FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

科学では証明できないような奇跡的な力、いわゆる「火事場のクソ力」というやつである

 「幸福とか不幸は神様がコントロールしているわけじゃあないわ。

  人間が選んでいるわけでもない。ひとりひとりが、幸か不幸か

  を勝手にきめているだけ」

                  (「王妃の館」)新田次郎


  人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。

  自分自身の中に、それを左右するカギがある。

                   エマーソン


  自分を幸福だと思う人が、幸福な人なのだ。

                   プリュウス・サイラス


 

 だから、私は幸せと思うことにしていますの。


  ★つまらない我が人生をしあわせと思うことにし老いを生きてる★


 ふふふ。本音が出てしまいますわ。

 今日は、日曜日なので朝は近くのお地蔵様に手を合わせ、そして散歩がてらに

歩いた。帰りはバスで帰り、3停先までバス停を乗り越してね。歩き帰りました。

 いつも、なるべくそうやって歩き、いろいろと5千歩歩くのに工夫しています。

 

 エレベーターで、可愛い赤ちゃんを抱っこした若いママさんと知り合いのご婦

人と一緒になった。そこへ、パパが自転車でこられたのです。でも、乗れないの

で、パパさんだけが後になった。

 エレベーターが動き出したら、抱っこされてる赤ちゃんが泣きだしたのでね。

「どうしたの……?」

 私が声をかけたりしてたので、いけなかったかな?なんて思ったら・・・・・。

「パパが来ないからなんですよ………」

 って言われ、なるほど。可愛いなぁ赤ちゃん~~とね。もうひとりの方が

「パパが聞いたら喜びますね~~~」って!うれしいでしょうね。


      *


 ★ ひとこと ★

        フェアリーグランマ


   ほほえんで

   「おはよう」

   「こんにちは」

   「またね」


   なんでもいいから

   元気に微笑み

   毎日明るく

   楽しく毎日を過ごしたい


  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 僕は人生について

 こんなふうに考えている         浅田次郎 著


 幸福か不幸かは自分が決めることである


 「苦あれば楽あり」とか、「禍福はあざなえる縄のごとし」とかいう無責任

なことわざがあるけれども、人生がそんな甘いものではないことは、四十年も

人間をやれば誰だって思い知らされる。

 不幸はいつだって、まとめてやって来る。よく知らないけれど、幸福も団体

でやって来るらしい。

 だから相次ぐ不幸に見舞われて「もうこれ以上悪くはなるまい」なんて油断

すると、どっこい本番はそのあとだってりする。

 どうやら幸福の天井がないかわりに、不幸にも底はないらしい。

 不幸にもあまりうち重なると命にかかわるが、最近の学説によると、生命の

危ぶまれる寸前には脳の中にアドレナリンとかいうスーパー分泌液が放出され

て、科学では証明できないような奇跡的な力をもたらすそうだ。いわゆる「火

事場のクソ力」というヤツである。

 いまだかって、アドレナリンの恩恵に浴したことがないところをみると、私

もまだまだ苦労が足りないのであろう。

                         (「勝負の極意」)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 たしかに、不思議なことというかあるですよ。

 私は、どん底状態の時に父が母が義祖母がと3年の間に続いて亡くなりましてね。

その時に不思議なことがありました。葬儀のときのこと。

 斎場にもう着くというときに喪服を着て膝の上に、喪服用バッグと手に数珠を持

ち何もしてないのに~~車から降りるからふと膝を見たら数珠が切れていました。

翌年母の葬儀には、妹が母の形見の数珠をくれましたので、同じ状態でしたがその

ままでしたので、数珠が切れたことを忘れていましたが、その翌年嫁ぎ先の義祖母

の葬儀でまた同じ状態になったのです。同じことになり”亡母の形見の数珠”が斎場

につくときに亡父の葬儀と同じ状態でした。不思議ですよね。私は、その時、ハッ

とし、きっと「守ってあげるよ………」伝えてくれたんだなぁ~~信じるのです。


   *


短歌


 秋はきたななんとなく知る夕暮れに亡父母と過ごしたふるさと浮ぶ


俳句


 大家族の昔が浮ぶ秋の日や


川柳

 

 秋場所が始まり横綱頑張って



スポンサーサイト

Comment

グランマさん、こんにちは!いつも、ありがとうございます。

いつもながら、心に刻みたいような言葉がありました。
幸不幸は、自分のこの心中が作り出すもの。

そして、歩くための日々の暮らしの中での工夫。
なるほど!ですね。わたしも、この方法は肖らせていただきます!ありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
  • posted by 窓
  • URL
  • 2018.09/10 17:12分
  • [Edit]

なにかいいことがあったら、うれしいな!

 窓 さま
 こんばんは、今日という日も、あっという間に過ぎました。
 なんて、早いのでしょうね。

 いろいろといつも有り難うございます。
 そうですよね。
 工夫するっていいですよね。

 私なんてなんでも、楽をする工夫はいつもしているんですよ。ふふふ。
 横着者ですから、少しでも、楽をするための工夫がね。

 笑えるでしょう。楽しいのです。よ。

 いつも、ありがとうございます。うれしいな!ありがと!
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.09/10 19:15分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽