おばあちゃんのひとりごと

Entries

あれ以来です。ボクがこんなおせっかいをするようになったのは………。

  悲しみも苦しみも、そのときさなかはつらい

  けれど後になって、人生にあげる、その意味がわかります。

                  日野原重明


 

  悲しみの体験が、人をやさしくする。

                  日野原重明


 

 いろんなことに出会い、そして、そういう経験があるから、ゆえに、人の

辛さや悲しみ、気持ちが伝わってくるものであり、その気持ちが少しは理解

できるのだと思うのです。

 だから、どんな辛い経験も、それは、自分のためなんだなと思うのです。

 今朝は、モーニング珈琲に行きましたら、元気のいい溌剌奥様と、二人で

坐っていたら、おじさんがお隣の席に来られた。話がはずむ。

 詐欺の話となり、私もおじさんも詐欺の電話はかからないよ~~というと、

溌剌の奥様はよくいろんな電話がかかるという。さすがに、頭の回転のいい

方なので~~楽しい楽しい。

「今度、上場する株があり、今なら安く買えていいですよ~~」

「そんなに儲かるなら、お兄さん、自分でもうけたらいいよ~~」

 ですって、まだまだいろいろとあるようでしたが、楽しく、話されるので、

大笑いでした。明るくて、トンチが聞いてて笑えました。頭いいな!


 

    ☆ 愛 ☆

          フェアリーグランマ

   

   愛は

   みえないもの


   愛は

   すべてを包み


   愛は

   すべてを守り


   愛は

   なんともいいな


   愛は

   愛のある人は温い


   愛は

   すべての人の心を包む


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  涙が出るほどいい話……あのときはありがとう

               「小さな親切」運動本部―ー編


 めぐりめぐって

               宮崎県宮崎市

                竹内博子(63歳)


 右手で幼い孫の手をひき、左手に大荷物を抱えて駅へ向かっていたら、

突然の雨、困っていると、誰かが傘をさしかけ荷物を持ってくださった。

「ありがとうございます」と見上げた顔に見覚えがあった。

 彼も「あっ」と声を上げた。

 昨年のこと、駅で財布をなくして困っていた青年に切符をかってあげた、

その彼だったのだ。

「あれ以来です。ボクがこんなおせっかいをするようになったのは………」

 私が小さな親切をしたのにもきっかけがあった。五年前、足首をねんざ

した私は杖にすがってバスに乗り、病院前で降りるとき小銭を料金箱に入れ

そこなった。百円玉が転がって見えなくなった。

 運転士さんは「いいですよ。あとで捜しますから」とおっしゃってくださ

り、乗客のみなさんは座席の下を見てくださり、近くのお二人が私を支えて

降ろしてくださった。そのときのうれしさが忘れられなかったのだ。

 ささやかな思いやりがめぐって、今、青年を通して戻ってきた。心がホカ

ホカと温かくなった。駅に着くころ雨はやんだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 大事なことです。こういうやさしさ、

 そして、忍耐や我慢することができないのだろうか、自分を抑えられない

ように思える犯罪が起きるということに驚かされます。そこで、もう一歩、

深呼吸し考える。それが出来る人であるよう~~思うのです。


短歌


 「わたしはねA型なのよ」という友が私に言うのあなたはO型


俳句


 暑いなぁ汗は出ないけど梅雨明け待つ


川柳


 あまりにも思いもかけない事件ばかり



スポンサーサイト

Comment

NoTitle

こんにちは~~~♪
いつも、ありがとうございます♪

暑くなってきましたね。
梅雨はどこへ行ったのでしょうか。(;^_^

愉しい会話を読ませていただき、心が弾みます。
この奥様でしたら、詐欺も逃げ出しますね!

株の話も詐欺なんですね!!
驚きました。
  • posted by 窓
  • URL
  • 2018.06/29 14:32分
  • [Edit]

愉しいのよ。びっくりしちゃう?


窓 さま
こんにちは!モット面白いのはね。
「貴女の下着をうってください~~」
「エッ! 私のデカパンがほしいの?」
「そんなこともあったの?」

 そうだよ、おかしいでしょう?「そしてどうなったの?」

 切っちゃったよ。気持悪いね。
「そうそう、それから粗大ゴミはないかああね~~」
「そういうのもあるの?」
「あるわよ? もうみんな出しちゃってない」
 といったよ。といわれたら、そのおじさんも、「それはわが家にもあったよ」

~~~~そうよね。いろいろとあるみたいですね。
 我が家には、電話もかからないからありがたいわ。

 「ありがたいことに、我が家のように何にもないから、ちゃんとわかるらしいわ・・・・」ってわたし。

 大笑いしたのよ。そうやって、笑って話せるのはいいわよね。ありがたい。ことです・ご用心ね。

 ありがとうございました。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.06/29 14:55分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽