おばあちゃんのひとりごと

Entries

新聞だって注意して読まないといけない。時にはジャーナリズムが大衆をミスリードすることだってある。

  自分のなかの美しさと長所を知る。

            マザー・テレサ


 そうですよね。自分の長所って知らないかもしれませんし、短所と思

っていることが、結構、本人は知らずにいて、それが長所であったりね。

 そういうことが、案外、ありそうですよね。知るといいですよね。


 モーニングコーヒーでね。久しぶりにTさんに会ったら、

「おまんじゅうを送ってきたから、あげたいから~~持ってくるわ」

「ありがとう。甘いもの食べたかったわ?嬉しいわ。ここにいるから」

「今から帰って、持って来るからね。待っててね」

 と、いわれて、帰って、暫くして、持ってきてくださった。

 珍しい銘菓であったので、三時におやつでいただいたら、おいしかった。

ありがたい。ありがたい。うれしいわ。


         *


  ★ 刺青の若者がゆく ★

          フェアリーグランマ


    街を行くと若者がゆく

    刺青が腕にも足にも

    たまに見かけるのです


    シャツやら短パンから除いてる

    刺青が顔を出している

    昔 人間の私は”ギョッ”とする


    刺青が話しかけてくる気がして

    「これはどう?」

    「かっこいいかなぁ」


    話しかけてくる

    「こわくって!」

    「ごめんね。見れないわ」


    そおっと遠くの空をを見るのです

    そうしてきっとなにかを話しているのね

    だれもそれぞれそれでいいのでしょう



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 娘に贈る12の言葉   (人生で投資で成功するために)

                   ジム・ロジャーズ

                   林 康史 監訳


 新聞だってそのまま信じてはいけない


 君には信じられないかもしれないが、新聞だって注意して読まないといけない。

時にはジャーナリズムが大衆をミスリードすることだってあるからだ。たとえば

「イラクは大量破壊兵器を隠してる」という報道があったが、実際にはどうだっ

たかということは君も知るっているだろう。それ以外にも、若い頃の私は何度も

新聞にしてやられたと思ったことがあった。いまでは新聞の読み方を学んだので

「何が真実か」ということの見当がつけられるようになった。真実を見極めるた

めには、手に入る限りの情報に目を通して、何が真実かを常に自分の頭で考える

癖をつけておかないといけない。あらゆる報道や雑誌の偏見を解読することを学

び、政府や特定の利害関係者によって何が植え付けられているかを見抜くんだ。

 

 ほとんどの人は、ただ他人の言うことを鵜呑みにしている。若し君が成功した

いと心から願うなら、そうであってはいけない。すべてを自分の手で調べなさい。

そしてその目で確認することだ。コロンビア大学で教鞭をとっているときに、学

生たちから「先生は、どうしてそんな細かいことまで知っているんですか?」と、

しょっちゅう聞かれたものだ。私は可能な限りの資料をすべて取り寄せる。テレ

ビで見たこと、新聞で読んだことで疑問があれば、それを調べるために世界中の

どこへでも出かけて行った。同じ話についても、複数の異なる見解を知ることで

本当の話が見えてくることがある。


 二十一世紀になって情報が溢れかえっている時代になったといっても、自分で

接する情報の真偽をすべて確認している人がいかに少ないかということに驚かさ

れる。投資で失敗した人を見ていると、決算報告書にすら目を通さない人もいる。

 「そんなことが成功に結びつくなんて」と軽んじているからだ。

 人生で成功を望むならば、どんな些細なステップもおろそかにしてはいけない

のだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ^---------

 おとうさんが娘さんに、伝えておられますが、いいですね。


・・・人生で成功を望むなら、どんな些細なステップもおろそかにしてはいけない・・・


  はしがき

  愛する娘よ―ー

  人生と投資で成功するために、

  君に伝えておきたいことがある。

 君が大きくなったとき、私の言葉を思い出してほしい。君の父は、

 お金を稼ぐために、労力を惜しまず、多くのことを学んできた結果

 幸運にも37歳という年齢で引退することができた投資家だ。

 その経験の中で得られたものを君に伝えておきたい。

  

^^^^^愛する娘への本ですが! 愛は強しですね^^^^^^^^^^^


短歌


 眠れずに眠り姫になり眠りゆく夢の世界に遊びにゆこう


俳句


 あちらから傘をゆらゆら梅雨の中


川柳


 刺青が腕に足にと若者ゆく



スポンサーサイト

Comment

敗残兵の証し

こんにちは

胸に秘めたる熱きものがあれば
何も鼓舞するものは必要がありません

刺青はその昔『所属』を意味するものでした
『きこり』とか『猟師』が命を落としたときに
親方にその処遇を秘めやかに促すものでした


罪人には手首に幾重かの刺青がありました
これはたとえ『脱獄』をしても
『罪』からは逃れられないという切符(目印)でした

親から(天です)貰いしこの身体
無傷でお返ししては如何でしょうか?

これから本格的な暑さを迎えます
ブログ主様にもはご自愛のほどを・・・・
かしこ






  • posted by 俺等(おら)・ウナ
  • URL
  • 2018.07/13 15:17分
  • [Edit]

Re: 敗残兵の証し・・・・そうなんですね。なんにも、知りませんでした。

 俺等(おら)・ウナ さま

 いつもありがとうございます。

 こんにちは、そういうことが、むかしから、そういう、いろいろなことが、あるんですね。
 いろいろと、ちゃんと、あるのですね。知らないことがありすぎます。わたし。笑えるでしょ。

 わたしは、何も、知らないのです。おっしゃるとおり、そう思うのです。

 夏ですから、いまは、よくよく、すごいのです。よく見かけます。
 なんだか、どきりとしましてね。つい、書いていました。
 それは、それは、驚きますもの?

 大平光代さんという弁護士をなさっている方のことを、本で、読んだことがありますが~~?
 
 そうですよね。大事な身体です。そうです。
 いろいろと、教えていただき、有り難うございます。

 ウナさまも どうぞこの猛暑をね。お元気に毎日をすごしてね。
 わたしも、がんばろう………がんばります。気力だけでも、元気よくいきます。 
 
 ふう~暑いです。ありがとう。いつもありがとうございます。















  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.07/13 17:41分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽