おばあちゃんのひとりごと

Entries

はたから見れば、学歴もない、カネもない、コネもない、見事な「ないこと尽くし」だったが、大きな夢があった。

 私がもっとも読者に伝えたかったのは、人間の可能性は無限

 だということである。

                    蒲島郁夫「運命」


 この方は、「農協職員ー米留学ー豚の精子研究ー政治学」だそうです。

 素晴らしいなーーと思いながら、この本を読み夢を持つことの素晴ら

しさを知ります。ああ涙。私も若い頃に知りたかったな?夢。夢。夢。

いいなぁ~~


 さあ、いよいよゴールデンウイークも今日までですね。

 早い、五月に入って、はや六日。お休みも今日までかな。


 昨日はこどもの日の子供らのニュースが楽しくて、一人大笑い。

 可愛いですものね。”泥んこ競争”やら”泣き相撲’ですか(笑)。

 そして蒲島氏の言葉を思いながら若い日、夢を心にドーンと、

もっていたらな? もっと違った人生を歩けたかもね。 可愛らしい

この子らも、夢をいっぱいもって叶えれたらいいなぁと思うのです。

私はむなしいなぁ~もう、すんじゃったわ。愚痴はやめよう。


 昨日もバス停で待つ間お話をする。私よりだいぶお若いなぁ~~?

「今は、主人よりえばっています~~ふふふ」

「やることをやってこられて大変でしたでしょ。ご夫婦だからいい」

「ハイそうです。舅姑さまをおみおくりしまたから~今はラクです」

「ご主人様も感謝しておられます。今はラクになさればいいのよね」

 優しいご主人さまのようで、お幸せが感じられそれは魅力的な人

でした。わたしに「どうぞ~~」と、バスに乗るのもね。優しいわ。

 

 夕方、西陽を背にしての私に、いつものご近所の男性と会ったらね。

眩しくて見えないほどの陽射しにニコニコして通り過ぎていかれる…

と、その瞬間、戻るように横歩きしてこられ~~ひとこと。

「あんまりべっぴんさんで、ビックリして~~~見えなかった」

「ふふふ。神々しいでしょ。やっぱり?後光がさしてるでしょ。ふふ」

 と私が言うので、手を振って笑って、去っていかれた。全く、楽しい。

 すごい西陽でね。私が見えないと思った。わかってるわよ。

 ~~聞こえたかしら?わたしよりだいぶお若いからね。私の耳にはね。

 「べっぴんさん」という心地よい言葉しか聞こえない。いい耳でしょ。




  ☆ 自分のことだから ☆

           フェアリーグランマ


    つらくても泣きません

    いろんなことを聞いても  

    すべてを忘れます  

    腹が立っても

    ひとり笑っています

    ないがあつても

    がんばろう


    そして


    仕方ないかとも思うのです

    自分のことだから


    だからだから愚痴は言わず

    ひとり微笑んでいるのです

    じぶんのことだから


-----------------------------------------------------------------------------

運命

 農奴から東大教授までの物語

                  東京大学法学部教授

                   蒲島郁夫 著


 <はじめ>

 夢が、落ちこぼれのわたしを ”後押し” してくれた


 高校時代の私は。いわゆる”落ちこぼれ”だった。

 一学年230人ほどいた普通コースの中で、席次は200番台であったし、

あと3日も欠席してたら出席日数が足りなくて卒業できなかったかもし

れない。

 卒業後は何とか地元の農協職員になれたが、それもすんなりと就職で

きたわけではない。あとで述べるようにひと悶着あった。

 それが、いまは東京大学で政治学を教えている。

 熊本県の片田舎の貧しい家庭で育ち、落ちこぼれが、東大教授になっ

たというとさぞや努力と苦難の人生だっただろうと思われるかもしれな

いが、自分自身では苦労をしたという感覚はない。

 20歳の時に夢に向かって跳んで以来、これまで充実した人生を生きて

こられた幸せを思う。

 はたから見れば、学歴もない、カネもない、コネもない、見事な「な

いこと尽くし」だったが、幸いにも私には大きな夢があった。どんな境

遇の人間にも持つことが許される「夢」、しかも、誰がみたって実現不

可能にしか思えない ”見果てぬ夢” を、私は本気で信じてたのである。

 少年時代に三つの夢があった。牧場主になる夢、政治家になる夢、作

家になる夢。

 そのうちのどれでもいいから叶えてみたいと願い、生きてきた。夢に

向かって一歩踏み出さなかったら、今ごろは故郷でまったく別の人生を

送っていただろう。ところうが、私は早々に日本を飛び出し、アメリカ

の農場で重労働を始めた。まだ二十歳そこそこの若さがあったから、あ

の重労働に耐えられたが、本当に苦しかった。

 精神的にも追い詰められており、あの時期が人生のどん底だったよう

に思う。しかし、人生というのは面白いものだ。その地獄のほんのすぐ

隣に青い鳥がいたのだ。

 これから先は本分に記すことにするが、要は自分の夢に向かって本当

一歩踏み出すかどうかが重要なのだ。

 誰でも夢を見ることはできる。

 ところが、ほとんどの人が、夢を夢のままで終らせてしまう。私は夢

への挑戦が失敗してもかまわないと思う。人生というジグソーパズルに

ムダなピースなど一つもないのである。少なくとも、私には一つもなか

った。大失敗すら生きる糧にできる。東大に招聘されたとき、新聞社は

じめ、マスコミの取材がたくさんやってきた。それらの記事には、おお

むね「農協職員から東大教授への大転身」といった感じのタイトルがつ

けられていた。

 ---省略ーーーー

 本書のような形で、自分自身の人生を洗いざらい公開するのは面映い

ことではあるが、私のユニークな半生を語ることで、「人生とは何か」

について考える糧になれば幸いである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーー要は夢に向かって一歩踏み出すかどうかが重要なのだーーーー

 そうですよね。夢への挑戦ね。「人生とは何か」ね。いいな。

 しかし大事なことはやはり本人なのですよね。本人の人柄・努力。

ひたむきになさっておられる姿が周りの人を魅きつけるのかな?と。

感じ、周りの人らへの感謝とやりぬくという、本人の根性かな?

 いいな。わたしも夢をもたナイトね。



短歌


 過去があり現在(いま)があり未来楽しみいこう老いていくなか


俳句


 心地よい5月の風をうけとめる


川柳


 なんでかななんだかさみし今日はゆく



スポンサーサイト

Comment

食の養生

おはようございます

まさしく「光陰矢のごとし」でございます

GWは全部、じぇんぶ、お仕事でした
(3~5時間程度でしたけど)
製造業の因果といわれればその通りですが・・・

本日も納期遅れの処理に会社へ、とほほ・・・・


忙中閑有りといわれますが
この言葉がすきです

一日の終わりに
焼酎と煙草の煙を揺らめかしパソコンを・・・・・



赤道を往ったり着たりしたことも随分ありましたが
いまでは
外国へ行きたいなどとは思いません
(台湾は除きましゅ)
(だってあそこは『日本』でしゅから・・あはは)


昨晩
お鮨屋さんで『鰤カマ』の塩焼きを戴きました

常連さんからの「お裾分け」でした
このお味に
下町の人情は廃れはしない、との想いが


グランマさんに措かれましては
どうぞ美味しいものを召しあがれ


『美味』とは記憶の心底に在ります、でしゅ
あはは






  • posted by 鰤カマ ・ウナ
  • URL
  • 2018.05/06 05:50分
  • [Edit]

「鰤カマ」の塩焼きですか。いいな。いいな。浮かんできます。

 鰤カマ・ウナ さま
 おはようございます。
 楽しいコメントをありがとうございます。つい笑顔になっていますわ。
 
 お仕事、わあ~~いいなぁ~~必要とされて、頑張る。
 3~5時間とは、もっとも、いいですね。嬉しいお仕事、ほどよいでしょう。
 さすが、ウナさま 製造業はやりがいがありますよ。
 お仕事は楽しいでしょうね。私も、そうやって頑張りたいというに、腕がないのですもの。脳もないからね。
 今日も、がんばってください。わたしも、なにかを~~頑張ろうと思います。

 忙中閑有り

 いいですよね。お仕事の忙しい中にある、幸せな時間ですね。
 
 壷中天有り

 も好きです。
 いいですよね。だっていつもせまい中での日々ですもの、お鮨屋さんでわたしには、もう天だわ。
 アッハ。情けないかな? わが人生。

 美味しいお料理ね。ありがとうございます。
 なんだか、最近はわびしいかな?ふふふ。
 しかし、たくましいんです。
 なんでもを、脂肪にかえてしまうという~~信じられないような~~すごい私のパワー?(笑)
 栄養があろうが、なかろうが、そして美味しかろうが、不味かろうが、すべてをね。情けないですよね。

 なんでもを、美味しく思い、いただくせいかな?なんでもを、楽しくとやってるんです。
 だからかしら?いただいた分がすべて体型に響いてくれます。トホホ。なんですよ。

 まあいいか。誰も見る人もないですものね。ふふふ。

 
 このところ~~なんだか、ひょっとして? これが、思ってしまいましたが?

   > 赤道を往ったり着たりしたことも随分ありましたが<

 まるで、山崎豊子の「沈まない太陽」の世界ですね。


 そうですね。今日は「美味しい」料理を食べようかな。記憶ね。
 楽しい。ありがとうございます。
















  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/06 07:25分
  • [Edit]

NoTitle

さみしい日はパソコンを開けば全国のお友達に出会えるじゃん!
テレビ、最近面白くありません
前はテレビだけがお友達でしたのに
わたしにはお花もあるし、メダカもいるしさみしいって思うと負けよ~!グランマ、今日は休養日でいいのよ?v-254
薔薇そろそろ見頃ですよ~!

テレビはニュースを見ます。

 あおぞら39 さま
 こんばんは、ありがとうございます。
 そうですね。
 テレビは、あまり好きな番組がないので、私もあまり見ないのです。
 読書やらしていますので、結構、楽しいですよ。

 薔薇ね。美しいですよね。
 薔薇の写真のブログさまを訪問させていただいています。
 とても美しいです。公園も薔薇で有名な公園があるので、また見に行ってきます。

 お心を、ありがとうございます。

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.05/06 17:29分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽