげおろしも、風の強さでからまったりして、大変でしたが~~。
 (なんにもしない、亡夫でしたのでね。なかなか大変でした。つい愚痴だわ、ふふふ)
 
 思い出(鯉のぼり)がいっぱいあるのですが~~こんな話をしてては、笑われますね。
 そんなことを、思い出している。
 
 ☆鯉のぼり空泳ぐ鯉見るおさな子の笑顔思い朝に夕にと☆
 
 おひさしぶりです。嬉しいな!ありがとうございます。


 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/05 21:18分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽