おばあちゃんのひとりごと

Entries

失敗が人間を駄目にするのではなく、失敗にこだわる心が人間を駄目にする。

 愛と憎しみは、ひとつのこころの裏表。

 あなたが変われば世界が変わる。

                  青山俊薫


 そうですよね。自分が変わることですね。

 今日は、朝いつものようにモーニング珈琲に行ったら。元気のいい

溌剌奥様と二人、そこへいつものおじさんがたがあちらこちらにこら

れた。

 私ら二人のお隣に、中年のご婦人が二人がこられ、話す。話す。

 もううらやましいような ”遺産相続の話だ” 税金対策から、保険の

話やら~~相当なる財産があるらしく、延々とね。お二人ともがね。

 なんだか大きな声で、ね。しあわせな一生のようだ。何が得だ。どう

だ。こうだ。しあわせのいっぱいの感じのお話されていました。

 私はなんにも考えずに過ごしてきたな?それもこれも、やはり、そう

やって、考えないからいけないな………ああ~~わが人生よ。ふふふ。

 溌剌奥様と顔をふやり見合わせながら~~

「いいじゃぁないの。こうして、珈琲がゆっくり飲めて、こうして話せ

て………なによりよ。しあわせよね」

「そうね。なんにもないけれども、こうして珈琲タイムがもてていいね」

「おたがいしあわせよね。こうしてお話ができていいね」


 先ほどは、手紙を出しているお友達が、時にお電話くださるのに、最近

全然なのでこころの中で案じていましたが、3~4ヵ月ぶりに電話が入り………

「ずーと、身体の調子が悪くてね。3日間検査入院したりしていました」

「まあ大変でしたね。大丈夫だったんですか?検査の結果は?」

「検査室の前で気を失ってしまい、検査している間、気を失ってたんです」

「まあ~知らない間に検査がすんじゃったんですか。まあ~楽しい」

「身体の調子が悪くてお墓参りもいけてないのよ」

「やさしいご主人様だから、微笑んでおられるわよ~~」

「そうだね。仏壇の写真はいつも笑っているもの………」

 なんだか老婆二人の会話も楽しいものですよ。ふふふ。

「おたがいに元気でいましょうね」

「げんきでがんばりましょうね」


 いっぱいの失敗の経験をバネにして、大きく成長しないとね。


          *


   ☆ 命日 ☆

         フェアリーグランマ


   夫の命日だ

   もう忘れてしまおうか

   ひとりごと


   ひとり生きてる

   もうみんなみんな忘れようか

   さあひとりお経をあげるのです


   そうしていまを

   しっかりがんばろう

   いつかあうまで


----------------------------------------------------------------------------------

 悲しみはあした咲く

               青山俊薫 著


 人生には勝ち以外の ”ものさし” があります。


 ----省略ーーーー

 素直に負けられる人が勝ち

 

 相田みつをさんの詩に「受身―ー負ける練習―-」というのがあります。


 柔道の基本は受身

 受身とは 投げ飛ばされる練習

 人の前で 叩きつけられる練習

 人の前でころぶ練習

 人の前で負ける練習

 

 柔道の基本は カッコよく勝つことを教えない

 素直にころぶことを教える

 いさぎよく 負けることを教える


 その代わり 

 ころんでもすぐ起き上がる

 それが受身の極意

 極意が身につけば達人だ


 人生という土俵にあって、我々はとかく負け状態になるとダウンして

しまいがちです。そういう人は逆に勝った時、高慢になります。

 高慢になるのと劣等感で落ち込むのとは、同じ心の構造の裏表ですか

ら、勝っておごらない修行、負けて落ち込まない修行の方が、勝ち負け

の技を磨くよりもっと取り組みがいのある人生修行と申せましょう。

 世の中には、絶対に負けられない人がいます。

 いつどんな場合でも、勝ちの態勢、優位でないとイキイキしない人が

います。 

 そういう人が一度負けの状態になると、気の毒なほどに落ち込んでし

まい、なかなか立ち上がれません。人に負けるというよりも、自分が負

けてしまうのです。

 「負けるが勝ち」と言いますけれど、負けることができるというのは

精神的に大人でなければできません。

 後輩であろうと部下であろうと、先輩だ、上司だなどとつまらないツ

ッパリはさらりと捨てて、相手の長を褒め、正を認めることができる。

譲ることができる……。これは心が柔らかで、大きくなければできるこ

とではありません。さらには、負けたという経験、失敗したという経験

を肥料にして、人間として大きく成長することが大切です。


 人生に無駄なことはひとつもない


 昔から「失敗が人間を駄目にするのではなく、失敗にこだわる心が人間

を駄目にする」と言われますね。失敗が、転んだこと自体が人間を駄目に

するのではなく、そのことにいつまでもこだわり続け、心が立ち上がれな

いことの方が問題なのです。

 人生に無駄な経験などというものはひとつもありません。

 ----省略ーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そうですよね。どんな経験も無駄にはならないものです。

 こうして、齢を重ねますとたしかにね。そうおもいます。


短歌


 夏風邪でまだまだ咳と痰の出てひとり笑えてひとり咳き込む


俳句


 友の汗流れるをわれじっと見つむ


川柳


 暑かった今日は涼しい梅雨さ中





 

スポンサーサイト

Comment

忙中閑あり

あはは
おはようございます

一人パソコンに向かうでしょ
そこは静寂の世界、思考は研ぎ澄まされます

ところが
足らないものがひとつございます
『突発的』な笑いです


突発的な笑い?

おいらはこれを百薬の長とおもちょります
(次の拙ブログに貼りましゅ)


ははの生誕の日は詞かと胸に刻んでおりますが
命日はしりません・・・・・?


まだ
そこいら辺で雀や鼠の姿を借りてウロチョロしているような・・・
あはは





  • posted by 烏帽子 ・ウナ
  • URL
  • 2018.06/22 09:23分
  • [Edit]

:暇中閑ばかり~~のグランマだわ……

 鳥帽子・ウナ さま

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 梅雨とは思えないような、今日は、良い日でした。

そうそう、突発的な笑いですか?笑いっていいですよね。

 笑いって、医学的にも”病気にならない” 「素」 みたいですよね。


> おいらはこれを百薬の長とおもちょります

 そのとおりですね。
 私には、まだまだ、その笑いが、それが足りないなぁーそう思うわ。


> 命日はしりません・・・・・?

 おかしいでしょう。
 わかっちゃいましたか?  
 なんだか、私のこころの奥底をよまれちゃいそうですわ。


> そこいら辺で雀や鼠の姿を借りてウロチョロしているような・・・
> あはは
 まあ~?びっくりです。

 いつも、元気がでますわ。明るく楽しくいかないとね。

 やはり、まだまだ、笑いが足りないかな?がんばらナイトね。

 暑かったですね。今日は30度をこしましたね。

 ありがとうございます。暑くて~~ふうふう~~
 ウナさまは、バッチリ、クーラーで、焼酎ですか?
有り難うございました。元気だそうかなぁ~~ありがとうね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.06/22 21:30分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽