FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

最初は「嫌だな」と思ってたぐらい、念をつないで「こん畜生め」になり、最後は「殺してやる」・・・・・

 いかにささやかなことでもよい。とにかく人間は他人のために

 尽くすことによって、はじめて自他共に幸せとなる。これだけ

 は確かです。

                    森信三


 いいですね。私はボランティアもできない・空き缶やペットボトルが落ちて

いたら拾うことぐらいだわ。


 さあ今日は、土曜日の朝、頑張って歩こうかなと思い、少し早く出かけて、

少し歩いた後に220円コーヒーでゆっくりしようと座ったらね。白人の外人さ

ん親子が四人帰られるところうだったので、綺麗な花柄の便箋を持っていまし

たので、紙飛行機を作り(折り)その幼稚園くらいの女児と3歳くらいの男児

にひとつづつ、作ってあげたら~~さすがですよね。外人さんのパパは~~

「ここで飛ばして~~」というように、子供さんに上手に飛ばせさせたんです。

上手く飛んで~~私がほっとしましたが~~ふふふ。いいご家族だわ。

 余分にその便箋を差し上げちゃいました。可愛いお子様の笑顔が嬉しいもの。

「バイバイ」って~~旅行できておられるのかな?


     *

 

 ☆ おつきさま ☆

        フェアリーグランマ


  まだとても幼い頃

  満月がとても

  美しいある夜のことなんだけど


  お父ちゃんとおかあちゃんと妹の

  四人でなぜか田舎の道を歩いてた

  四人の影がはっきりとうつり


  妹と二人で

  影ふみをして走って

  歩いてとまって


  田んぼの中にある道

  走るとお月様も走る

  ゆっくりだとお月様までゆっくり


  そんなお月様なんだと

  初めて知った夜でした

  なんだかとても嬉しかったな


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いろはにほへと    ある日の法話より

               鎌倉 円覚寺

                横田南嶺 管長


 念に気ずく

 

 もう手のつけられないような山火事も、その最初はマッチかタバコくらい

わずかな火であったはずです。

 わずかな火のうちであれば足で簡単に消すことができます。そのわずかな

火が気がつかぬうちに木から木へと燃え移り、最後は山全体が火の海となっ

てしまって、こうなるともう手のほどこしようがない。


 「迷い」も似ています。最初は、ほんのささいな一念です。それを考えに

考えて、どんどんと念をつなげて、迷いを自分で大きくしていく。そして気

づいた時には自分ではもうどうしようもない状況になってしまっている。


 最初は「嫌だな」と思っていたぐらい、念をつないで「こん畜生め」にな

り、最後は「殺してやる」となってしまうと、もう取り返しがつきません。


 最初の一念なら、それはささいなものなので、簡単に消すことができるの

です。その一念が出た時に消すことができれば、人間はそんなに迷わなくて

すむのです。


 迷いとは念をつないでいくことです。念の起ることはやむを得ないことで

すが、その念を持続させない。断ち切ることが大切です。それには自分の呼

吸に意識を集中していると念が起る様子がわかります。念が起った時点で気

づくことです。「ああ、念がわいてきた。自分は迷っていた」と気づいた時

点で念や迷いは消滅するのです。夢もこれが夢であると気づいた時に夢が終

るようなものです。


 迷っているということは、迷っていることに気づいていない状態をいうの

です。「ブッダ」とは「気づいた人」という意味であり、「覚」とは「気が

つく」ということです。


 「自分はなんとつまらない妄想を繰り返していた」と気づけば、それがそ

のまま本来の自己に立ち返ることです。


 そう気づかせるために、呼吸を一つ二つ……と数えていく。そして、「た

だの自分」に立ち返るのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  いいことをいつも思っていたいなぁ~~

 「自分はなんとつまらない妄想を繰り返していた」ね。ありますよね。


 念とは「瞬時も忘れることなく」という意味で、終始念じていると不思議な

力が生じてくるといいます。自分は意識していなくても、実は念力が働くと、

安岡正篤師入っておられますが、私もそう思うワァ~~。



短歌


 今日は過ぎ明日はもう未来昨日は過去一瞬のまだわが人生も


俳句


 台風の雨らしい蒸し蒸しするな


川柳


 偶然は必然なんだよハッとする




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽