おばあちゃんのひとりごと

Entries

幸せには三つあることを知っていますか。

 よいことを自分からすれば、人に好かれる。

 よいことを進んでやれば、人にあてにされる。

 よいことを続ければ、人に頼りにされる。

               鈴木順子


 そうですよね。大事なことであり、そうして過ごしたがいい。

 そういう心がけで生きてきたら、よかったでしょうね。

 今ごろに知るとはだわ。


 わたしの両親は、しっかりした人でしたので、その影で甘えてたわ。

子ども時代は甘やかされ守られ安心して過ごしましたが、嫁ぎまして

我儘な性格でしたし、教えられずに育っていましたので泣きました。


 昔を思い出しますとね。亡き両親は年齢が多く周りから知られ認め

られてたので、あそこの子というだけで~~すぐわかりなんでもが安

心し、誰からも可愛がられました。

 両親は ”年の功” でもあるでしょうが、なにを話しても何でもを、

聞けば教えてくれ知っていて、いつも安心していました。


 でも五歳上の姉は、「お父ちゃんやお母ちゃんが、年をとっていた

から、若いといいなぁ~」と、思ったというのです。私などはのんき

だからか、なんとも思わず自慢に思っていました。だから、面白いも

んですよね。亡き妹も姉と同じようなことを言っていましたが、私は

”年が多いから” 一度もそういうことを思ったことはなかったんです。

 同じ姉妹でもね。考え方が全然ちがうのですもの、思うと楽しい。

 

 母は病気がちでしたので学校には、来ることはありませんでした。

だけど記憶では、中学一年のとき一度だけ、授業参観に来てくれまし

てね。そのときの授業が数学でした。数学は苦手というに………。


 先生が、黒板の前で、「誰か分かる人。答えてください~~」と。

でも、誰も手をあげないのです。なんだか、先生が可哀相になってね。

仕方なく、手を挙げて答えたんです。

 (誰もがわかってると思うやさしい問題なのに……)

 母がとても喜んでね。家に帰って褒めてくれるし、こんなことで母

がこんなに喜ぶんだ?って、ビックリしちゃったんですよ。心に残っ

てる母の笑顔と喜んだという………思い出。

 今もその問題まで、覚えてる私。楽しいでしょう。ふふふ。


        *


 ☆ よいことはよい ☆

       フェアリーグランマ


   よいことはよい

   わるいことはわるい

   そう思う


    約束をしたら

    守るが大事

    そう思う


   よいことはよいと

   わかるひとでありたいし

   約束は守れる約束をしたい

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一隅を照らす

          神渡良平 著


 「してもらう幸せから、してあげる幸せ」

 11月28日、鍵山(秀三郎)は4年1組を訪ねる前の七ヶ月間に、実に

35回の手紙を送っていると書いた。その一つひとつが貴重な教訓に満ち

ており、思わず内堀(担任)はそれを教材として用いて授業をしたとい

う。あるときの手紙にはこんなことが書かれていた。

 幸せには三つあることを知っていますか。


 第一番目はやってもらう幸せです。皆さんが赤ちゃんのとき、お腹が

すけば泣いたし、オムツが濡れれば、泣きました。するとお母さんが飛

んで来て。おっぱいを含ましたり、オムツを替えてくれましたね。みな

さんは幸せでした。これが<やってもらう幸せ>です。


 二番目は自分で出来るようになった幸せです。字が書けるようになっ

た、独利で自転車に乗れるようになった、サッカーがうまくなった、こ

れが<できる幸せ>です。何でも自分でできるようになると、偉くなっ

た気がしてうれしいものです。


 でもその次があるのです。それが、人にしてあげる幸せです。人がし

てほしいことをしてあげれば喜ばれますね。そんな人は頼りにされます。

<してあげる幸せ>は三つの幸せの中でも最高の幸せ。


 さあ、みなさんも、<やってもらう幸せ>から<できる幸せ>へと進

み、そして、<してあげる幸せ>を味わえる人になってください。

 これも、子どもたちは話し合った。<してもらう幸せ>って、低学年

の幸せだ。もう4年生なのだから、<できる幸せ>だけでなく、<して

あげる幸せ>も感じなくちゃ、というわけである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 <してもらう幸せ>

 <できる幸せ>

 <してあげる幸せ>

 こういう話は、はっとしますね。幸せとは、なにかしら?

 


短歌


 幸せは自分のこころがしあわせを感じるものゆえ吾はしあわせ


俳句


 洗濯を干せば夏空心地よい


川柳


 豹変すそう思ってたあのお国



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽