FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

理想の自分と現実の自分、どちらが本当の自分か?

 尊く、正しく、清く、そして強く生きることである。

                   中村天風



 良い言葉ですよね。小学校の時、黒板の上の額に確か

「清く正しく美しく」だったかな。恩師に一度、聞いてみないとね。

 台風がどうなるのかな?

 

 今日は、ちょっと楽しい出来事を………楽しいのですよ。


 バス停でバスを待っていたときのこと。アジア系のパパと3歳くらいの男児、

そして、可愛い女の子(保育園児らしい)の3人がおられた。女の子はなんだ

かちょっと寂しそうでパパに反抗的。男児はパパに抱っこされて眠ったようだ。

あまりにも女の子が寂しそうなので、手招きをしてね。

「おいで!」

「一緒に紙飛行機作ろうか?」

 だまって近寄ってきたので、紙飛行機を作ってあげたのです。表情に笑顔が

できて嬉しくなりました。そして、もう一度手招きをして、バスが来る~間、

ボールペンと厚紙を出して「ここに絵を描いて~~かけるかしらね?~~」と、

言うと、嬉しそうにそばに来て描き出しました。笑顔が増えてきて嬉しくなり

私がね「このボールペンとこの紙は、あなたにあげるからね」いうと「うん」

と、嬉しそうでした。バスが来たので、私は乗りました。

 後から、パパは荷物を持ち、そして寝てしまった男の子を抱いてバスに乗っ

てこられ~~少し離れた席に座られましたが~~見える場所ですので、その、

女の子は絵を描いたのを私に遠くから見せるので、小さい声で「上手ね」言い

拍手しましたら、パパも嬉しそうな笑顔で頭を下げられましたのよ。

 また、その女の子は絵が上手でびっくりしました。

 バスを降りるとき、パパも女の子も笑顔で頭をさげ手を振ってくれるのです。

ずーと女の子はバスの中から手を振って、見えなくなるまで~~可愛いですね。

 あの子はちょっと元気がでたな。パパにも絵を見せたりしてたなぁ~~

 ママは病気かな?いろいろと思いながらの帰る道のわたし。



       *


  ★ あの子が泣いてる ★

       フエアリーグランマ


   あのこが

   さびしそうだから 

   笑顔になってほしいから


   なにがいいだろうな

   なんかとっても

   さびしそうなんだもん


   ほんのちょっと

   あのこを笑顔にしたいな

   はじめは私が笑顔になるの


   笑顔は笑顔をよぶわよ

   さびしそうなおんなのこが

   いきいきし笑顔になってくる


   ああよかったな

   うれしくなった

   ああありがたいんです


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 いろはにほへと          鎌倉円覚寺

                   横田南嶺 管長

                  ある日の法話より


 ◆本当の自分


 理想の自分と現実の自分、どちらが本当の自分か?

 坐禅をして、理想と現実が一枚になる修行をする。 たとえどんな状況

にいようと、今この時を生きるより仕方がない。今ここでやっていること

を自分の目指す理想とするしかない。


 只今、この場所こそがかけがえのない理想の場所、今していることが、

理想のこと。これを、

 ありがたい、

 たのしい。

 うれしい。

 と心を一つに改め格々がその時その場所で精一杯努めることのほかに、

本当の自分はない。 

 だから願いを込めて


 一坐一坐の積み重ね、

 一呼吸一呼吸の積み重ね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 思うのだけれども、いつもそう思うの。「ありがたい」「ありがたい」

 明るく、楽しく、喜んで、そういう気持ですごしたいのです。

 そうおもうと、「おかげさま」となります。

 だってそうすることが、誰もしあわせになると思うからね。ふふふ。

 それがいいと思うな!



短歌


 ちょっとした人との出会い嬉しくて今日も楽しくいい一日に


俳句


 台風に伊勢湾台風思い出す


川柳


 なんでもを幸せに思うそれが幸



スポンサーサイト

Comment

NoTitle

今日は心がとてもかなしかったのです。
読ませていただき すこし気持がうれしくなりました。
ありがとうございます。
  • posted by ゆき
  • URL
  • 2018.07/29 07:43分
  • [Edit]

フェイスブックへの投稿

円覚寺夏季講座に参加した折りに購入した横田管長先生の「仏心のひとしずく」、読了しました。
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-14432-9/
読みながら涙するという体験、久しぶりに味わわせていただきました。現在も第2でしょうか、日曜法話を聞きに行ってみたくなっています。
(以上は私自身がフェイスブックに投稿したものです。今年開催された円覚寺の第83回夏季講座に参加しました)
  • posted by katou
  • URL
  • 2018.07/29 13:39分
  • [Edit]

あなたはすごいわぁ~~

 katou さま
 こんにちは、いつもありがとうございます。
 私は何も知らないのですが、まあ~~ありがとうございます。
 いろいろと、教えていただけます。
 なんだか、とても、いいなぁとね。こうしてね。
 すみません。そして、有り難うございます。
 これが、わたしに読めるかはわかりませんが、一度、やってみますね。
 なんでもに、無知です。
 心から、ありがとうございます。

 今後とも、宜しくお願いいたします。

> >http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-14432-9/

  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.07/29 15:19分
  • [Edit]

こちらこそ訪問くだされありがとうございます。

 ゆき さま
  こんばんは、ありがとうございます。

  
 私には、分からないのですが、コメントで嬉しくなりました。
 少しでも元気になれたらとても素敵なんです。
 どうぞ、明るく楽しくお過ごしくださいね。 
  いつも、そうやって、わたしも。心掛けているのです。
 いろんなことはいっぱいあるけれどもね。
  だけど、それがいっぱいのいい経験になってね。
 そうして、考えていくと。日野原先生のお言葉ですが~~

 ……悲しみも苦しみも、そのさなかはつらい
  けれども後になって、人生における意味がわかります………

 そして「体験」したことは、まちがいなくその人の強みになります。とのこと。

 一歩一歩,ね。前にいけていますよね。
 ありがとうございました。
 わたし、パソコンが得意ではなくて、あなたに訪問させていただくやりかたがわかりませんのでね。
  コメントをありがとうございます。

 嬉しいです。ありがとうね。

 
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.07/29 20:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽