おばあちゃんのひとりごと

Entries

私のために命を捧げてくれたものたちに、心から、「命、いただきます」の感謝の合掌です。

 悲しみも苦しみも、そのさなかはつらいけれど後になって、

 人生における、その意味がわかります。

                 日野原重明



 「思いついたら明日ではなく、いますぐやれ」とちちはいつ

 もいいました。

                 日野原重明



 私もいつも気がつくとすぐやるという性格で、それは、教えられたのか

は、もう、老いて覚えていませんが、なんでもが ”即、実行”ですが、そ

れが好きです。


 さあ今日はなんて爽やかな良い日なんでしょう。一緒には、とても、出

かけられはしないので、ひとりバスで出かけました。土・日曜日は好きな

んです。家族連れが多くおられ見ているだけで幸せ。楽しそうですものね。


 私は、お米を2キロ買い、そして野菜やらいろいろとね。リュックでね。

 そう考え、自分が考えたことができるということは、ありがたくってね。

その気力でがんばることが、元気になる秘訣なんですもの。がんばれるわ。

 疲れて暫く……ごろりして……よく休み、回復。さあがんばろうとまた近

くへ出かけていきました。心は楽しく喜んで自分にファィティンです。今日

から薬局が、毎月15・16・17日、老人には5パーセント安いのですもの。

 がんばらないとね。そうやって工夫して生きるっていいよね。脳が働く

かなと思うのです。



    ☆ さわやかなんです ☆

          フェアリーグランマ


     なんてここちよい

     かぜはさわやかだし

     太陽の光が一杯


     この世の中を

     大自然が素晴らしいわ

     しわせになる


     いきかうひとは

     楽しげに感じられ

     うれしくなるのです


     この瞬間も

     悩み苦しみ辛い人もある

     でもそれもしあわせへの糸口


     糸からいい縁につながり

     しあわせへとかわりゆきます

     そのときそのときをせいいっぱい


-----------------------------------------------------------------------

  悲しみはあした花咲く

                青山俊薫 著


 「命いただきます!」と感謝の合掌を


 昔から日本の家庭はでは、お米一粒、水一滴を大切にすることを、

厳しく躾けて参りました。それがいまは飽食の時代となり、ご飯粒を

いっぱいつけたまま捨てるということに何のためらいもない。まして

悪感などまったくなくなってしまっていることは残念でなりません。

 「人間は生きるために、にわとりも殺さなくちゃぁいけないし、豚

も殺さなければいけない。

 生きるってことは、ずい分迷惑をかけることなんだなあ。

 自分で自分のことを全部できたら、人は一人ぼっちになってしまう。

他人に迷惑をかけるということは、その人とつながりを持つことなん

だ。

 他人の世話をするってことは、その人に愛をもつことなんだ。生き

るってことは、たくさんの生命とつながりをもつことなんだ」

 これはある農地実験所を見学した小学6年生の山崎まどかちゃんの

作文の一節(無着成恭著「ヘソの詩」です)

 今日一日生かさせていただくために、どれだけの命をいただいてい

ることでしょう。

 数えきれないほどのお米の命、味噌や豆腐や納豆の原料となった大豆

の命、豚や牛や魚や野菜たちの命、限りない命の犠牲の上に、私のいま

ひとときの命があらしめられていることを思う時、生きる姿勢を正さず

にはおれなくなります。

 私のために命を捧げてくれたものたちに、心から、

「命、いただきます」

 の感謝の合掌を捧げないではおれなくなります。それがお食事の時の、

「いただきます」

 の言葉の心ではないでしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そうですよね。もっと、心を込めて、

「いただきます」

「ごちそうさま」

 と、感謝しないと、と、自分に言い聞かせるのです。


短歌


 喜んでいただく食事美味しくてなによりの幸ひとり思いて


俳句


 にぎやかな子らの声して梅雨の晴れ間


川柳


 閉店だまた新しい店が開店なり



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽