FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

山門から本堂。鳥居から社殿までが参道で、山門や鳥居は俗世から聖域へと切り替わる「結界」です。

 人生には、どうしても必要なことが三つある。それは夢と

 ロマンと、反省だ。人間はこの三つを持っていないとうま

 くいかない。

                    山村雄一


  振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。

                    寺山修司



 なんだか、振りかえるとね。ホント、情けない私。夢もロマンももてずに、

反省ばかりは、今も昔もありすぎてる。トホホな気分。振り向くな。ね。


★いつの間にすっかり老いて気がつけばつまらないかもわが人生は★


 今日も一日が終わります。なんだか、この天気には疲れが出ます。

 いつものように、歩きました。夕方バスでのこと、あれ?

「まあ会えたね~~なんという不思議?うれしいね」

「ホントじゃん。不思議よね。会えるなんてね」

 ときどき、自然に会う(ボーリングをいつも楽しんでいる彼女)のですが。その

女性はお花をいっぱい抱えてバスに乗って見えた。こういう偶然がいいよね。おた

がいに、こういう不思議さが好きなのです。バスは10分おきというのに、この偶然。

二人ともが出会えてうれしくて、お茶して行こうか。と、しばらく喫茶店で話す。


 先ほどは姪っ子(亡き妹の長女)から、メールがきました。この間、久しぶりに

手紙を出したので………この夫婦は、仙台に住んでいますので~~。

 「おばさん、手紙ありがとう~~省略~~」

 「元気で過ごしてね~~おばさんも元気だからね~~」

 「おばさんから、いつも、あったかい真心をもらってるよ。一番うれしいよ~~」

 なんて可愛い姪なのでしょう。ついうれしくなっちゃってるわ。ふふふ。

 

      *


  ★ 自分のことだから ★

         フェアリーグランマ


   なんだって

   どんなことでも

   自分のことなんだもん


   だから自分で考えて

   なんだって自分で頑張らないと

   なんでもは自分のこと


   先ず知ることだよね



--------------------------------------------------------------------------------------

 怒らない禅の作法

              桝野俊明 著


 駅の改札口を出たら、考えるのをやめる


 お寺や神社には、なぜ長い参道があるのか知っていますか?

 山門(お寺の門)から本堂。鳥居から社殿までが参道で、山門や鳥居は俗世から

聖域へと切り替わる「結界」です。

 結界を過ぎたらきっぱり人の気持ちも切り換わればいいのですが、実際はそうい

うものではありません。そこで、一定の距離を歩くことで徐々に気持を静め、穏や

かな気持ちで神仏の前に立てるように、参拝者の気持ちを「俗」から「聖」へと切

り換える役割を参道が果しているのです。

 距離と時間をうまく生かして心を自然に整える。先人の素晴らしい知恵に感服さ

せられます。この知恵を、毎日の生活に生かしてみましょう。

 自分で結界と参道を作って、仕事や人間関係に翻弄される「俗(仕事)モード」

から、心を静かに自分を見つめる「聖(リラックス)モード」へと切り換えるので

す。

 実際に鳥居や参道をこしらえろということではありません。頭の中で、「ここが

結界」「ここからは参道」と決めるだけで十分です。仏教では、結界の中の聖なる

場所を「淨域」と言います。結界を過ぎて淨域へ入ったら、そこにふさわしい自分

になりましょう。

 勤めているなら、最寄の駅やバス停。自動車通勤なら職場の駐車場を、結界にす

るといいでしょう。結界を過ぎたら、仕事のことはスッパリ忘れる。

 そういうルールを決めてください。

 参道にあたる帰路を歩き始めたら、こんな約束ごとを決めておくのはどうでしょ

うか。

 男性であれば、角をひとつ曲がるごとにネクタイを緩めたり、ジャケットのボタ

ンを外したりするのです。女性は、アクセサリーを外ずしたり、スカーフを取った

りすると気分の切り換えになるかもしれません。

 重い鎧をひとつずつ脱ぎ捨てていくように、参道を歩きながら昼間の緊張やスト

レスを少しずつ落としていきましょう。

 そうやって、玄関の扉を開けるまでには「本来の自分」に戻っておく。

 このルールで、これまでよりずっと楽に心の切り換えができるようになるでしょ

う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 これは、前にも書いたと思うけれども~~ね。


短歌


 秋なんだ朝外に出たら涼しくて「もう秋ですね」出会えば挨拶


俳句


 寂しいな秋になったよもう暗い


川柳


 なおみさんひとことひとこと笑みもらう




 

スポンサーサイト

Comment

秋愉し

昨晩のうちにコメントをしようと思いましたが
いつのまにやら寝入ってしまいましいました
秋の夜長はなんとも愉しい・・・・あはは

昨日のあさのことでした
鳥居の前で下駄を脱いだのです
大地はとても冷えて居りました

あはは
これから『ずけどん』をいただきましゅ
秋は何をたべても美味しい


あしたは大根を一杯卸し
秋刀魚を焼こうかな・・・・あはは


  • posted by ハシビロコウ・うな
  • URL
  • 2018.09/14 16:03分
  • [Edit]

秋は夜長で慣れるまでさみしいわぁ~~

 はしびろこう・ウナ さま

 こんばんは、いいですよね。
 気持ちよく眠れるのは、最高ですね。


> 秋の夜長はなんとも愉しい・・・・あはは

 そうですよね。心の持ち方ですものね。
 秋を楽しく思うことでした。わ。

 いつも、”考え方次第” 自分が愉しくいかないとね。



  > 鳥居の前で下駄を脱いだのです
  > 大地はとても冷えて居りました


  そうなんですね。もう、大地は、冬なのかもですね?


  そうそう、そんなご馳走ならば、最高!なんですもの。

  愛する妻のおかげですね。ありがたいことです。


   <あしたは大根を一杯卸し>
    <秋刀魚を焼こうかな・・・・あはは>

   おいしそうだワァ~~

   私は、ひとりですのでね。
   面白いんですよ。

   そうやって美味しそうなお料理はね。
   わたしも、 ”今夜は、メニューが同じですわぁ~~” って、
   楽しんで、いただいたつもりになっています。
   「私は、お酒もいただきました」って・・・・ふふふ。

   
    明日は秋刀魚ね。
    そうだ!わたしもそうしようかなぁ~~


    ありがとうございました。愉しいワァ~~。秋の夜長もいいわよね。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.09/14 19:14分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽