おばあちゃんのひとりごと

Entries

「退」に考える。

 昨夜は嬉しいことがあってね。優しい兄嫁が「おいしいという評判のお餅を送るね」
と電話が入ったのよ。
 やったー嬉しい!

 息子からメールがあって「お正月、一緒にご飯食べよう。弟夫婦も一緒に~」
 やったー嬉しい!

 さああーーー5000万知事どうなっていくのでしょう。


 最高の位、最高の禄、これを受くれば、久しく止まるべきではない。

                         伊庭貞剛
「出処進退}
 特に「退」が重視される。「退」には、ごまかしのない人間がそのままでるからである。
 「責任者は出処退に特に厳しさを要する。というよりも、出処進退に特に厳しさを存する
ほどの人が責任者になるべきだ」

 「退」に出来、不出来がハッキリ出るのは、二つの作業をやらねばならぬからだ。
 
 第一は「良き後継者を選ぶ」作業である。

 第二は「仕事に対する執着を断ち切る」作業である。


 ☆☆☆
   坂本勝さん(故人)が兵庫県知事を辞するときの台詞は、
             ☆
                未だに語り草となっている。☆☆☆
  

 「すべての仕事というものは、はじめなく、終わりなきものだ。
  種をまくもの、咲きでる花を賞でるもの、結実を祝うもの、みなそれぞれ
  の巡り合わせというものだ。

  自分の播いた種が稔るのをみたいのは人情だけれども、それは小乗論である、
  中国の詩人、謝眺の歌うらく……{小乗とは……消極的・形式的で卑近な仏教の教え}
     
     大江 日夜流ル
     客心 悲シミ未ダ尽キズ
  歴史の大江に、かげろうの身を浮かべる人の身の限界を知るべし」
                               伊藤肇著より

    「進むときは人まかせ、退くときは自ら決せよ」(河合継之介)


  さあ、楽しい心で、明るく颯爽と、老いてなを溌剌と、生き生きと周りを
  気にせずに自分の生活を頑張っていこう。




   
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽