FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

音が生命である音楽家でありながら、耳が聞こえない。ベートーベンという人の偉大さがある。

 「不満を持つ間は、人は幸せからはじき返されますのや」

             生方たつゑさまのお母様の言葉



 たしかにね。不満は持たない毎日でありたい。すごしたい。


  ★不平不満愚痴話すそのひとことを

         ありがたいと知るそれがしあわせ★


 今日も一日が終わります。

 一日、雨が良く降っていました。モーニング珈琲に行きましたらね。

 喫茶店に勤務している奥さんが話しかけてこられた。時どきに話すのですが

今朝は暇があったのか?ゆっくりと、話される。

「いつも、素敵な帽子を被っておられ素敵ですね。いくつか持って見え、お洋

服もお洒落しておられていいですねぇ~~~~」

「そうですかね。ありがとう。帽子もね。友人が編んでくださって送ってくだ

さいますし、そして、季節ごとに帽子を送ってくれる友人もあり私は幸せなの」

・・・・ありがたいのです。洋服は外国にいる娘がよく送ってくれ・・・・

 なんだか、みんながよくしてくれて、ありがたいのです。


 今日も、玄関ベルがなり、ご近所さんが「お久しぶりです。これどうぞ~~」

って! ・・・・栗きんとん一個と小さなピザ一枚を持ってきてくださった。

 「ありがとうございます~~いつも、すみません~~」

 なんだか、お茶したいようでしたが私はバタバタと忙しくて「ごめんなさい」

と、お断りをしたんです。散歩しないといけないし・・・・ごめんなさい。とね。

 明日は、老人会?哉~~ランチの会があるので行くしな。私なりに忙しくて。

 

     *


 ★ 今がありがたい ★

      フェアリーグランマ


    今を生きる

    今を生かされている

    そんな今の瞬間

    大事にしたい

 

    もうなんにもできはしないが

    気がつけただけでいい

    それがありがたい

    老いていく日日


    なんでもに「ありがたい」



---------------------------------------------------------------------------

小さな人生論

              藤尾秀昭 著


 節を越える


 誰の人生にも節(ふし)はある。

 小節、中節、大節――人は皆、その人生行路で様ざまな節に出会う。

 それらの節を一つひとつ乗り越えることで、人はさらにたくましさを

加え、成長していく。節を乗り越えられずに道半ばで倒れ、命を全うで

きない人も少なくない。

 天の命之を性という――と中国の古典「中庸」はいう。性は天が命じ

たもの、定めたもの、というのである。

 植物性という性がある。

 動物性という性がある。男性、女性という性もある。

 これらは天の命じたもの、定めたものであって、何者もこれをどうす

ることもできない。

 さらに人には個性という性もある。個性もまた、その人だけに天が命

じたものだが、個性という性がその真性を発揮するには、二つの条件が

必要なのではないか。


 一つは「教え」である。どういう教えに出会うかによって、個性は様

ざまに磨き出される。それが個性のあり方を決定する。

 もう一つは「節」である。

 どういう節に出合い、それをどう乗り越えるか。あるいは乗り越えな

いか。それが個性を発揮できるかできないかの分岐点になる。節は人間

の個性を発揮させるために、欠かせない要因といえる。


 最近、ロマン・ロランの「ベートーヴェンの生涯」を読み返した。

 ベートーべヴェンの聾疾は二十五歳から始まったという。作品第一番

(三つの三重奏)を除いた全作品は聾者になってからのものであること

を改めて知った。

 音が生命である音楽家でありながら、耳が聞こえない。それがどれほ

どの絶望と苦悩をもたらしたか。常人には計り知れない。

 耳が聞こえなくなっていく圧倒的な現実を前に、二十五歳のベートー

ヴェンは自らを鼓舞すべく、手帳にこんな言葉を記している。


「勇気を出せ。たとえ肉体に、いかなる欠点があろうとも、わが魂は、

これに打ち勝たねばならない。二十五歳、そうだ、もう二十五歳になっ

たのだ。今年こそ、男一匹、ほんものになる覚悟をせねばならない」

 聾疾という節にひるむことなく、全情熱。全生命を音楽に捧げ尽くし

たところに、ベートーヴェンという人の偉大さがある。


 もう一つ、松下幸之助氏の言葉を紹介したい。

「困難に直面し、身を切られるような思いに悩みつつ、勇気を鼓舞して

やって来た。崩れそうになる自分を自分で叱りつつ、必死で頑張るうち

に、知恵才覚というものが必ず、浮んできた」


 平坦な人生を歩んでいる人は一人もいない。経営の神様といわれた人

の人生もまた節の連続だったことをうかがい知るのである。

 節を超える要訣もここにある。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 やはり、わたしも、勇気を鼓舞したいわたしです。

 知恵才覚を、持ちたいな!考えてすごさないとね。



短歌


 振り返りどこかで道を間違えてさまよい人生しっかり老いよう


俳句


 秋になり長雨予報そのままに


川柳


 「疲れたよ」ついひとりごと情け無し



  

スポンサーサイト

Comment

NoTitle

初めまして。 熟を と 申します。 (*^_^*)

ひとりごと と この音楽が 
私の 人生の 勉強になっています。


今を  生かされている。

勇気を出して
節を乗り越える!

今夜も  勉強になります。  (^^ゞ



生きていく事は  素敵な出会いの為に。   (*^_^*)
  • posted by 熟を
  • URL
  • 2018.09/10 21:27分
  • [Edit]

出会いって大事なんですよね。ありがとうございます。

 熱を さま
 こんばんは、最近、あまりよく見えなくてすみません。
 間違えていないと思うのですが、なんだか、お齢です。
 間違えてたら、ごめんね。すみません。
 訪問させていただいたことは、覚えています。いつも有り難うございます。感謝です。

 コメントありがとうございます。とても、とても、うれしいです。

 ショパンっていいですよね。
 わたしも、とても大好きです。
 ありがとうございす。
 訪問くださって、とても、とても、うれしい!

 ありがとうございます。感謝。今後ともよろしくおねがいいいたします。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.09/10 22:37分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽